« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月30日 (日)

市民オンブズマンの仕事

 数万円の領収書ごときで内閣をどうこうしようという最近の風潮はバカバカしい限りですが、ああいうのって、一時期脚光を浴びていた市民オンブズマンとやらの仕事ですよね。

 市民オンブズマンが地道に選挙区の政治家の収支をチェックして、それを政治家に指摘する。そうして市民にも知らせて選出の際の材料にする。根気さえあれば誰にでもできます。お金もかかりません。市民オンブズマンに格好の仕事です。

 今までもやっていたのかもしれませんが、これまでは政治家も選挙民も収支報告書のチェックなどが大事なことだとは思っていませんでした。これだけ大事になれば、今後は市民オンブズマンの言うことにも耳を傾けるようになるでしょう。騒ぎが落ち着けばそんなふうになるんじゃないでしょうか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月28日 (金)

宣戦布告だ!

・邦人を意図的に射殺
・報道機関職員を拘束
・大使館職員(ミャンマー人)を拘束

続きを読む "宣戦布告だ!"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

扶桑の国

陰暦 八月十六日 【彼岸明け】

 神話は実に面白いですね、今度はエジプト神話の抄訳を読みました。今はマヤ・アステカ神話を読んでいます。

 アステカ文明では、方位の色があって、東は赤(太陽)、北は白(冷気)、西は黒(日没)、南は黄色(暖気)、だったと書いてありましたが、これなんか色のズレはあるけれど、まるっきり五行説と同じです。

 清めのために、四方に向けて矢を射るなんてところは神道と同じ。

 ケッアルコアトルのデザインは古代支那の饕餮紋に酷似しています。テスカトリポカとケッアルコアトルが原始の怪物を倒して、引き裂き、天地を作った下りは、羌族の神話にでてくる女か(女咼)と伏羲による創世と似ている。二神を絡み合う蛇として表現させるところまで同じ。

 中米には古代支那人が流れ着いたのかもしれないと想像したくなります。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

がんばらんダンス

陰暦 八月十四日

 ここ二回のプリキュア5は絵も脚本もしっかりしていて面白かった。特に先々週は絵が非常にきれいであった。案の定作画監督が篁磐先生。この人は本当に毎回毎回仕事が丁寧で感心してしまう。

 「ガンバランスダンス」の復活にはさすがにズッコケた。まだ夢が捨てられないのか!じゃなくって、確かに良い歌ですから、いいんじゃないでしょうか、歌には罪はありませんから(^^;

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

北朝鮮・シリア問題(二)

 米国は06年10月の北朝鮮による核実験?(核実験だったかどうかの完全な証明はされていない)以来、北朝鮮への宥和政策に転じたと言われてきました。 しかし、同じ頃から、シリアと北朝鮮が軍事技術協力を活発化させていたことを米国とイスラエルの軍事情報筋は追跡していたことが今回明らかになりました。

続きを読む "北朝鮮・シリア問題(二)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

北朝鮮・シリア問題(一)

陰暦 八月十三日 【秋分】

 北朝鮮にとって左団扇のうちに終わるはずだった今回の六者協議ですが、どうも様相が変わってきました。そろそろ気がついている人も多いでしょうが、異変は西域からもたらされました。

続きを読む "北朝鮮・シリア問題(一)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

ジブリを支えた背景職人

陰暦 八月十日 【彼岸の入り】【寒川神社例祭】

 鬱で動くと吐き気がするのですが、有休を取って病院へ行ったついでに都立現代美術館の男鹿和雄展を鑑賞しに深川まで出掛けました。

続きを読む "ジブリを支えた背景職人"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

リオグランデの素兎(しろうさぎ)

陰暦 八月八日

 小さくか弱い動物が強くて獰猛な動物を出し抜いて海や川を渡るという神話は、太平洋周辺で広く見られる神話であるそうです。日本の「因幡の素兎」もその中の一つです。

続きを読む "リオグランデの素兎(しろうさぎ)"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月17日 (月)

神話はえっち

陰暦 八月七日

 少し鬱に入りかかっているので気楽な話題で更新します。

 そんなに知っているわけではないのですが、古い神話の共通点として、性におおらかというのがあります。

続きを読む "神話はえっち"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

とんだカップル!?

陰暦 八月六日 【鎌倉鶴岡八幡宮流鏑馬】

 茨城の田舎に帰っていました。

 どうも夏の疲れや、躁鬱による寝不足などが相まって不調です。

 今週は更新頻度が下がると思いますがご了承下さい。

続きを読む "とんだカップル!?"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

安倍政権とマスコミの300日戦争

陰暦 八月五日 【石清水八幡宮祭】

 マスコミが常軌を逸する安倍政権叩きをこの一年間し続けてきたのは、安倍政権がマスコミの首に鈴を付けようとしたからです。安倍政権とマスコミの間で人知れず繰り広げられていた暗闘を簡単にまとめてみます。

続きを読む "安倍政権とマスコミの300日戦争"

| コメント (0) | トラックバック (1)

2007年9月13日 (木)

神話も結構流動的

陰暦 八月三日

 相変わらず冴えない空ながらも久々に雨の降らない一日でした。夏と冬になると聖なる祭典が開かれる場所に行ってきました。そのお祭りとは何の関係もありませんが。

続きを読む "神話も結構流動的"

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

八高線撮影紀行

陰暦 七月廿九日

 風邪もままならないというのに天気がよくなったので飯能へ八高線を撮影に出掛けました。青春十八切符の期限が迫っている以上やむをえまい。本当は高崎から乗って八高線を乗り潰す予定だったのですが、調子が悪いので止めました。しかしこの炎天下の下、東飯能から金子まで歩き通すことの方が考えてみれば体に堪えたかもしれません。明日はじっくり寝よう(^^;

続きを読む "八高線撮影紀行"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

ケルト神話

陰暦 七月廿八日

 「プリキュア5」は面白いことは面白いですが、何だか普通のアニメになってしまったのでもう毎回のようにレビューを書くのは止めにします。一言だけ感想 を言うと、先生と女子中学生が本気で恋をしているんですが、これでいいんでしょうか!?(^^;私はこういうのは好きだから一向に構わないのですが、「プ リキュア5」の二年目があるかどうか心配でなりません。

続きを読む "ケルト神話"

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 8日 (土)

「味楽るミミカ」レビュー

陰暦 七月廿七日 【白露】

 一ヶ月ぶりに新作。秋の風物詩運動会。私が子供の頃は運動会というと十月に開くものでしたが、中学生になった頃から学校の運動会は早くなって、いつの間 にか九月になっていました。それと同時に温暖化が始まって、運動会は炎天下の中で開くものになってしまいました。先週も高校生が倒れています。十月に戻し た方が良いのではないかと私は思います。

続きを読む "「味楽るミミカ」レビュー"

| コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

クイズ

陰暦 七月廿六日

 一昨日から頭痛が更にひどくなり、纏足靴のせいかなと思っていたのですが、隣の席の人まで風邪気味だと言い出したので、どうやら夏風邪にかかっていることが分かりました。

続きを読む "クイズ"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

身延線、相模線旅行記

陰暦 七月廿四日 【旧地蔵盆】

 先月の二十五日に身延線と相模線に乗ってきました。

 朝の六時のつもりが、五時には目が覚めてしまい、もう一度寝るには時間が足りないので起きることにしました。目をこすりながら時刻表をチェックすると、予定より一本前の電車に乗れそうであることが分かったので、三十分早く出発。

続きを読む "身延線、相模線旅行記"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 4日 (火)

つぶやき

陰暦 七月廿二日

 今日は一週間ぶりに陽がさしました。(正確には昨日)


続きを読む "つぶやき"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

農協は死んだ

陰暦 七月廿一日

 現代に戻って、農家は高齢化が急速に進んでいます。どっちにしろ、農業ができなくなる農家がこれから増えます。耕作放棄を避けるためには、まだ農業ができる農家に土地を貸し出すしか方法はないでしょう。

続きを読む "農協は死んだ"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 1日 (土)

集落営農をご存知ですか?

陰暦 七月廿日 【二百十日】

 今、日本の農業は米軍占領時代の農地解放以来の大変革の真っ最中です。

 それは「集落営農」政策の開始です(農林水産省の集落営農紹介ページへ飛びます)。

続きを読む "集落営農をご存知ですか?"

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »