「やさしい易」発売・八卦表

(この記事は必ずトップに来ます。最新のログはこの下にあります。)

八卦一覧表を復活(古いデータです。数日中に完成させます)

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月23日 (木)

ジャータカ(九)…ケチな豪商

並外れた吝嗇を戒める話。珍しくモッガラーナが主人公です。モッガラーナはサーリプッタと並ぶ釈迦の二大弟子と言われながらほとんど逸話がありません。この話はジャータカの中にほかに類型がなくて異色です。真面目なジャータカの解説書には決して出てきそうにない説話ですので紹介します。
 
 

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月18日 (土)

アンギラス

円谷映画に出てくるアンギラスは、もともと仏教に出てくる神様の名前です。とても由緒正しい神様で、お釈迦さまは自分をアンギラスの末裔と自称していました。
 
 

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月12日 (日)

ジャータカ(八)…社会貢献

仏教には社会貢献を重視する潮流もあります。日本の高僧には地方の開発に尽力した人たちが数多くいます。行基菩薩がその筆頭で、道を清め、橋を架け、用水を開いて人々の暮らしを豊かにしました。大仏建立には、流民に生活の糧を与える面がありました。弘法大師による満濃池修築、綜芸種智院(庶民の学校)建設も有名です。
 
仏の教えによる社会貢献は大乗仏教の専売特許ではありません。ミャンマーではサンガが地域開発と相互扶助の拠点となっています。おそらくタイやスリランカでもそういう仕組みはあるでしょう。
 
これから紹介する説話は、社会貢献を重視する観点から説かれています。
 
 

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

ジャータカ(七)…ラーフラの修行の真相

「聖おにいさん」という漫画があります。お釈迦さまとキリストがバカンスで日本の立川市に滞在して、普通の青年として生活したらというギャグマンガです。作者は仏教とキリスト教のことをとてもよく調べていて、私も好きな作品です。
 
その中で、お釈迦さまの息子ラーフラが便所を寝床にする修行をしていた話が出てきます。この話の元ネタはジャータカの第16話「三様の姿態をとる鹿前生物語」です。ジャータカには仏教教団の戒律の起源が多数記録されていて、これもその一つです。便所で寝るという修業は、果たして好意的な意味を持っていたのでしょうか。
 
後世には立派な修行とされていたことが、起源まで遡ると実はそうでもなかった、現代人が考えて変なことは、やはりお釈迦様の時代でも変なことであったということが分かるお話です。
 
 

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

ジャータカ(六)…楽しく住む者

初期仏教教団にいた釈迦族出身者についての材料が出てくる説話です。
 
 

» 続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

«ジャータカ(五)…物覚えが悪い修行僧