« 選挙結果の総括と今後の展望(二) | トップページ | 選挙結果の総括と今後の展望(四) »

2007年8月 1日 (水)

「選挙結果の総括と今後の展望(三)」

陰暦 六月十九日 【八朔】

「大連立の可能性」

 衆参で第一党が異なる状態も考えようによっては悪くないと私は思っています。教育改革や公務員改革など安倍総理が成立を目指していた法律はほとんど成立 してしまいました。ですので、安倍政権としてはこれらの法律が成果を出すのをじっくりと見守っていればいいわけで、今必要なのはとにかくどんなにくさされ ようとも政権を投げ出さないことに尽きるでしょう。

 実施の細目については、骨抜きにならない程度に野党と妥協してもいいと思います。幸い民主党には日教組の代表や中央と地方の公務員の代表が数多くいます。公務員の労働組合は政治色が強すぎで色々問題もありますが、やはり現場を無視しては改革も進まないので、彼等との協議もこれからは必要でしょう。

 3年後にもあり得る憲法の改正においては自民党と民主党の協力が欠かせません。それに最近の世論はどうにも拙速なので何かの間違いで一二年の内に民主党政権が発足することもあり得ます。しかし、現在の民主党には政権を担う力がありません。民主党政権が失敗すれば国民の政治不信が高まるだけですし、それに朝鮮半島や台湾海峡で紛争が発生する可能性はこれから高まることはあっても下がることはないでしょう。そんなときに二大政党が泥仕合では国家の存立があやうい。

 自民党の支持者としては癪に障るけれど、自民党は民主党を政権が担える党に育ててあげないといけません。あの公明党だって、連立政権に参加することはや十年弱、かなり言うことがまともになってきました。

 民主党を育てる一番の早道は大連立政権を組むことです。民主党に責任を負わせ、自民党が手取り足取りレクチャーすることで民主党を一人前に育てます。そうなると当事者意識が生まれて実現性のないことは言えなくなるでしょう。これで初めて私も自民党と民主党を贔屓なく評価することができるようになります。

 憲法を改正するためには自民と民主の協力が不可欠ですので、どこかで連立を組んで、今後の日本の課題は何かについて共通認識を作る必要があります。課題の解決方法については対立があって当然、しかし"何が課題であるか"は一致させないと議論が明後日の方向へ進み、結局愚にもつかない人気取りや悪口合戦で票の取り合いをするしかなくなります。

 政策で選挙が戦われるようになるには、両党の間に何を今後の課題にするかの一致がないといけないのです。そうしないと、郵政選挙や今回の選挙のように、先に国民に焦燥感を植え付けた側が勝ちという状態から脱することができません。

 衆参のねじれから今後両党の協議が進んで、大連立へ向かうのが望ましい姿の第一であると思います。第二については明日。

« 選挙結果の総括と今後の展望(二) | トップページ | 選挙結果の総括と今後の展望(四) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

現実的には厳しい面もあると思いますが、私も憲法は改正する必要があるとは思っていますので、その部分では安部さんに賛成します。

ただ、細かい部分で異論はあります。

>これらの法律が成果を出すのをじっくりと見守っていればいいわけで

赤城問題のように「ザル」と批判を受ける可能性も高いです。

あと、安部さんは民主党の能力に不安をもっているようですが、この点は私の方が楽観しているでしょう。

安部さんは公明党が野党時代よりまともになったと、仰っています。民主だって野党時代とはやることが変わると思ってます。
小沢氏、鳩山氏、羽田氏など与党だった方々も多いし。あの社民党だって与党時代は「反対」だけじゃなかった。

まあ、今の状況なら野党は審議拒否、与党は強行採決という状況はないと期待してます。

投稿: 輔住 | 2007年8月 2日 (木) 05時51分

 赤城さん、総務会で大目玉を喰らってましたね。あの”潔くなさ”じゃ、当然です。きっと彼のおかげで10議席くらい減ってたんじゃないでしょうか。
 早速、政治資金は1円単位まで申告させるのようにする、というのを本気で考えてるあたり、本気で利権政党から理念政党への脱皮を図っているように見えて、僕には好感が持てました。それをされると帰って拙いことになるのは、左翼勢力と縁が切れなかった民主党のような気がします。今後の展開がどうなるか、ちょっと見守りたいものです。

投稿: nobuya | 2007年8月 2日 (木) 14時34分

一円まで報告なんてバカバカしい限りですが、それなら国会議員の俸給を上げるべきだと思います。

秘書の給料は三人までしか国から出ないし、それ以外にも政策スタッフとか地元の事務所を維持する人とか沢山必要。それを二千万かそこらの国からの給与だけで賄うなんて無理ですよ。

国会議員一人に一億円くらいあげて、その代わりに他人から一銭でももらったら則逮捕、ていうのがいいのではないかとずっと思っています。

投稿: べっちゃん | 2007年8月 2日 (木) 21時14分

クリーンで国民のために働く議員であるほど儲かるという仕組みにしないと駄目ですよね。

投稿: べっちゃん | 2007年8月 2日 (木) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/15976355

この記事へのトラックバック一覧です: 「選挙結果の総括と今後の展望(三)」:

« 選挙結果の総括と今後の展望(二) | トップページ | 選挙結果の総括と今後の展望(四) »