« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月30日 (日)

インドの病理(二)

陰暦 十一月三日

 国民会議派のネルー一族は両者の融和に努めました。インディラ・ガンジーは特に不可蝕賤民の保護に心を砕いたのですが、それがヒンドゥーの反撥を招いて 暗殺されてしまいました。ネルー一族に反対する陣営は(野党も国民会議派内部も)不可蝕賤民優遇策への反撥を煽ってついに90年代にネルー一族を政治の中 枢から排除することに成功してしまいます。それ以降、不可蝕賤民が多くを占めるムスリムは暴力闘争に傾斜をしていきました。

続きを読む "インドの病理(二)" »

2008年11月29日 (土)

インドの病理(一)

 インドのムンバイで大規模なテロ事件が発生しました。死者が二百人を越えるという報道もあり、日本人も少なくとも一名殺害されてしまいました。犠牲者の冥福をお祈りします。

 テロが許せないのはもちろんですが、今回の事件はインド社会の根深い病理が吹き出したもので、インド好きとしては無言でいることはできないので少し解説をしておきます。

続きを読む "インドの病理(一)" »

2008年11月28日 (金)

わたしとわたし

陰暦 十一月朔日

 「エスパー魔美」を見る。これも何度鑑賞しても色褪せない作品の一つ。渡辺裕さんと佐久間レイさんがゲストキャラで共演していた。佐久間さんって思っていたよりも前から活躍していたようだ。

 佐久間さんで思い出したが、朝の連続ドラマ「だんだん」の筋を母から聞いた。両親が離婚して、お互いを知らずに育ったふたごが長じてからばったりと出 会って、そりゃ「わたしとわたし」(原題「二人のロッテ」)やんけ!あれも面白かった、なぜか話題になることが少ない作品であるが。隠れた名作だと思う。 DVDは出ているのだろうか。

 主役のロッテ(妹)が佐久間レイさんで、ルイーズ(姉)が鶴ひろみさん。小説は妹が主役みたいだけれど、アニメは両方ともに光が当たっていたと思う。私のこのみはおきゃんなルイーズの方であった。

二酸化炭素は究極の肥料

陰暦 十一月

 急に寒くなってきた。八〇年代ごろまでの季節のパターンに戻ってきているように感じる。昔(というほどでもありませんが)は十一月の下旬というのは底冷 えをするものでした。これまで温暖化とされていた気温の変化は、二十年くらいのサイクルの変化に過ぎなかったのではなかろうか。

続きを読む "二酸化炭素は究極の肥料" »

2008年11月27日 (木)

どうもわざとくさい

陰暦 十月三十日

 麻生総理が社会保障関係でいかにもマスコミから切り貼りされそうな際どい発言を繰り返している。ここまでくるとワザとなんじゃないかという気がする。社会保障についての国民的な議論を巻き起こしたいのだろう。

続きを読む "どうもわざとくさい" »

2008年11月26日 (水)

牧場の少女カトリ

陰暦 十月廿九日

 今日も「牧場の少女カトリ」を見て和む。イーネス婆さんの意地悪もそれほどひどくないので見ていられます。セーラの場合は意地悪を通り越して虐待なので見ていられませんでした事実小学校一年生であった私はいたたまれなくなって二ヶ月くらい見るのをやめました。

 イーネス婆さんがえらいと思うのは、カトリの学力をテストして、それにカトリが合格したらきちんとカトリの実力を認めて、同じテーブルで食事をとること を受け入れているところにあります。文句を言いつつも、カトリの出自と実力を分けて評価することをわきまえているというわけです。

 カトリもイーネスから自分の学力がを正当に評価されていることが分かるので、卑屈な気持ちになることなく、イーネスと同じ屋根の下で生活ができるのだと 思います。こういう偏屈なら私も受け入れることができます。嫌いだけれど、才能は受け入れる、そういう人格に深みを持つキャラクターが最近のアニメやドラ マには欠けているように思います。

 イーネスとセルマの掛け合いが面白い。これは数年前に見たときは気がつきませんでした。牧場の少女カトリの脚本には全般的に温かいユーモアがあります。

2008年11月25日 (火)

外交得点なんてあげる必要ないよなあ

陰暦 十月廿八日

 麻生さんが金融サミットやAPECといった一連の外交日程を終えました。一部のマスコミが「成果が上がっていない、海外から評価されていない」と文句を垂れているけれど、今海外から喜ばれるのは何かっていうと、要は金を出すことに尽きます。

 今の欧米に金をつぎ込んだところで消えてなくなるのが落ちだから、お人好しにお金を出して評価なんかされる必要はないですわな。

 日本のお金がほしければどうぞIMFに支援を要請して下さい。

続きを読む "外交得点なんてあげる必要ないよなあ" »

2008年11月24日 (月)

うららXシロップでニヤニヤ

陰暦 十月廿七日

「プリキュア5GOGO!」
 待ってました、うららとシロップの小さな恋の物語。最初から最後までツーショット満載、アイコンタクトいっぱい、おじさん大満足です。

 ミュージカルの主役のオーディション最終審査までこぎ着けたうらら、今回はいつにも増して真剣です。一人公園で練習するうららそこにやってくるシロップ、ジュースをうららに渡します。いつもぶっきらぼうなシロップもうららにだけは気が利きます。ニヤニヤ(・∀ ・)

続きを読む "うららXシロップでニヤニヤ" »

2008年11月23日 (日)

なぜ民主党が急に強攻策に転じたのか

 なんで急に金融法案と給油法案の委員会採決の前日になって民主党執行部が強硬になったのか不思議だったけれど分かった!

 参議院本会議で欠席議員が出て与党案が可決される可能性が高かったからだ!

 ということは参議院民主党は今後は本会議で採決ができなくて全て60日みなし否決をするしかないということか。そこまで党内で不満がたまっていると言うことですね。もうあと一押しだな。

続きを読む "なぜ民主党が急に強攻策に転じたのか" »

鶏肉のトマト煮込み

陰暦 十月廿六日 【新嘗祭】【笠間稲荷献穀献繭祭】

 昨日「堺正章のチューボーですよ」で作っていた鶏肉のトマト煮が非常に美味しそうだったので作りたくなりました。ただし財布の中身は650円のみ。

 298円のカットトマト、248円の鶏の胸肉、100円のパプリカ、〆て646円。買ったのはこれだけ、残りは買い置きの材料で間に合わせました。

続きを読む "鶏肉のトマト煮込み" »

2008年11月22日 (土)

呉服を着て正座をする孔明

陰暦 十月廿五日 【小雪】【高千穂神社夜神楽祭】

 「赤壁(RED CLIFF)」を見てきました。話も面白く、考証もしっかりしていてすごくよくできた映画でした。お勧めです。劉備の息子をおぶって戦う趙雲がかっこよかった。関羽と張飛はイメージにぴったりでした。三国志はやっぱカッコイイ。

 支那が舞台ですが、登場人物が床に正座したり、和服と同じ服を着ていました。お茶碗にご飯をよそって食べていました。靴を脱いで家に上がっていました。これには驚きましたが、でも確かに、こっちのほうが時代考証的には正しいのです。

 古代の支那の生活習慣は、日本の方に残されていますので、曹操や孔明はむしろ我々と似た生活をしていたはずなのです。支那の文化は三国時代以降の北方騎馬民族の侵入によって大きく変化してしまいます。

 ただし戦闘シーンがリアルすぎるので、血が苦手な人は注意してください。青銅製の武器で叩き切られたら痛そうだなあ、鉄器と違って切れ味が悪いだけに・・・

 それにしても関羽と張飛以外は全員髪型が同じで役者の顔も似ているので誰が誰だか分からん。

2008年11月20日 (木)

今回のテロと政局とは関係がない

陰暦 十月廿三日

 どういう背後関係があるのかは捕まえてみるまで分かりませんが、何はともあれテロを起こしてでも世の中の不安を煽ってやろうという人物もしくは組織がいるようでここ数日立て続けに不穏な事件が発生しています。

・厚生労働省元次官・家族襲撃事件
・トヨタ小倉工場建設請負業者に脅迫文
・JR東日本八王子変電所で火災

続きを読む "今回のテロと政局とは関係がない" »

2008年11月19日 (水)

テロへの憤りとメディアに猛省を求む

陰暦 十月廿二日 【下弦】

 友達が官僚になって分かったことですが、官僚はほとんどが真面目であまり欲がない人達です。近ごろ問題になっていることは、巨大な組織を動かす上で避けがたい不具合とか小さな個人と大きな組織の感覚のズレによるものであって、官僚が積極的に国民を困らせてやろうとして発生させた問題ではありません。

 人殺しが許せないのはもちろんですが、行き過ぎた官僚叩きが、ついに犠牲者を出してしまったといえます。メディアに関わる人達は、自分の言動には、人の命を奪う力があるということを自覚して欲しいです。

続きを読む "テロへの憤りとメディアに猛省を求む" »

2008年11月18日 (火)

スパイ戦争

陰暦 十月廿一日

 「ヒトラーが恐れた男」レオポルド・トレッペル著、堀内一郎訳 三笠書房 を読んでいます。1939年から42年にかけてドイツとその占領地でスパイ網「赤いオーケストラ」を組織して枢軸国の国家機密を次々とソ連にリークしてドイツを震撼させたスパイの自伝です。

続きを読む "スパイ戦争" »

2008年11月17日 (月)

ご来店ありがとうございました

陰暦 十月廿日 【談山神社例祭】【戎講】【誓文払い】

 蒲田で開かれたコミッククリエイション20に参加してきました。そして、四人の方が合計五冊桜小径の本を買ってくださいました。本当にありがとうございます。同人誌販売会で買ってもらえたのは初めてです。とても嬉しかったです。

 初めての売り上げに舞い上がってしまい、一人目のお客さんに1000円で売るところを、間違えてお釣りを100円出して900円で売ってしまったのは内緒だ!

 次回は2月あたりに予定しています。スケジュール的に第三話を仕上げるのは難しいかもしれませんが、よろしければおいでくださいませ。

私はたぶん三人目だから

 また審議拒否ですか。さすがにそろそろ政治オタク以外も民主党のダメさ加減に愛想が尽き書ける頃ではなかろうか。

 民主党の執行部はよっぽど3月末日の決算を公開したくないのでしょう。選挙にしてわやくちゃにして解散の目論見を外した事による大損害を誤魔化すしか道がないのでしょうね。

 そもそも部下には選挙活動を強要している小沢氏は立候補予定地をまだ決めていません。なぜなら、自分の選挙事務所を開いて自分の財布を傷めたくないから。遊説は党のお金でできるので自分の財布は痛まない。

 この人本当に「境界性人格障害」なんじゃなかろうか。ここまで他人と自分に別の基準を当てはめられるのは、悪い性格を通り越して、病的な匂いがします。境界性人格障害だとすると、困難に陥った際にパニックを起こしたり、都合が悪くなると人格が入れ替わったりするので、ますます総理大臣にすることはできません。

 日本が恥を描くくらいならまだ良い方で、積極的に日本を窮地に陥れて、部下や国民が右往左往する様を見て喜びかねません。境界性人格障害というのはそういうものです。

2008年11月16日 (日)

大変なのは分かるが

陰暦 十月十九日

アイスランド大統領、デフォルトに理解を求める

続きを読む "大変なのは分かるが" »

2008年11月15日 (土)

自業自得

 解散というのは総理の専権事項で、ここ五十年間これに疑問を差し挟む人は野党ですらいなかったのに、急に野党のいう通りに解散しないのは悪いこと、みたいな意見が出てきているのはなぜだろう?

 まあある人の推計によると、今回の騒動に乗せられて民主党は20億円以上の金をすってしまい、来年の中頃に選挙となると、活動資金が足りなくなるから必死らしいのですが、それだからって総理の悪口を言うのはお門違いではなかろうか。

 「どうしてくれるんだ!」と内側から責め立てられているのでしょうね、だから麻生総理に責任転嫁。小沢氏は自分の責任を認めることができないので、まだ候補者を駆り立てていますが、このまま行くと民主党の候補者は消費者金融にでも手を出さないと活動ができなくなってきます。

 いいかげん民主党の中の人達も、自分の頭で考えて行動しないと、党が潰れるだけではなく、自分個人の生活も破綻させられるでしょう。

勤勉が一番

陰暦 十月十八日

 欧米のエリートの経済運営のデタラメさと巻き込まれた庶民の惨状に軽いショック状態に陥った私は、「牧場の少女カトリ」を数年ぶりに押入から引き出してきて鑑賞して自分を取り戻したのであった。カトリのようによく学びよく働くことが一番です。悪銭身に付かず。

 「牧場の少女カトリ」の第四十話「道連れ」にじんわりと感動。登場人物の気遣いと世間知、それい絶妙な間とゆったり流れる時間。この第四十話はカトリの中でも珠玉の話だと思います。

 それにしてもこういうエピソードに感動するとは、私も相応に歳を取ったと言うことでしょう。

 私は何時までも若くいたいとは思いません。年齢にあった生き方をしたいです。全く実践はできていませんけれど(笑)

2008年11月14日 (金)

次の段階へ

陰暦 十月十七日

 酔っ払っているので放談です。

民主党が党首会談を提案

きました、泣き落としですね。民主党はよっぽど国会がお嫌いなようです。党首が元老となって政治を壟断する寡頭制でも夢見ているのでしょうか。党首会談ならば自民党も民主党もただの一票になりますからね(笑)

 勿論麻生総理は情にほだされてはならず、公明正大な国会討論以外は受けるべきではありません。そもそも党首というだけで特権的な発言権を与えてしまう党首討論ですら、私の感覚では日本の憲政には馴染まない気がするくらいです。

続きを読む "次の段階へ" »

2008年11月13日 (木)

あくまで頭の体操ということで真に受けないでね

陰暦 十月十六日【望】

 米政府が米国版不良債権買い取り機構を設置せずに、財務省の準備金の用途を金融機関(銀行となっていないのでローン会社も含める?)への資金注入に専念させる意向を表明した。

続きを読む "あくまで頭の体操ということで真に受けないでね" »

2008年11月12日 (水)

やっちゃってください、麻生さん

陰暦 十月十五日

高所得者の課税強化 自民税調  

 ほう、ここまで・・・こりゃ麻生政権は最早中道左派というべきかも(^^;

 私は以前は、内需の拡大のために高所得者の課税を緩めるべきだと思っていました。けれども連中は儲けた金を海外に投資して私腹を肥やすことしか考えなくて、一向に日本で使ってくれないので、どうぞどうぞ昔並みの高税率に戻してやって下さい。

 あなたが人並み以上に稼いだお金は、医療費や教育費や年金となって、日本国民の幸福を増進させます。

 才能を流出させないためには、企業、研究機関、スポーツクラブなどが才能に十分な報酬を払えばいいだけであって、税金でどうこうすべきものではありません。税金逃れのために住む場所を変えるような才能は日本には必要ありません。それにどうせこの先先進国はどこも財政赤字が増えて所得の捕捉が強化されます。逃げ場はありません。

 こうなってくると、参議院の"お灸"も悪くはなかったのかなと思えてくる(爆)

続きを読む "やっちゃってください、麻生さん" »

2008年11月11日 (火)

国民を乞食にしてはいけない

陰暦 十月十四日

 米国の金融危機が、住宅向けローンから、耐久消費財のローンに飛び火し始めた。家電量販店のサーキット・シティが倒産、アメックスが銀行に業務転換して財務省から支援を受けることになり、ビッグスリーも資金不足に陥っている。

続きを読む "国民を乞食にしてはいけない" »

2008年11月10日 (月)

「しゅごキャラ!どきっ」と「プリキュア5GOGO!」の感想

陰暦 十三日

「しゅごキャラ!」
 王子と相馬君を女装させるなぎひこ様の心の声

(1)無理矢理女装させられる苦しみをお前らも味わえ!
(2)女装の素晴らしさをきみたちにも教えた上げるよ、フフフ

続きを読む "「しゅごキャラ!どきっ」と「プリキュア5GOGO!」の感想" »

2008年11月 9日 (日)

踏みとどまっている

陰暦 十月十二日

 麻生内閣も株価大暴落と消費税引き上げとまあ悪材料が出まくりな割りには支持率40%でこれはかなり好成績というべきではないかと。今選挙をやるのでなければ、この瞬間に支持率が高くある必要はないわけで。底が40%というのは大したものです。

 あとは景気の浮揚で上乗せするしかないのでしょうね。ここから先は麻生さんの努力で上げてもらうしかない。麻生ファンのつぶやきでした。

続きを読む "踏みとどまっている" »

仲間を捜して三千里

佐渡で放鳥の朱鷺、100km離れた本州で確認

 力強く羽ばたく朱鷺の姿を想像するのは楽しい。

 けれども彼女の長翔が仲間を求めての旅だとしたら、これほど哀しい話もなかろう。

 せめて多摩動物公園にたどり着いてくれれば・・・しかし日本中を探し求めて見つけたのがやはり檻の中にいた仲間だけだったというのもやるせない。どうか彼女が最終的に幸福になってくれることを願って已まない。

2008年11月 8日 (土)

自然保護はどこまで進めるべきか

陰暦 十月十一日

 行き過ぎたマネーゲームが収束し、株式も不動産も、二十年くらいのスパンで上がりから元手が取れるレベルまで価格が下がったのは悪いことではないと思っています。実業と金融はお互いバランス良く発展しなければなりません。

 金融危機で穴を開けた人や、一旗組は、今後しばらくは二酸化炭素取引で、お金をかき集めてドロンしようとする可能性があります。これについては今のうちに芽を潰して再びバブルによって大勢が不幸になる過ちを防がなければなりません。

続きを読む "自然保護はどこまで進めるべきか" »

2008年11月 7日 (金)

二酸化炭素バブル

陰暦 十月十日 【立冬】【出雲大社神迎祭】【亥の子餅】

 オバマ政権は二酸化炭素取引でインチキバブルを目論んでいるという電波をキャッチした!

 温室効果ガス脅威説はインチキだからやめた方がいいと思う、又十年後にぼろが出てバブルが弾けて、さすがに今度は誰も米国を助けてくれないでしょう。国民は怒り狂って革命が起こるでしょう。

続きを読む "二酸化炭素バブル" »

2008年11月 6日 (木)

民族の十字路

陰暦 十月九日

 なんか更新しないと落ち着かない。人はこうしてブログにはまっていくものなのか。

 ペルシャや中央アジアのあたりの歴史を調べていると、いつの時代もカフカス山脈から新手の蛮族が登場します。あんな山がちな地形でそうも人が次々と生み出されるとは思えないので不思議です。

 東から西へ行こうとしたら、必ずあのあたりを通らなければならないので、西の人からしてみると常にあのあたりからわけがわからん遊牧民が出てくるように見えるだけなのでしょうか。

 アルメニアやグルジアには一度行ってみたいとは思いつつ、当分旅行ができるほど落ち着くことはなさそう。帝政後期もしくはソヴィエト時代が一番安定していたのかもしれない。グルジアもクロアチアもレバノンもかつては有名な保養地であったのに見る影もありません。

 スキタイの墳墓や副葬品は古代の日本と似ているような気がする。やっぱり日本には北アジアの騎馬民族が入ってきていたんじゃなかろうか。それが支配階級の主流であったかどうかはともかくとしても。

2008年11月 5日 (水)

吉と出るか凶と出るか

陰暦 十月八日

 米国の次期大統領にオバマ氏が選出されることになりました。まずはおめでとうございます。

 経済的にはこれは慶賀するべき事で、オバマ政権には、年にGDP比10%政府債務を拡大する勢いでガンガン公共事業を打ち出して、米国のデフレ不況転落を防いで欲しいです。そのくらいやらなければ米国は経済的苦境を脱し得ないでしょう。

続きを読む "吉と出るか凶と出るか" »

2008年11月 4日 (火)

英国政府には隠れ借金があるそうな

陰暦 十月七日

 英The Economist誌の最新号を読んでいたらズッコケてしまった。英国の政府借金が増えているという記事で、銀行救済によって政府債務がこの数ヶ月でGDP比5%急増して、労働党政権が健全な範囲としていた40%を超えてしまったということだった。

 しかし、この記事によると、英国は年金とか病院とかの社会保障その他の仕事を政府の外郭団体に委託していて、それらの団体が持つ借金は民間部門の借金として計上されており、これをもし政府債務として計算すると、政府債務は一気に二倍になるということだった。

続きを読む "英国政府には隠れ借金があるそうな" »

2008年11月 3日 (月)

山手線一周の旅(二)

陰暦 十月六日

 博物館の書店で漫画の資料にする考古学の写真集を五冊入手。さすがは国立博物館、ずっと探し求めていた埴輪や装身具の写真集が揃っていました。けれども おかげで秋葉原ではアニメのDVDは我慢しなければならなかったわけですが仕方がありません。本は見つけたときに買っておかなければなくなりますから。

続きを読む "山手線一周の旅(二)" »

地方で自民党がやや復調(追記)

 つくば市、釧路市そのほか地方の選挙で自民党が復調しています。

 古賀さんが頑張っているのでしょうか。何となく好きになれない人ですが、さすが戦い方をわきまえているなと思いました。

 地方を重視する小沢氏としては地方から徐々に地盤を食いちぎられるのが一番嫌なのではなかろうかと思います。ちょうど小泉政権末期から安倍政権にかけて自民党がやられた作戦です、今度は攻守逆転といったところ。

 東京都議会戦を一つのピークとして、徐々にねちねちと民主党の体力を奪うのが肝要かと。シャチの弁当箱みたいなもんですね。そして補給線が延びきったところを叩く!

 今の民主党はガダルカナルまで突出してしまった帝国陸軍です。地方選挙は南洋に散らばる小島。臨時国会はガダルカナル島。インド洋給油法と第二次補正予算が通れば、あとは敵は撤退するしかなし。

 それにしても給油がキーになっているところまで同じとは、因果は巡る糸車とはよくいったもの(^^;

続きを読む "地方で自民党がやや復調(追記)" »

2008年11月 2日 (日)

山手線一周の旅(一)

陰暦 十月五日

 昨日は東京見物をしてきました。

 まず新宿から山手線外回りに乗って池袋に、三越のFortnum & Masonで紅茶を買いました。私は紅茶はFortnum & Masonが一番美味しいと思っているのですが、近ごろスーパーで見かけなくなってしまいました。インターネットで検索した結果、池袋三越にお店を出して いることがわかりました。

Fortnum & Mason JAPAN

続きを読む "山手線一周の旅(一)" »

2008年11月 1日 (土)

解散していれば様になったのにね

【灯台記念日】【計量記念日】
陰暦 十月四日

 国立博物館へ行って大琳派展を見てきました。やはり風神雷神屏風は素晴らしい。鈴木其一の家鴨と鶴も良かったです。それと日本武尊の絵も良かった。

 「ふしぎ星の☆ふたご姫」のDVDを四枚買う予定だったのに、博物館を出たときには二枚分が考古の写真集に化けていました。いと不思議。

 秋葉原に寄ってファイン様のDVDを買ったあとに、日本橋の高島屋へ皇后陛下の写真展を見に行ったら終わっていた(T T)なんだよ、文化の日まではやっているかと思ったのに。

続きを読む "解散していれば様になったのにね" »

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ