« 「しゅごキャラ!どきっ!」感想 | トップページ | ああうっちゃしい »

2008年12月 2日 (火)

麻生さんも大変そうですが

陰暦 十一月五日

 最近の報道は物事の内容を解説しないで、何か出来事があったこと自体を悪いことのように報じますからね、一時補正予算に関連した諸法規を通してからでないと、この先の収支が確定しないので、今第二次補正予算案を出しても穴だらけになって、年明けの国会が紛糾して平成二十一年度予算の審議に差し支えることが目に見えています。

 それに何をやるかは第一次で決まっているので、第二次は二月三月に必要になるお金の算段をするだけで、第二次で何か新しいことをするわけではありません。ですので、よしんば第二次補正予算案が今年中に国会に提出されたとしても景気対策には何も変化はありません。

 麻生総理も大変でしょうが、今のうちに民主党とマスコミに撃たせるだけ撃たせて、弾丸を尽きさせればよいのではないでしょうか。いつまでも続かないでしょう。それに「さすがに近ごろのマスコミはおかしい」という声が、普段そういうことをいわない人からももれてきました。民主党とマスコミの皆様には三月の決算で地獄を見てもらいましょう。選挙報道なんてボーナスはありません。来年の九月までテレビ局があればいいですね。

 選挙の日程を動かすことができない参議院ならともかく、時期が総理大臣の一存で決まる衆議院選挙の戦略を見切り発車で行うのは危険が大きすぎです。フライイングをすればフライパンの上でタップダンスをさせられることは目に見えています。

 今の日本はちょうど阪神大震災直後の大阪や京都みたいなもので、震災の直後は震源地の人は状況は悲惨だけれど生きていくだけで手一杯で驚いたり悲しんだりする余裕がないので、むしろ気丈であるようにすら見えることがあります。

 それに対して、被害は小さかった大阪や京都では、身近な神戸や淡路島の惨状がテレビで流れましたので、精神的に不安定になった人が増えました。災害の直後は、被害者よりも、安全地帯にいる人の方が、恐怖や不安を感じるものなのです。

 金融危機の震源は欧米で日本は大阪京都のようなものです。欧米の人は、目前の危機に対処するのに忙殺されていて、あまり沈んでいるようには見えません。それに対して、まだなんとかなっている、不況になったとしても、調整で済む日本人の方が、「この世の終わりが来た」といった不安にとらわれています。

 私はオバマ次期大統領の経済政策は最終的には成功すると思っているのですが、デフレ時に公共投資をやっても、谷の深さが少しマシになるだけで落っこちることには変わりないので、春くらいから欧米で「あれだけ公的資金をつぎ込んだのに全然景気が回復しない、町には失業者があふれ、借金で破産者続出、一体どうなっているんだ!」という不満が高まるはずです。

 震災でも、当面の命の危機が去ってから、被害者に苦しみが襲ってきました。

 本当の被害者が苦しみ始めると、逆に周囲の人の方は冷静になってきます。

 与党もその時までにきちんと予算を通し、四月になって国民が冷静になってから、福祉の立て直しという意義ある課題に取り組めばいいと思います。

 ただまあ、実業界の中には、福祉を充実させると企業の留保が減ると信じ込んでいる人もいますので、こういった連中が倒閣のもうどうをすることだけは注意する必要があるでしょう。しかし福祉を充実させないことには日本人のお財布は開きません。こういった我利我利亡者にもはやく真実に目を向けて頂きたいものです。


ところで・・・


公益法人への支出37%可能(讀賣新聞)

官僚もこういうことするからなぁ、早くから自発的に削らないから今みたいに信用をなくすんですよ。この調子なら国民年金の国庫負担分引き上げくらいは増税なしでもいけるんじゃないのか?

半年くらい前に「その他の出費」にどれだけ福田総理が切り込めるかで、自公政権の良し悪しを判断するといいましたが、まあ及第点にしておきましょう。ちゃんと報告書を実行してよ、麻生さん。

« 「しゅごキャラ!どきっ!」感想 | トップページ | ああうっちゃしい »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/43289430

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生さんも大変そうですが:

« 「しゅごキャラ!どきっ!」感想 | トップページ | ああうっちゃしい »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ