« 専業主婦 | トップページ | バカ正直 »

2006年11月27日 (月)

平沼赳夫は男である

 郵政民営化法案に反対して自民党を除名された人達が復党届けを出し、平沼議員以外は受理されそうな形勢です。

 一つの法案に反対しただけで未来永劫除名というのはあまりに不寛容ですので、何時かは戻してあげなければならなかったと思います。肝腎の民営化法案への賛成が担保されれば、彼等が自民党に復帰するのもやむを得ないと私は思います。ただしちょっと時期が早かった気もしました。

 しかし、自民党を離れること二年に及べばさすがに里心よりも自民党に対する復讐心の方が勝ってきそうですし、かといって来年の春頃に呼び返すのはあまりに選挙を意識しすぎで有権者の心証を悪くする、なおかつこの問題が年を越せば、国会での審議と絡まっていかなる政局に発展しないとも限りませんでしたので、戻すとしたらこのタイミングしかなかったのでしょう。

 けれども易々と全員復帰させてしまうと、除名して刺客まで送って選挙を戦ったのはなんだったのか、と有権者は白けてしまいますので、何らかのけじめが必要、やはり誰か一人くらいは復帰を拒まないと自民党としては格好が付かない、私は平沼議員がその役を買って出たのだと解釈しました。

 郵政政局の際の時流の読めなさ加減には呆れましたが、今回汚れ役を買って出た姿勢は評価したい、おそらく平沼議員としても、このまま自民党に戻って情けないおじさんとして終わるよりも、臍を曲げ続けた偏屈として生き続ける方が政治家としては得策であるでしょう、ぐれた不良おじさんの生き様を見せてください。

 ただし、養子とはいえ岡山人ですので、ただ単に人一倍の"もげ"である可能性もなきにしもあらず。

« 専業主婦 | トップページ | バカ正直 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/12849040

この記事へのトラックバック一覧です: 平沼赳夫は男である:

« 専業主婦 | トップページ | バカ正直 »