« 記憶で辿る財政再建vs社会保障(一) | トップページ | 記憶で辿る財政再建vs社会保障(二) »

2008年12月 7日 (日)

"世論"なるものの正体が見えてきた

 今年中に選挙がなければ、麻生政権が解散に打って出る説の言い出しっぺである新聞の偉い人の首が飛ぶ、という噂が流れているのですが、これって讀賣新聞のことだったのか。朝日かと思っていたけれど違うみたいですね。

 讀賣新聞のここ数日のなりふりを構わぬ麻生政権攻撃はまことに見苦しい。世界一位の部数を誇る新聞がただの怪文書に成り果てています。これではさすがの讀賣の読者もおかしいと気づくでしょ。

 それとフジテレビの新報道2001の世論調査もおかしいですね。日経新聞では財政再建よりも景気対策が大事という意見が多数派なのに、この番組の世論調査は財政再建派が圧倒的多数になっています。

 おそらくモニターは大企業の社員もしくは公務員そしてがっつり年金をもらっている高齢者(元企業の取締役)なのでしょう。エスタブリッシュメントばかり選んでいるから世論の先行指標だと言いたいのでしょうが、あまりに高尚すぎて私達庶民にはついていけるような指標ではありませんね。

 いい加減ニュースや新聞を社内の権力闘争の道具に使うのはやめて欲しいです。

« 記憶で辿る財政再建vs社会保障(一) | トップページ | 記憶で辿る財政再建vs社会保障(二) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 メディアの世論調査(操作)は、おかしいですよね。いまココで政権放棄する理由は何も無いし、任期を全うし政策を実施することが肝要でしょう。
 「政権交代すれば良くなる」訳が無い。
 会社に来るアンケートの設問自体が、ある一定の結果を求めているようなものが多いしね。

投稿: 保守系左派 | 2008年12月 7日 (日) 17時46分

ネットでの調査を見てみましょう。世論調査.net によると、

http://www.yoronchousa.net/result/5950
期間は11月1日~11月30日、3回までの回答変更あり、という条件。
多重投稿防止機能も入ってるので、ネットでの調査では信頼性があるほうです。これだと内閣支持率は39%です。回答数2000。

ここの良いところはさらに属性別にも見ることが出来る点。
見てみると年代別データで支持率に歴然とした差がありました
若いほど麻生内閣支持率が高く、年寄りほど
不支持が多くなってます。

支持率は
20代では 支持 65%  不支持 28%
30代では 支持 51%  不支持 43%
40代では 支持 34%  不支持 61%
50代では 支持 26%  不支持 71%
60代では 支持 17%  不支持 71%

なんだか30代以下と40代以上の間に大きな壁がある気が・・・
一体なんなんでしょうね?

投稿: NMR | 2008年12月 8日 (月) 18時58分

いくらなんでも一ヶ月で25%も上下するなんて異常です。

マスコミが分かっていて、特定の世代に偏った調査したのか、今の日本人が冷静さを失っているかのどちらかでしょう。

これで返ってマスコミの世論調査なるものの正体が広く知れ渡ったのではないでしょうか。だって私の周りでも中年男性以外はそんなに麻生政権に敵意は抱いていませんもの。

どちらにせよ、このような異常な状態でまともな選挙結果が出るとは思えないので選挙はやるべきではないでしょう。

ただし・・・選挙は全ての世代が投票しますから、意外と自民党は善戦したりして(笑)

投稿: べっちゃん | 2008年12月 8日 (月) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/43346725

この記事へのトラックバック一覧です: "世論"なるものの正体が見えてきた:

« 記憶で辿る財政再建vs社会保障(一) | トップページ | 記憶で辿る財政再建vs社会保障(二) »