« 連休だ | トップページ | オタクな連休(その二) »

2007年5月 6日 (日)

オタクな連休(その一)

陰暦 三月廿日 【立夏】

 長く更新を休みまして失礼しました。今年は海外へ出ることもなく、二日間国内のローカル線に乗ってきただけで、あとは自宅と実家でのんびりと過ごしました。お陰様で心身共にリフレッシュできたように思います。


 二十九日に実家へ帰りまして、その途中で中野のまんだらけに寄って「カードキャプターさくら」の「チェリオ!」第二巻、及びCLAMP先生のさくらイラスト集の第二巻と第三巻を入手しました。これは大収穫。さすがは天下のまんだらけです。

 嬉しかったのがCLAMP先生のイラスト集で、これにはさくらちゃんと小狼君のツーショットが数枚載っていました。結婚式のような衣装を着た絵までありまして、このカップルが大好きな私としては感涙物です。CLAMP先生の絵は、CCさくらの後期が一番好みです。キャラクターへの愛情がこもっています。他の作品や、さくらも前半の絵は少し距離を置いて描いているんですよね。

 絵の解説にもありましたが、さくらちゃんと小狼を幸せにして欲しいという読者の一途な声に押され、先生もそれに応えたいと心から思い、迎えたエンディングだったからこそ絵にいつも以上に生命が宿ったのでしょう。

 一日と二日は磐越西線と只見線を乗り潰しに出掛けました。これについてはいずれ項を改めます。

 再び実家に帰って、三日と四日は日立や多賀それに佐和の古本屋を物色しました。その甲斐ありまして、「芦田豊雄イラスト集」「ファンロード別冊ーミンキーモモ特集」の第二巻、「アニメージュ」1984年5月号、「プリンセスチュチュアニメ公式ガイドブック」全二巻、「守って守護月天フィルムブック」の第一巻を見つけました。

 芦田豊雄先生は、ミンキーモモやアイドル伝説えり子、スイートミントを制作した葦プロ(スタジオライブ)の中心メンバーです。このイラスト集は昭和六十年(’85)の出版で、「バイファム」「ギャラット」「ミンキーモモ」のイラストが収録されています。バイファムが一番多い。楽しい絵が多いです、絵にたくさんのキャラクターが存在していて、しかも全員躍動的で、絵本作家のかこさとし先生の絵を思わせます。モモの絵は少ないとはいえ、初めて見た絵ばかりで感動しました。

 イラスト集によると、スタジオライブは「Dr.SLUMPアラレちゃん」や「とんがり帽子のメモル」の絵も沢山描いているらしいとのこと。言われてみればバイファムのキャラクターはアラレちゃんに似ている。モモとメモルの絵は相互に影響しているようにも見える。自称「日本一の無責任アニメーター」で実際葦プロは事業計画が無計画で有名なのですが、葦プロ作品のオリジナリティー溢れる世界が私は大好きです。大変良い買い物でした。現在のアニメーターの絵は、セル画(今はCGかな)でないと絵になりません。古いタイプの絵描きである私としてはちょっと違和感があります。このあたりまでの年代のアニメーターの絵は、セル画ではない絵も楽しむことができます。

 そのほかのイラスト集とムック感想については明日以降。

« 連休だ | トップページ | オタクな連休(その二) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/14978051

この記事へのトラックバック一覧です: オタクな連休(その一):

« 連休だ | トップページ | オタクな連休(その二) »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ