2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 小山田丘陵を行く | トップページ | 褒められれば伸びる子なんです! »

2007年1月14日 (日)

日本の歌百選

陰暦 十一月廿六日

 文化庁が後世に残したい日本の歌百選を選んだそうです。といってもどうしても絞りきれなくて百一曲になってしまったのはご愛敬。

http://www.uta100sen.jp/

 なかなか良い選曲だと思います。一番が歌えない曲が二十曲ありました。どれも良い歌なので全部そらで歌えるようになりたいです。

 ただ一つ難を言わせてもらうと「さとうきび畑」が入っていないこと。これはちょっと現政権に遠慮しすぎですね。地域が限定される歌を取り除いた形跡が窺えるのでそれが表向きの理由でしょうが、これは名曲なので入れて欲しかったです。「花」と「涙そうそう」を入れるくらいなら、この二つを取り除いて「さとうきび畑」を入れて百曲にした方が良かったと私は思いました。

 どうせなら「さとうきび畑」と「同期の桜」両方入れたならば真の日本の歌百選になったと思います。この二曲が並んで歌われるようになったその時こそ、本当の意味で日本の戦後が終わった時ということができるのかもしれません。

« 小山田丘陵を行く | トップページ | 褒められれば伸びる子なんです! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まず、“役所が選んだ歌を親と一緒に歌わなくても、一緒にカラオケに行くことが出来ればいいのでは…”というのが亀さんの最初の感想でした。
しかし、亀さんは、百選に選ばれた歌を見ながら、自分自身の歌の歴史を回顧し、色々とその時代、その時代を思い起こすことができましたことには感謝しました。ただ、101曲のうち、「花の街」は分かりませんでした。
自分のブログに、そのことを書かせていただきました。
http://dankai-hiroba.cocolog-nifty.com/blog/

亀さん初めまして。

お役所の選曲にしては悪くないですよね。

どうぞ、ご家族で歌って絆を深めてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の歌百選:

» 国譲り漫画第六話続き読み [Nothings gonna change my love for you]
お待たせしました。国譲り漫画第六話。邪馬台国編完結です 続きを読むをクリック [続きを読む]

» 日本の歌百選と団塊の世代の青春時代の歌 [団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)]
―鐘が鳴る丘、いつでも夢を・高校三年生、      グループサウンズ・フォークソング…― 文化庁が1月14日、「親子で歌いつごう 日本の歌百選」を発表(注1)。世代間の断絶や人間関係の希薄化などの風潮を心配した河合隼雄同庁長官が発案。選ばれたのは101曲(なぜ100曲ではないの?)。戦前からの文部省唱歌、童謡が多いが、戦後の曲も歌謡曲を含め38曲選ばれている(注2)。 まず、“役所が選んだ歌を親と... [続きを読む]

» 日本の歌百選と団塊の世代の青春時代の歌 [団塊の広場(カメラ、旅行、趣味、日常)]
―鐘が鳴る丘、いつでも夢を・高校三年生、      グループサウンズ・フォークソング…― 文化庁が1月14日、「親子で歌いつごう 日本の歌百選」を発表(注1)。世代間の断絶や人間関係の希薄化などの風潮を心配した河合隼雄同庁長官が発案。選ばれたのは101曲(なぜ100曲ではないの?)。戦前からの文部省唱歌、童謡が多いが、戦後の曲も歌謡曲を含め38曲選ばれている(注2)。 まず、“役所が選んだ歌を親と... [続きを読む]

« 小山田丘陵を行く | トップページ | 褒められれば伸びる子なんです! »