« しばらく更新を休みます | トップページ | 地方分権が確実に進むわけ »

2008年5月31日 (土)

「しゅごキャラ!」第三十四話

陰暦 四月廿七日

 お化け屋敷と評判の洋館をガーディアン達が視察。生徒会がこんなことまでしなければならないとは大変です。

 あむちゃんは怪談が大の苦手で及び腰です。真城さんからさんざんからかわれてしまいました。ややちゃんはこういうのは大好きみたいです。目を輝かせていました。今日のややちゃんは特に可愛かったです。

 それでお化けの正体は数ヶ月前までこの洋館に家族で住んでいた少年のしゅごキャラでした。画家のお祖父さんに憧れて絵描きになりたかったのですが、お祖 父さんの死後家庭が崩壊して、夢を諦めかけていたのでした。それと洋館に近づく人をおどかしていたこととの繋がりがよくわからなかったです。少年の大事な おじいちゃんの家を守ろうとしていたのかもしれません。

 似たような境遇にある真城さんが少年に気を遣っていました。最後には元気づけようと笑顔で接するなど、彼女の心も徐々に融けてきてい るようです。久々にこのアニメの主題に沿ったお話でした。無理にイースターがらみの話を持ってこなくても、こういう展開で埋めるのも悪くないと私は思いま す。

« しばらく更新を休みます | トップページ | 地方分権が確実に進むわけ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/41383122

この記事へのトラックバック一覧です: 「しゅごキャラ!」第三十四話:

« しばらく更新を休みます | トップページ | 地方分権が確実に進むわけ »