「やさしい易」発売・六十四卦早見表

(この記事は必ずトップに来ます。最新のログはこの下にあります。)

六十四卦早見表 (ブログ内の各卦の記事へのリンクがあります)

» 続きを読む

2017年7月 2日 (日)

機織りと漢字(3)…哉・載・歳

言葉の記録は政治勢力の入れ替わりによって、短時間で変更されてしまうことは珍しくありません。しかし技術はそう簡単には消えてなくなりません。たとえ後から来た集団よって、その土地に住む人々の言語すら変わった時も、建築物の寸法や、糸の撚り方や布の織り方は変わりません。
 
「ものと人間の文化史169-織物」(植村和代、法政大学出版局)によると、日本の織物にはインドとの共通点が見られるそうです。植村氏はインド渡来の技術を想定していますが、私は、長江流域から東に向かったものは日本に残り、西に向かったものはインドに残ったのではないかと思います。
 
 

» 続きを読む

2017年6月28日 (水)

機織りと漢字(2)…成・戒・國

機織りが起源と考えられる漢字として「成」「戒」「或・國」があります。

» 続きを読む

2017年6月26日 (月)

機織りと漢字(1)…幾・機

産業革命が始まるまで、全ての布は手作業で織られていました。機織り(はたおり)は見慣れた光景でした。
 
しかし機織りは一番最初に機械化された分野でもあります。英国で機織りが自動化されてからすでに200年、日本でもすべての布が自動織機で織られるようになってから100年以上経過しています。現代人は機織りを見たことがない人がほとんどです。そのため、歴史を研究する人の頭の中から、機織りという要素が抜け落ちているのでは?と私は感じています。
 
中国は古代から高い品質の絹織物を生産することで有名でした。機織りをある程度機械化した織機も、すでに漢の時代にはあったことが文献からも判明しています。インターネットで検索したところ、後漢時代の江蘇省の石碑には、織機の画像が彫られているそうです。
 
機織りを表す漢字、すなわち「幾」の起源は漢和辞典にはどのように記されているのでしょうか?
 
 

» 続きを読む

2017年6月25日 (日)

機織りと七夕

夏の天頂には天の川を挟んで、3つの美しい一等星が輝いています。特徴的ですぐに見つけられるため、夏の大三角と呼ばれています。琴座のベガ(織姫星・織女星)、鷲座のアルタイル(彦星・牽牛星)、白鳥座のデネブです。
 
夏(旧暦だと初秋)に祝われる七夕祭では琴座のベガと鷲座のアルタイルにまつわる神話が東アジア各地で語られています。内容は日本、中国南部で共通であり、かなり古い起源をもつ神話であると考えられます。
 
機織り(はたおり)の祭である七夕が、なぜ夏の大三角と結びついたのでしょうか?

» 続きを読む

2017年6月24日 (土)

機織りと恋

七夕が近いので、機織り(はたおり)特集です。東洋で最も有名な星空神話の解明をしてみます。
 
天の岩屋戸神話には、七夕神話が挿入されています。速須佐之男命の暴虐によって、天照大御神の侍女?が絶命する部分です。
 

(3) 身の潔白が証明された速須佐之男命は、さらに暴虐のふるまいをした

(4) これに驚いた天の服織女(はとりめ)が絶命した

これには、機織りをする女が登場します。天の岩屋戸に入る前の天照大御神は速須佐之男命の前に無力です。これはおそらく、機織りの女神の神格が天照大御神に付与されたからと考えられます。天照大御神の神格に、なぜ機織りの神が混じっているのかは、非常に難しい問題なのですが、とりあえずこのシリーズでは機織りの祭である七夕が、なぜ夏の夜空と結びつけられたのかを解明してみましょう。

» 続きを読む

«天の安河の誓約と馭者座

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ