« 獠と香のラブレター | トップページ | シャドーライター »

2007年4月 9日 (月)

「衣食足りて礼節を知る」(プリキュア5レビュー)

 なんか最近躁であるので、こっちでもどんどんアニメの話で飛ばすことに決定。訪問者が減った所で知ったことではない。

 ナッツが空腹のあまりぶっ倒れました。アクセサリーが全く売れず、食い物を買うお金がなくて二日間絶食の末でした。私も一人暮らしを始めたばかりの頃、 二日飯を抜いたことがありますが、あれはつらかったです。目眩はするし、気持ちもささくれ立ち、果ては店の食い物を盗んで食いたくなる始末で、参りまし た。空腹の前には全ての道徳も無力です。

 五人から、同居人のココが責められる羽目に。でもナッツは人に借りは作りたくない主義なのでした。ちゃらちゃらした外見に反して意外と律儀です。

 小町が持ってきた豆大福にがっつくナッツ。いたくお気に入りのご様子です。何だか浪曲にでてくる任侠道のあんちゃんみたくなってきました。ということは 多分下戸で年増殺しだな。「宣伝して知ってもらはなければ、いくらものがよくても駄目!」という実体験に根ざしたうららの一言によってナッツハウスの宣伝 作戦開始。でもあまりうまく行かず・・・

 次の日意気消沈する面々。ナッツは相変わらず小町の豆大福に食らいついています。「昨日の分と合わせて必ず返すから」「いいのよ別 に」最早小町の紐のようです。一度落ちたら転落するのは早い。凛と可憐が花なんぞで張り合っている間に食い物でイケメンを籠絡、小町さん侮りがたし。

 ここで小町さんが、自宅の和菓子屋が一度客が離れて潰れかけた話を披露。老舗だから甘えがあったのだという。お祖父さん達は地道にチ ラシ配りから再出発して客を取り戻したそうです。「こんなうまい豆大福でも・・・」ココがやっと本気になって宣伝に取り組む気になりました。しかしココは 豆大福と絡めれば何でも言うことを聞かせられそうですね。

 この後バイトのがまお君との対決。撃退の後、再びビラ配りに復帰。ナッツの手からビラをもらった増子さんが学園ゴシップ誌にナッツハ ウスのことを書いたお陰でお店は大繁盛。生徒会の会議で店の宣伝をする生徒会長といい、この学園の教育方針はどうなっとんじゃー、いやいやこれこそ社会の 縮図、真の教育であるやもしれぬ。

 来週は望と人間ココが良い雰囲気になる話らしい。ナッツの陰に隠れて着実に大人の階段を上るお二人さん。もしもーし、社会的には一応生徒と教師だろお前ら?この学校のPTAや理事会は機能しているんでしょうか(^^;

 デンジャラスで退廃的な雰囲気漂う「プリキュア5」から目が離せません。

 ところで可憐の前田愛さんは「コメットさん☆」の前田愛さんとは別人と判明。ひじょーに紛らわしいので、ジャンケンでもやってどっちかがAなりFなり名前にくっつけて欲しいです。

« 獠と香のラブレター | トップページ | シャドーライター »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/14625556

この記事へのトラックバック一覧です: 「衣食足りて礼節を知る」(プリキュア5レビュー):

« 獠と香のラブレター | トップページ | シャドーライター »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ