« 行政に関する錯覚(一) | トップページ | 長崎へ行ってきました »

2008年7月19日 (土)

行政に関する錯覚(二)

陰暦 六月十七日 【土用】【小倉太鼓祇園】【厳島神社管弦祭】

 また、無駄を減らせばいくらでもお金が生み出せると言う人達がいます。日本の歳出は約80兆円です。そのうち国債の返済が20兆円。ですので使うことができるのは60兆円です。

 60兆円のうち、20兆円は年金や医療や失業保険に使われています。歳出を一番呑み込んでいるのは我々国民です。次に15兆円は地方交付税交付金で、地方に流れます。これは自治体職員の給料や自治体の公共事業などに使われています。

 こうなると残りはもう25兆円しかありません。

 その内訳は、公共事業費7兆円、文教費5兆円。防衛費5兆円。その他が8兆円です。

 公共事業費は一時期は10兆円以上あったと思いますから、かなり減らされました。そろそろ道路の老朽化などが目立ってきており、これ以上減らすのは返って国民の生命を危険にさらすでしょう。

 文教費が全然足りないのは誰もが賛成してくれると思います。

 防衛費には色々な考え方があるでしょうが、日本の国力と守るべき国土・領海・領空の広さに対して5兆円は少なすぎる額です。

 というわけで、削ることができるのは残りのその他8兆円ということになると思います。

 さて、国家の財務というのは、使うセクターごとに分けられていて、民間の会社のように会社全体の人件費、設備費、というような分け方は元来しないようになっています。このことが国家財政が豊満になった理由の一つだと思います。

 「国家公務員給与等の実態」(人事院)によると国家公務員の人数は約28万人(自衛隊を覗く)。平均給与月額が40万円ですので、年収は480万円、これにボーナスが加わるはずですので600万円になるでしょう。

 したがって国家公務員の給与総額は
   600万円X28万人=1兆6,800億円
 程度になります。案外少ないです。国家公務員が全員無給で働いても2兆円に届きません。ですので、減らすにしても国家公務員の給与は無理ということになります。天下りして変なことをしている人達はともかくとして、今現在国家公務員をしている人を叩いたところで、満足されるのは私達のさもしい嫉妬心だけで得るところはありません。

 さて、その他8兆円の内訳は、
    エネルギー対策 8,600億円
    食糧安定供給 8,600億円
    恩給 8,500億円
    経済協力(経済援助) 6,700億円
    中小企業対策 1,800億円
    その他経費 4兆9千億円
    予備費 3,500万円
 です。恩給は戦前の公務員への年金や元軍人及び戦死者の家族に払われるものなので減らすことはできませんし、今後減る一方なので考慮の外に置きます。経済協力はかなり減ってしまいました、資源の確保と国際平和のためにはむしろ増やさなければならないでしょう。中小企業対策費も少ないような気がします。というわけで、減らすとしたらエネルギー対策、食糧安定供給、その他経費しかなさそうです

 こうしてみると、温室効果ガス削減のために新エネルギーを開発するのだという主張の影にはエネルギー対策費の確保が、零細農を救えという主張の影には食糧安定供給費の確保が見え隠れしているのがわかるでしょう。

 それとその他の経費5兆円弱というのがよくわかりません。国家の歳出では資料がないので、自治体の方を調べると、どうやら消耗品の購入費や、民間業者に委託する事業の経費をこれに含めるとあります。

 というわけで錯覚の第二は、公共事業費と人件費を削れと言うもので、本当の無駄は「その他」に隠されているこまごまとした支出といえます。

 ただまあ、これら8兆円のうちどこまでが必要なものでどこからが無駄なのかは、素人である私にはわかりません。せめて1割の8千万円でも削減できれば、来年度に控えている年金の国庫負担引き上げ2.2兆円の3分の1に当あたるのですが、さて自公政権にそれができるでしょうか。

 こういうこまごまとした無駄を断ち切るためにはあるいは政権交代が有効であるかもしれませんが、あの民主党に国政を委ねる大博打に打って出るかどうかの決断をするのは、来年度の予算で福田政権がこの「その他」の無駄にどれくらい切り込めるかを見極めてからでも遅くはないと思います。

« 行政に関する錯覚(一) | トップページ | 長崎へ行ってきました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

日本語は面倒臭い所があり同一語の様で有り同一語で無い?そんな文語が多いですね。
〈無駄を無くす〉と〈節約する〉同じようで本質は全然違うんですね。
私の好きな言葉に欲しいものは買うな!必要なものを買え!と云うのがあります。矛盾した言葉てすが好きです。
小さな事からコツコツと!今の日本の財政もこれじゃないですかね。think

書き込みありがとうございますが、使い捨てHNでも結構ですのでお名前を入れてください。

失礼しました。放浪癖を終え気ままに暇を持て余してるオッサンです。気にしないでください。時代小説は読みますがアニメコミックは年齢が許しません。

よんじゃるさん、初めまして。

経済も財政も一時期の危機的な状況は脱しましたので、国民もそう切羽詰まって思い詰めずに、どういう日本にしたいのか、じっくり考えた方がいいんじゃないかと私は思っています。

じっくり考えた結果としての政権交代ならそれでもいいんですけれどね。

今のままだと、訳のわからぬ危機感に迫られて政権交代してみたものの、新政権も国民も何をどうしたらいいのかわからず立ち往生、議院内閣制に対する嫌悪感ばかりが残る、という結果になりかねません。

なんにしても、政策の意味がわかる人間としては今の民主党を支持することはできません。デマゴーグとしての小沢代表の能力はなかなかのものだと思いますけれども。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/41888443

この記事へのトラックバック一覧です: 行政に関する錯覚(二):

« 行政に関する錯覚(一) | トップページ | 長崎へ行ってきました »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ