« 「ゲゲゲの鬼太郎」レビュー | トップページ | 「プリキュア5GOGO!」第二話と冷食の話 »

2008年2月 9日 (土)

「しゅごキャラ!」第十八話

陰暦 一月三日

 クノールのオニオンスープにおろし生姜を混ぜるととても美味しい。

 さて、今日はキングの唯世君がガーディアンのみなさまを慰安のために水族館へ招待してくれました、と思ったら空海と撫子さんとややちゃんは急な用事が入ってドタキャン。あむちゃんと唯世君の初デートになりました。これはきっと撫子さんの陰謀に違いない。

 水族館ではしゃぐあむちゃん、突然あむちゃんが楽しさのあまり不安になって「一人で浮かれちゃって変だよね」と唯世君に気を遣います。けれども、彼も初デートがうまくいくかどうか心配で、楽しむあむちゃんを見て安心していたのでした。初々しい二人です。

 そこに謎の幼児が現れて、唯世君に猛烈アタック!斉木宣子先生の占いによると、彼が運命の人であるそうな。幼児はそうそうにあむちゃんに宣戦布告、女の 技を駆使する幼児の前にあむちゃんたじたじ。完全に負けています。でもあむちゃんはあむちゃんでマジになって張り合ってます、どっちも真剣です(笑)

 今回は前振りなしで突然バツ玉が登場、唯世君はコブ付きなので、あむちゃんが一人で追跡。ついでそこにヨルがダンプティロックを持っ て登場、ヨルはキーと対になるあむちゃんのハンプティロックに興味を抱いたのでした。男の子が持っているのが鍵で、女の子が持っているのが錠前で、入れて 開けるというのは何とも・・・示唆的です(^^;

 おいてけぼりを食って僻んだバツ玉がキーを奪って逃走、あむちゃんといくとが共同作業で確保します。さくらちゃんと小狼を彷彿とさせます。「カードキャ プターさくら」の夢よ再びです。それにしてもあむちゃんはお胸がないなあ。五年生なんだから劇中で成長してもいいと思うのだ(うわ、何をするやめろ)

 下方不注意のあむちゃんが屋上から転落するところをいくとがお姫様抱っこして救出。全てが終わった後にカッコをつける唯世君は完全に 三枚目。嫁を間男された間抜けな亭主みたいだ。そもそも少女マンガでは王子様役と主人公は結ばれないのだ。一癖あるキャラとくっつくのが80年代以降の少 女マンガの定石です!

 いくとが「必ずしもロックが目的とは限らないぜ」と気になることを言い残して今週は終了。テンポがよくて面白かったです。あの幼女は再び登場するのでしょうか、ちょっぴり気になりました。


しゅごキャラのネットラジオ始まる

録音した放送をメディアプレイヤーで視聴することができます。「プリンセスチュチュ」の時から加藤奈々絵さんを追っかけていますけれども、二十代の若い娘に囲まれて、スタッフからは汚れ役扱いされてふて腐れているこのやさぐれ加減がたまりませんね、がんばれアヒル!

« 「ゲゲゲの鬼太郎」レビュー | トップページ | 「プリキュア5GOGO!」第二話と冷食の話 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/40060963

この記事へのトラックバック一覧です: 「しゅごキャラ!」第十八話:

« 「ゲゲゲの鬼太郎」レビュー | トップページ | 「プリキュア5GOGO!」第二話と冷食の話 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ