« 政界シミュレーション | トップページ | 七夕伝説 »

2008年10月 5日 (日)

「しゅごキャラ ドキッ!」感想

陰暦 十月七日

 しゅごキャラが二年目突入。ここまで人気が出るとは思いもよらず。PEACHI PIT先生お見それしました。

 オープニングのアンスコ(ということにしておこう)大写しには度肝を抜かれました。パンチラは昔から数あれど、下から大写しはなかったと思う。さすが累 計二百万部、時価十億円の少女はやることが違います。日本アニメの古き良き伝統の復活に乾杯。がんばれあむちゃん、講○社の未来は君の双肩にかかってい る!

 オープニングで撫子様の生存を確認。良かった良かったちゃんと出してくれるらしい。なんか一人だけ昭和四十年代の少女漫画みたいな新キャラが混じっていました。どんなお方なんでしょうか?

 初日はとりあえず一年目の総集編。いろいろなことがあったけれど、結局話は何も進まなかったような。あむちゃんとりまちゃんが仲良くなったくらいか。二年目はもうちょっとキャラを成長させて下さい。

 私としては結木ややちゃんのファンになりつつあります。この子が一番まとも、むしろあの作品の中で唯一まともな感性の持ち主なので、見ていてホッとします。わけのわからん鬱展開をややちゃんに負わせたりしたら○談社ヌッコロス!

« 政界シミュレーション | トップページ | 七夕伝説 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/42694562

この記事へのトラックバック一覧です: 「しゅごキャラ ドキッ!」感想:

« 政界シミュレーション | トップページ | 七夕伝説 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ