«  世界同時株安の裏側で(四改) | トップページ | 政党政治の教材 »

2008年1月27日 (日)

「しゅごキャラ!」第十六話

陰暦 十二月廿日 【国旗制定記念日】

 がたが来ていたところに、お茶をこぼしてしまったせいでキーボードが壊れてしまいました。矢印が死亡。これが動かないとワープロが使えないも同然です。 朝起きて乾けば元に戻るかと期待しましたけれど、全然駄目、埃や髪の毛や油でぎとぎとになったいたので、そろそろ買い時かと思っていたところだったので踏 ん切りが尽きました。新しいキーボードに買い換え。

 さすがキーボードだけで独立に売っている物だけあって、パソコンにくっつてきたものとは雲泥の使い心地。前のキーボードは一部多用 キーに針金のバネが入っていただけで、戻りが悪くて、早打ちに対応していませんでした。今回買ったキーボードはパンタグラフキーなので、戻りも良く、軽 い。心なしかワープロの反応も早い。しかもMac純正の半額だし。

 マウスパッドも光マウス用に変えました。作業効率アップ、ワープロを打つ手も軽やか。次はデフラグですね。けれども我がOSはマッキントッシュ社から鬼子扱いされていてソフトがあんまり出てないんですよねえ_| ̄|○

「しゅごキャラ」第十六話
 巷で話題の人気少年マジシャン"ゼロ"、しかし彼のマジックは全て映像を合成して作ったインチキマジックであった。本格的マジシャンとして出発したはずのゼロは視聴率至上主義に流される自分に疑問を持ち始めるのだった。

 実は聖夜学園の四年生であったゼロこと長倉拓也君はガーディアンに自分の素性を打ち明け、ストレス解消のためにマジックを披露させてほ しいとお願いする。何となく釈然としないものを感じるあむちゃんとややちゃん、「心の卵を騙すようなことはしたくない」、もう一つの道を探ろうとするあむ ちゃん、人を思いやる気持ちが育ってきています。

 "ゼロ"が芸能プロダクションの登録商標だというのなら別のキャラクターでショーをすれば契約違反にはならない!といったかどうかは 定かではありませんが、"シャイニングゼロ"というニューキャラクターを作って、校内で思う存分マジックを演じることにしました。ガーディアンの目論見は 大成功。拓也君は自信を取り戻しました。

 そのあとは二階堂先生が児童略取して、絶望のずんどこに落として、クビになった拓也君が行きがけの駄賃にテレビ局を破壊し、アミュ レットスペードで拓也君のしゅごキャラ"ゼロ"を元に戻してめでたしめでたし。ガーディアンと二階堂の間に敵意が漲ります。次週は二階堂がガーディアンに 直截に情報戦をしかけてくるそうです、楽しみ!

 ところで砂かけ婆はイースター社の社長なんでしょうか?

«  世界同時株安の裏側で(四改) | トップページ | 政党政治の教材 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/17852525

この記事へのトラックバック一覧です: 「しゅごキャラ!」第十六話:

«  世界同時株安の裏側で(四改) | トップページ | 政党政治の教材 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ