2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 応仁の乱後の畿内(九) | トップページ | 応仁の乱後の畿内(十) »

2007年3月30日 (金)

荒らしの傾向?

陰暦 二月十二日

なんか最近
皇族の養子及び女性宮家の継承
村田清風(六)…兵制改革
の2ページに荒らしが集中している。

 何でかと思ったら、どうやら「女性宮家」及び「兵制改革」をgoogleで検索したらこの2ページが上の方に出てくるからであるらしい。困ったな、これではページを移動するという対処が効かない。

 この2ページは特に何らかの政治的主張をしたページではなく、史実を書いただけなのに何を気にしているのか不可解です。女性宮家のページなんかは、使いようによっては女系賛成派だって活用ができるはずです。あるいは女系反対の人が早とちりで荒らしているのかな?

 村田清風のページも特に過激なことを書いた覚えはなく、長州藩の活躍の背景となった軍事面での清風の活躍を書いただけです。活躍といっても、旧式の武器をそろえたり(※)、軍事教練をしたというだけで、特に問題があるようには思えない。兵制改革という単語に過剰に反応しているのか。

 全開も米国議会が国内で批判を浴びているというThe Economistのコラムを訳したら荒らしが粘着しました。この3ページに粘着している人は同一人物でしょう。どうも日本人とは目の付け所が違う感じがしますので、外国人かもしれません。

※補足:村田清風は、装備を洋式にする所まではたどり着けませんでした。清風の改革では、洋式の操兵術が採用されました。羽賀台の大操練では装備は旧式のままでした。ただし操兵術を洋式にしたことはもしかしたら装備を洋式にするよりも偉大な一歩であるかもしれないのですが)

« 応仁の乱後の畿内(九) | トップページ | 応仁の乱後の畿内(十) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 荒らしの傾向?:

« 応仁の乱後の畿内(九) | トップページ | 応仁の乱後の畿内(十) »