« 破産する中世人 | トップページ | プリキュア5,ゲゲゲの鬼太郎、レビュー »

2007年5月17日 (木)

「管子」に見るインフレとデフレ

陰暦 四月朔日 【日光東照宮春季例大祭】

 私は「管子」と「荀子」は近代的な内容を含んでいるとつねづね思っているのですが、昨日読んだ部分に丁度良い例があったので紹介しようと思います。

 「管子」巻第一 乗馬第五 にインフレ政策とデフレ政策を説明した部分がありました。

(書き下し文)
 黄金は用の量なり、黄金の理を弁ずれば、即ち侈倹を知る。
 侈倹を知れば、即ち百用節す。
 故に倹なれば即ち事を傷り、侈なれば即ち貨を傷る。(傷る:やぶる)
 倹なれば即ち金賤く、金賤ければ即ち事ならず。(賤い:やすい)
 故に事を傷る。
 侈なれば即ち金貴く、金貴ければ即ち貨賤し。
 故に貨を傷る。

 まずここまで、明治書院の口語訳では「黄金の理」を「貨幣価値の原理」としています。そして「倹」を「財政引き締め」、「侈」を「放漫財政」と訳しています。

 しかし「金賤く」を「貨幣価値が下落」と訳してしまっているために、内容が変になっています。「財政を引き締めると、貨幣価値が下落して、購買力が上がらなくなって生産力が上がらない」、となっていてこれはおかしい。

 諸子百家や史記の文章で「金」を「貨幣価値」の意味で使った用法は、私の知る限りではありません。「金」はやはり、物質としての黄金Auとするべきでしょう。従って「金賤く」とは「金の額面価値が下がる」、と解するべきで、貨幣価値は上がるので、即ちこれは「デフレーション」を表していると考えられます。

 そうなると「金貴く貨賤し」は貨幣の価値が下がる、即ちインフレーションでしょう。当時の貨幣は今で言う硬貨ですので、発行量には限度があります。ただし逆に際限のないインフレも発生しません。「貨を傷る」とは当時の感覚でのハイパーインフレを表しているのではないかと思います。あるいは、貨幣の悪鋳を余儀なくされることかもしれません。当時は地方ごとに様々な貨幣が用いられていましたので、どこか一国だけでインフレが発生すると、その国が為替で損をして亡国の原因になったのかもしれません。

 従って、四行目以下は、「財政を引き締めると、商品の額面価値が下がり(デフレとなって)、経済活動が停滞して、経済に損害が出る。放漫財政になると、商品の額面価値が上がり(インフレとなって)、政府が発行する貨幣の価値が下がるので、貨幣制度に損害が出る」と訳せるでしょう。

続いて、
 貨尽きて、しかる後に足らざるを知るは、
 これ量を知らざるなり。
 事已みてしかる後に貨の余りあるを知るは、
 これ節を知らざるなり。
 量を知らず、節を知らざるは、
 これを有道と謂ふべからず。

 「貨尽きて」は二通り考え方があって、
 一、放漫財政によって国庫が尽きる、
 二、経済活動が加熱して貨幣が足りなくなってハードランディングが発生する
 ことを想定しているのではないかと私は考えます。

 「事已みてしかる後に貨の余りあるを知る」これはデフレによって経済が停滞して、逆に国庫や家計には資産が積み上がる状態を表しているのでしょう。

 従ってここで謂う「量」は通貨供給量を表していると考えられます。なんと二千五百年前の支那には通貨政策の必要性に気がついていた人がいたのです。ただし、管子の謂わんとすることが誤解されてきたであろう事は、「明治書院」の口語訳を読んでも分かります。儒教に影響されると、どうしても放漫財政を「悪」と解釈せざるを得なくなるからです。しかし「管子」のこの一節は、緊縮財政と放漫財政の優劣を論じた物ではなく、政府支出が経済にどのような影響を与えるか、解明しただけであると謂えます。

 「節」が何を意味するかはみなさんで考えてみて下さい。

« 破産する中世人 | トップページ | プリキュア5,ゲゲゲの鬼太郎、レビュー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/15100377

この記事へのトラックバック一覧です: 「管子」に見るインフレとデフレ:

« 破産する中世人 | トップページ | プリキュア5,ゲゲゲの鬼太郎、レビュー »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ