2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« オタクな連休(その一) | トップページ | 読書人の涙 »

2007年5月 7日 (月)

オタクな連休(その二)

陰暦 三月廿一日

 何で政治家は連休に休まないで外遊なんぞをするのだろうか、よく考えてみたら、八月と年末年始は欧米も休みになってしまうけれど、五月の連休は日本以外のほとんどの国は活動中なので、訪問するには最適なのでした。しかも、こっちは休みなので、話が深刻にならずに、普段の訪問よりは気の置けない話が出来ると来ている。ゴールデンウイークは日本の隠れたアドバンテージかもしれません。

 休めないお供のお役人は気の毒ですけどね〜

 「アニメージュ」は優ちゃんの資料として買いました。マミファン申し訳ないですが、DVDBOXを買うほどはマミに入れ込んでいないけれど、高田明美先生以外のクリーミーマミの絵の資料がずっと欲しいと思っていました。高田先生のイラストはPさんから何枚かカードを譲っていただいて持っていたからです。これは表紙が優ちゃんで、マミの特集記事もあります。実質必要なのがその3ページだけなのですが、315円なので充分に割が合います。

 「プリンセスチュチュ」のガイドブックは全くの掘り出し物。このような物があることすら知りませんでした。しかも一冊105円です!アニメのカットも沢山掲載されている上に、鉛筆風の絵本も付いていて、声優さんや制作者のインタビュー記事も豊富です。これは大変によい買い物をしました。まだ第六巻を買っていないけれど、欲しくなりました。

 「守って守護月天」はアニメの画集がずっと欲しいと思っていました。この作品は、設定画よりも作中のキャラクターの方が断然可愛いのです。「少年ガンガン」アニメの中では守護月天が一番の名作であると思っています(「鋼の錬金術師」と「魔探偵ロキ」は少々好みから外れるので見ていません)。悲しいかな視聴率は取れなかったみたいだけど(TT)。絵も脚本も良くできていました。漫画の魅力をアニメが存分に引き出していて、更に魅力を深めていたと思っています。

 「ミンキーモモ」のムックはこれまた予定にはなかったのだけれど、芦田豊雄画集を買った三日後に同じ古本屋を訪ねたら、本棚に新たに補充されていました。古本屋さん、鋭すぎる・・・(^^;これはもう買うしかありませんね、高かったけれど。モモの夢シリーズの解説です。今更絶対に手に入ることなどないと思っていた本です。宝物が増えました。

 他には「クロウカードフォーチュンブック」占いには興味はないけれど、ここまで来たらもう買わなきゃダメでしょ、105円だし。それにイラスト集にはクロウカードはなかったんですよね。「ウエイブ」や「ムーブ」は漫画でもアニメでも出てきませんでしたので、玩具のクロウカードを買うかこの本でしか見ることができません。探せばいろいろな本が見つかりますね、

 しかし、連休中に蒐集できたグッズはこれに留まりません。最後の最後で大収穫がありました。

 

« オタクな連休(その一) | トップページ | 読書人の涙 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オタクな連休(その二):

« オタクな連休(その一) | トップページ | 読書人の涙 »