« 参議院選挙の予測(二) | トップページ | プリキュア5レビュー »

2007年6月13日 (水)

参議院選挙の予測(三)

 今回の選挙は勝敗がはっきりとしない結果になるだろうというのは、大方の見方だと思います。多分今回も自民党は政権を手放すことはないでしょう。民主党はまた政権から遠ざかります。

 良く引き合いに出されることが多い英国では、労働党の牙城はロンドンやバーミンガムといった大都市から遠く離れたスコットランドとウェールズでした。この二地域は伝統的にイングランドへの対抗意識がある上に、炭坑や鉄鋼といった斜陽産業に頼っていましたので、労働党の主張に親和性があったのです。これは日帰り圏外が反自民党の牙城としてどうやら定着したらしいことに類似している。

 今度の参議院選挙では、財政不安を抱える地域(要するに日本海側と南海地域ー南四国と南九州ー及び沿関東地方ですが)が反自民として明確になると思います。しかし、北海道・東北は民主党、山陰と南海地域は保守系野党の地盤となると私は思います。このままでは民主党はやはり政権を得られないでしょう。

 私は先の統一地方選で民主党の地方議会議席が増えたことに期待しています。今の首脳陣が退陣したあと、地方議会で鍛えられた議員が国政の場まで上ってきた時に、民主党は真に国政を担うに足る政党になるはずです。日本のトニー・ブレアが今どこかの地方議会で産声を上げたはずです。逆に、そういった人達が表に出てくるまでは、民主党に政権を渡すことには私は懐疑的です。

 民主党を支持しているという意味じゃなくて、選択肢たり得るかという話です。

 結局民主党が衆議院選挙に勝てるかどうかは(あるいは自民党が政権を維持できるかどうかは)、中心市日帰り圏外の人と中心市に住む人を同時に取り込む政策を見つけることができるかにかかっています。

 これは、なんでしょうね、いまいち思いつかないんですが、国土の保全かもしれません。現在過疎地はかなり荒れています。私も日帰り圏外の人間が、意地を張らずにもっと都市に移住するべきだと思っているのですが、だからといって山野が荒れてしまっては元も子もない。日本の山林は人間が手入れしないと維持できない生態系になっているからです。

 地方交付税とは別の形で都市の財源を使って地方の山野を維持する方法、これが今の日本には必要とされています。

 面白いことにこの日帰り圏外というのは同時に周辺国からの脅威にさらされている地域でもあります。日本海側にはこれから朝鮮半島の難民が大量に押し寄せることが予測できますし、南九州と沖縄は強大化した中共の圧迫を受けています。少しずれますが、南四国には南海大地震の危険が迫っています。

 国土の保全と国防を上手にミックスした政策、これを見つけることができた政党が平成二十年代の政権を握ると私は思います。

 最後のに沿関東地方(茨城北部、福島南部、新潟県、長野、山梨、静岡東部)が残りますが、これは交通網の充実と、静岡市、新潟市といった都市をブロック中心市並みに魅力ある都市にすることで、振興が実現するのではないかと思います。那須には首都機能の一部移転を考えるべきでしょう。あら、私の故郷の茨城県北部がこれでは積み残される(^^;

 あとこの沿関東地域も自衛隊の配備が手薄な地域なんですよね。警察も手薄だと思いますから、多分首都圏を荒らしている窃盗団なんかはこのあたりにアジトを構えているんじゃないかと私は思っています。首都圏の防衛はかなり充実してきましたから、今後は沿関東地方の防衛の充実も必要になってくるでしょう。地域振興のために、場合によっては基地を新設するくらいのことは必要だと思いますね、特に新潟。

« 参議院選挙の予測(二) | トップページ | プリキュア5レビュー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

なるほどね。民主党については、今時の若い世代の賢いやつらでは、綺麗に認識が一致するよね。あのままじゃ、100年立っても政権無理やな。って。
逆に自民党は、「何を受け付けないか」で、敬遠するところが人によって微妙に違う。まぁ与党だし、手広くやってるからしゃあないけどね。

民主なぁ・・・、今の民主、例えば医者に連れて行って、治せと言ったら治せるレベルのもんなんだろうか。
「処置が遅すぎます。もう手のつけようがありません」
とか言われたりしてwww

私の経験から言わせてもらいますと、労組系の議員は良くやっていると思います。活動家上がりの議員は社民党に追い出すことに成功しました。ですから民主党は旧社会党と比べて改善しているのは間違いありません。

私は"自民党くずれ"の議員が民主党を駄目にしていると思っています。民主党の人達は、民主党を乗っ取った自民党くずれを追い出して、党を自分たちの手に取り戻すべきでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/15379198

この記事へのトラックバック一覧です: 参議院選挙の予測(三):

« 参議院選挙の予測(二) | トップページ | プリキュア5レビュー »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ