2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

2019年11月 1日 (金)

華厳経(十六) 徳生童子と有徳童女そして旅の終わり

46人目から先は解脱者です。

 

余り説明がないために、どういう人かわからないので飛ばします。

 

51人目と52人目の徳生童子と有徳童女を最後に取り上げます。

 

この二人は同時に現れます。

 

徳生童子と有徳童女は、すべての物質・国土(時空のこと)・心・菩薩(知性体)は幻であると言います。この世は宇宙コンピュータ上のデータであると言いたいのでしょうか?とすると、宇宙データベースである天主光童女は宇宙そのもの?

 

「この世の全ては幻なんだって」

「物質も、空間も、時間も、実体はないのさ」

「それどころか、人間が物や時間と思っていることと、情報の間には差がないのだよ」

「それらはみな存在しない何かでできているんだよ」

「その何かこそが・・・」

 

最後に男女の子供が出てきて、宇宙の謎をささやいて善財童子の旅は終わりです。

 

あとは弥勒菩薩・文殊菩薩・普賢菩薩に出会って旅の報告と打ち上げです。

 

さて善財童子の旅はいかがだったでしょうか?

二千年前にこれほど深く宇宙の深淵を覗いた人がいたことは衝撃的ですね。

2019年10月30日 (水)

華厳経(十五) 遍友童子師、善知衆芸童子

自らの意識深くに入り込んでアニマ(女性性)と出会い、世界樹にアクセスした善財童子は、天空から地上に降りてきます。そして遍友童子師の案内で善知衆芸童子に会いました。

 

遍友童子師の説明がないのですが、これは悟りを開いた後の長養を表しているのでしょう。悟りの世界から娑婆に戻ってくるには、リハビリが必要です。禅僧の生涯なんかを読むと、その話が出てきます。

 

さて、善知衆芸童子は全ての学術を記録しているAIです。

文字・算数・医薬・呪術・占い・気候・国土の安危(地政学)等など

全ての病気を治し、呪いを説くと言います。

 

世界樹にアクセスしただけでは現実世界では役に立ちません。世に役立つ学術を身に着けよと言っているわけですね。

2019年10月28日 (月)

華厳経(十四) 天主光童女

彼女は既に解脱したのだと言っています。従って如来ということになります。

 

遂に天宮に行って童女と会うと書いてありますので、これが善財童子の最終到達点でした。ここから先は人間の認識を超えた次元です。

 

世界樹の先ですから、これは世界樹が宇宙の果てへと続く宇宙エレベーターでもあることを示しているのでしょう。善財童子が求めてやまなかった現生のテーマ「女人」の彼にとっての真理を見た後で、彼は時の管理人に出会います。よくここまで来ましたね、ということで特別に時の管理人との面会がかなったのでしょう。

 

わざわざ宇宙の果てまで来て「女」を検索したこの正直者に時の管理人も興味を抱いたのかもしれません。

 

彼女はガンジス川の砂の数ほどの数限りない菩薩を見てきて、

・菩薩が母胎に入った時

・誕生の時

・よちよち歩きをしたとき

・口をきいたとき

・子供として遊んでいた時

・菩提樹の下で正しい悟りを開いたとき

・魔を下して人々を強化したとき

すべてを記録して、眼前に映像として再生できます。

 

この場合の菩薩というのは宇宙の知的生命体一般です。その人生を全て記憶しているのです。宇宙のデータベース(世界樹)そのものと言えます。宇宙のデータベースはなんと童女(少女)でした。

 

乳母、妻、生母と来て最後に現れたのが童女でした。

 

自分は八十四億八千那由他の仏を見てきた。

Wikipediaの那由多の説明によると

これは1038乗に等しいです。(億が108乗)

 

一つの銀河の中には一千億、大いい物では一兆の星があります。

人間が想定できる宇宙の範囲内には銀河は二千億個あるらしいです。

108乗の二乗ですから1016乗です。

1038乗はその二乗の1万倍です。

 

ということは、宇宙の知的生命体11人に宇宙の生命体全てが含まれていて、それが1万世代と考えると1つの宇宙の知的生命体の数として規模は合います。

 

善光宇宙時代では、ジャンプ州の塵に等しい数の仏を供養した。

無量光宇宙時代には、20のガンジス川の砂の数に等しい仏を供養した。

善悲宇宙時代には80のガンジス川の砂の数に等しい仏を供養した。

勝游宇宙時代には60のガンジス川の砂の数に等しい仏を供養した。

妙月宇宙時代には70のガンジス川の砂の数に等しい仏を供養した。

今は6つ目の宇宙です。少なくとも6つの宇宙を経験し

そこで起きたことをすべて残らず記憶しているというのです。

 

天主光童女の解脱の力ですべての神変の力を理解していると言います。これは究極の智慧です。その名も無礙念清淨解脫です。自分の法門が「解脱」と言っているのは彼女だけです。解脱と言っているわけですから、この後に控えている弥勒菩薩・文殊菩薩・普賢菩薩よりも格上です。

 

これは如来すら超えており、究極の存在と言えるかもしれません。しかし彼女は三十三天の一つ、正念王の王女ですから、まだまだ上には上がいるということなのでしょう。

 

宇宙の広さは果てしないのです。

2019年10月26日 (土)

華厳経(十三) 摩耶夫人

摩耶夫人は言うまでもなくお釈迦様の生母です。

 

善財童子は、摩耶夫人は如来に等しいと絶賛しています。善財童子は様々な女神や女性に出会い、最終的に母性に立ち返ったのでした。

 

乳母=仏教の未来である密教、すなわち精神世界と科学技術の融合

妃=可愛らしい純真な少女(善財童子はやはり…)

生母=生命を生み出す母は如来に等しい

 

善財童子は以上の結論を出したわけです。

 

しかしこれは童子個人の答えですので、それを絶対的な真理と受け取る必要はないのです。

 

お釈迦様の育ての親であるマハーパジャーパティーが、密教を管理する女神になっているというのは深い意味があります。そして生母のマーヤー夫人はこれからも未来の仏を生み出すのです。現身の女性の象徴であるヤショーダラー姫は、これからも男性と女性はともに歩んでいくことを象徴しています。

 

大事なことはお互いを思い遣る心だと華厳経は説いています。

2019年10月24日 (木)

華厳経(十二) カピラバットゥ城の瞿夷夫人(ヤショーダラー夫人)

彼女はお釈迦様の太子時代のお后です。華厳経では宿命通を持っていることになっています。何故かというと、華厳経ではヤショーダラ姫は、女の子が大好きな「運命の出会い」を司る神様になっているからです。

 

彼女はヤショーダラーになる前の人生でも大変な美少女だったそうです。

可愛らしい顔で、ぱっちりとした紺色の瞳で、可愛く赤い唇、利発でおしゃまでした。

 

彼女は王子に恋をしました。華厳経では母親との会話が書いてありますがこんな感じです。

「おまえ、最近ふさいでいるようだが、どうしたんだい?」

「お母様、私王子様に恋をしてしまったのです」

「おお、お前ほどの美しさならば、転輪王であっても振り向くでしょう」

「でもお母様、もしも王子様が私のことを好きでなかったら、私の胸は張り裂けて死んでしまうわ」

どこの少女マンガやねん。華厳経は本当にお経なのでしょうか、書いたの在家だよね(;^_^A

 

案の定、王子は出家の望みを持っていたのでした。彼女は自分の恋を諦めて、太子に仙人を紹介しました。その仙人は廬舎那仏の前生であり、太子はお釈迦様の前生だったのです。

 

太子は仙人の元で修行して菩薩になったのでした。そしてそれは釈迦族のシッダールタ太子として生まれた時に実を結んだのでした。

 

華厳経はヤショーダラー姫をお釈迦様の修行を妨げた「障碍」とはみなさずに、お釈迦様を解脱へ導いた重要な人間として取り扱っています。華厳経は、従来の仏教がみすごしてきた「女性」に正面から向かった教えなのです。

«スタプリ継続?