« プリキュア5GOGO!(ちょっと)と七曜の話 | トップページ | 強訴と審議拒否戦術 »

2008年3月27日 (木)

春秋左氏伝データベース

陰暦 二月十九日

 更新しました

春秋左氏伝データベース(EXEL)file

 サイトの不調で投稿が消えてしまいました。それにしても、メンテナンスするのはいいんだけれど、そのあとまともに動かなくなるんじゃ意味がないよな・・・

 桓公の即位後すぐに、魯は同盟相手を宋から斉に変えて、宋を攻めています。桓公の母親が宋の公室の出身であるにもかかわらずです。羽父のクーデターは斉の襄公と示し合わせてのことであった可能性があります。襄公は妹を魯に妃として送り込みました。文姜です。

 お家騒動を起こした諸侯の妃の姓をみると、羌族が多い。周公旦と召公を追放した邑姜、魯の桓公の妃文姜、息子を追放して政権を握った芮姜。また、羌族には近親相姦の記事も多いです。

 おそらく、周の諸侯の中でも羌族は異質の存在で、男女の平等意識が強く、女性が政治に口を出すことに抵抗感がなかったのと、同族婚のタブーがなかったのだと推測されます。羌族が特別淫乱だったのではなくて、これは夏系諸侯との文化の違いでしょう。それに、どうやら羌族は美人が多かったらしいし(例:衛の荘姜、「詩経」で美しさと人格の高雅さが繰り返し謳われている)。

 周王室と鄭は、桓王と荘公の代になって関係が悪化しました。血縁が疎遠になったのが理由でしょう。周王室の動揺によって、西方諸侯の監視が緩み、曲沃(後の晋)の勢力が伸長しました。

 曲沃領主荘伯鮮は桓叔成師の子にしては活躍年代が遅すぎるので、孫の可能性があります。あるいはほとんど無関係で系図を偽っているのかもしれません。後に晋が北狄と同盟関係を結んでいることから推測するに、呉のように辺境の部族が周王室の末裔を自称した可能性があると私は思います。

 この頃はまだ荀や賈といった、晋の家臣となる家柄が諸侯扱いされています。曲沃が勢力を広げていく過程で、周辺の諸侯を被官化していったことがわかります。

« プリキュア5GOGO!(ちょっと)と七曜の話 | トップページ | 強訴と審議拒否戦術 »

歴史:権門勢家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/40644283

この記事へのトラックバック一覧です: 春秋左氏伝データベース:

« プリキュア5GOGO!(ちょっと)と七曜の話 | トップページ | 強訴と審議拒否戦術 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ