« ちょっとしたパニック | トップページ | 「しゅごキャラ!」第二十三話 »

2008年3月14日 (金)

リスクシナリオ

陰暦 三月七日

 あの後風呂に入りながらつらつらかんがうるに、マイナス金利で借金塩漬けの状態でインフレが進行すれば、ハイパーインフレになって借金帳消しの可能性があることに気がつきました。

 物価と比べて借金は塩漬け、ハイパーインフレで毎月の給料まで自動的に数%上乗せされるという状態になれば、借金を返さなくても経済は回るようになります。そのかわり小金持ちと年金生活者はおだぶつです。事実は小説よりも奇なりですから、案外こっちの方が正解かもしれません。

 米国という社会の性格からして、デフレで金融機関死亡よりも、ハイパーインフレで気持ちよく借金帳消し、貧富の差も減って、生き残った一握りの大金持ちは神のごとき存在に、こっちの方が彼等の嗜好に合いそうです。

 数年後には1ドル=1円になって、その上世界は何事もなかったかのように平穏、そんな気がして参りました。まあ、九割冗談で一割本気です。

« ちょっとしたパニック | トップページ | 「しゅごキャラ!」第二十三話 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/40490865

この記事へのトラックバック一覧です: リスクシナリオ:

« ちょっとしたパニック | トップページ | 「しゅごキャラ!」第二十三話 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ