« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

宣戦布告もあり得ます

 衆参両院が北朝鮮にミサイル発射自制を求める決議を(共産・社民を含めて)全会一致で議決しました。これにより北朝鮮がミサイルを発射した場合、日本全体を敵に回して戦わなければならないことが明確になりました。

 ミサイルを撃ち落とした場合、北朝鮮は日本と戦闘状態に入ると言っており、場合によっては向こうが宣戦布告をしてくることも十分にあり得ます。国会の意思をはっきりと示すことができて本当に良かったです。政変や選挙で権力が空白状態の時にこの国難が襲ってきていたらと思うとゾッとします。

 北朝鮮が宣戦布告、もしくは日本に向けて何らかの明白な攻撃を行ってきた場合、政府は国会の後ろ盾を得て北朝鮮と戦争をすることになります。向こうが先に撃ってくることを明言しているわけですので、専守防衛の点からも何ら問題はありません。

 政府は、たとえ撃ち漏らしてもいいので、MDを発射させるべきでしょう。空振り三振ならまだなんとかなるでしょうが、見逃しならたとえ向こうが大暴投で日本に被害が出なくても自民党政権はお仕舞いだと思います。

 それにしても風邪で寝込んでいるのでちょこちょことテレビを見ているのですが、マスコミは脳天気だなあ。これは宣戦布告まで進むこともあり得る大変な事態であると言うことがわかっているのだろうか。わかってないんだろうなあ。

ハゲタカは来ない

陰暦 三月五日

 風邪をひいてしまいました。こう気温のアップダウンが激しいと体調を崩してしまいます。山梨は乾燥していたし。

 投機筋にはハゲタカファンドに期待する向きがあるみたいですが、ハゲタカファンドは二度と登場しないと思います。

 ハゲタカというのは要するに、欧米の年金積立金を原資にした投資機関だったんですね。向こうの年金基金もこれから大量に発生する退職者達に年金を支払わなければなりませんので、不良債権を買っている余裕はありません。それどころか、今回の金融危機で原資が底割れしてしまったので、年金を確保するために優良な資産から順に売らなければならなくなるでしょう。

 ハゲタカどころか、北欧では公的年金すら大損害を被っています。先進国で余力があったのは、日本の家計資産と欧米の年金だけでした。欧米の年金はこれから出超になりますから、今後数十年は先進国では資産バブルは生じません。世界中で買い手がいない状態が数十年続きます。

 やるとしたら、支那やインドに年金制度を整備させて、彼等に資産を買ってもらうしかありませんが、これには時間がかかります。

 まあ日本はこれから年寄が貯め込んだお金をいかに使わせるかが課題になってきます。そのうち欧米の金融機関が日本の老人の金を狙って続々と上陸するでしょうね。年寄の資産をいかに海外の金融機関から守って国内で使ってもらうかが大事になってくるわけです。

続きを読む "ハゲタカは来ない" »

2009年3月30日 (月)

女や仕事が「肉」ではなくなったとは考えないのですか?

陰暦 三月四日 【薬師寺花会式】

 「草食男子」という言葉が徐々に広がっているみたいです。女や仕事にがつがつしないという意味らしいですが、結局は男の悪口に落ち着くので好きな言葉ではありません。メディアにとって都合が悪い世の中の変化は全て若い男が不甲斐ないか、中年男性が煙草を吸ってメタボなせいであるとでも言いたいのでしょうか。

 もしかして、女や仕事に魅力がなくなっただけかもしれないじゃありませんか。

 女性が社会に進出するのは大変に結構なことですが、その分女性も男性への興味が薄れているのは間違いない話でして、そりゃズボンをはいて短い髪をして人前で胡座をかくような女が増えれば、男だって苦労してまで女を捕まえようとはしなくなるでしょう。性的欲求を満たすだけならエロマンガとかアダルトビデオとか風俗とかいくらでもあるんですから。

 本多透の「電波男」ではありませんが、男は女のために無駄な出費をするという前提で今の広告会社の経営は成り立っています。彼等としては「女に魅力がなくなっただけかも」というのは絶対に認められないので、何事も男の悪口に結びつけて精神の安定を得ようとするわけですが、それが男を既存のメディアから遠ざける根本の原因になっているとは気がつかないのでしょうか?

2009年3月29日 (日)

勝沼に行ってきました

陰暦 三月三日 【雛祭り】

 土、日と山梨県の勝沼に行ってきました。市街の方までテクテクと歩いて、勝沼氏の邸宅跡を見て回り、昼飯にほうとう汁を食べ、勝沼ぶどう郷駅の南にあるぶどうの丘のワインカーヴで美味しいワインを試飲し、夜は集合した友人と一緒に楽しく飲み食いをしました。ユースホステルでは、勝沼のワインを飲みながら同宿した人たちと会話を弾ませました。ユースに泊まる楽しみです。

 勝沼のワインは葡萄の甘い味がするのがいいですね。新鮮なジュースに近い味がするので、ドライな味が好きな人の口には合わないかもしれませんが私は好きです。

 朝は宿の近くの大滝不動尊の新宮へお参りした後、鉄道に乗って小淵沢まで行き、そこから小海線を乗り潰しし、佐久平から長野新幹線に乗って高崎に、高崎から八高線に乗って帰りました。澄んだ空に生える八ヶ岳がきれいでした。

 佐久では浅間山が白い蒸気を吐き出しているのを車窓から眺めることができました。煙を出す火山を直接この目で見たのは初めてでしたのでいたく感動しました。山頂には溶岩ドームらしき膨らみも見えました。あれは二年前に奧利根号を撮しに行ったときにははなかったと思います。

 十三時半に高崎を出て、十六時には八王子に着きました。多摩と上州は意外に近いことが分かりました。高麗川を境に畠の様子が変わったのは、ちょうど民俗学の本を読んでいたものですので興味深かったです。天気にも恵まれて良い旅になりました。

2009年3月26日 (木)

そんなの関係ねぇ

陰暦 二月三十日 【大つち】

 北朝鮮がぶっ放す予定のミサイルの射程上に日米のイージス艦が五隻くらい配備されるそうで、何だかMDの公開実験の様相を呈してまいりました。ちゃんと撃ち落としてくださいよ。

 民主党が官僚支配と戦うとか議会制民主主義が何だとかいっていますが、国民が興味あるのはそのようなイデオロギーではなくて、生活を楽にしてくれるかどうかです。

 麻生総理の支持率が下がったのは、景気が急激に悪化したからであり、小泉総理の支持率が高かったのは、小泉政権の政策は経済学的には怪しかったものの、小泉政権の元でそれなりに経済が回復したからです。学問的に間違っていて、只の運だけで景気が回復したのだとしても、生活が上向けば支持するのが国民であり、学問的に正しくても、生活が苦しくなれば石を投げるのが国民です。

 官僚支配の打破などという腹の足しにならない俺様理論をがなり立てても国民は離れていくだけだと思います。

2009年3月25日 (水)

東京アニメフェスタ(四)

陰暦 二月廿九日 【電気記念日】

 WBCで日本優勝、おめでとうございます。米国、キューバ、韓国といった強豪をことごとく破っての勝利ですので、喜びも一入です。

 定額給付金の申請書類が届きました。全国の中ではかなり早い方にはいると思います。我が町(中央線が曲がっているあたり)もなかなか優秀ではないか。ちょっと見直しました。少しづつですが世の中明るいニュースが増えてきて結構なことだと思います。

 さて四日にわたった東京国際アニメフェスタのルポの最後を飾るはこちらです。

続きを読む "東京アニメフェスタ(四)" »

2009年3月24日 (火)

東京アニメフェスタ(三)

陰暦 二月廿八日 【社日】

 「しゅごキャラ!」はAVIPREXの展示の大部分を占めていました。さすが二年目に入って飛ぶ鳥を落とす勢いの作品です。

続きを読む "東京アニメフェスタ(三)" »

2009年3月23日 (月)

東京アニメフェスタ(二)

陰暦 二月廿七日 【彼岸明け】

 武宮正樹まさかのNHK囲碁選手権決勝進出!やれめでたい。 昨日の試合は最後まで見応えがありました。 集中して真っ赤になった武宮がまるで茹で蛸のようでした(笑)

 アニメフェスタの続き、次は東映ブースです。「フレッシュプリキュア」は見ないことにしましたが、東映アニメのファンであることには変わりありません。

続きを読む "東京アニメフェスタ(二)" »

2009年3月22日 (日)

語るに落ちている

民主党、次期総選挙で「クリーンな党への再生」を掲げる方針

小沢はクリーンな政治家なんじゃなかったの?

続きを読む "語るに落ちている" »

自白・・・するのかな(謎)

陰暦 二月廿六日 【奈良法隆寺会式】

 政治資金規正法違反の疑いで取り調べを受けている大久保秘書ですが、果たして"自白"する日が来るんですかね。

 小沢氏に危険が迫るとこれまで必ずと言っていいほど人死にがでているわけでして、となりますと、たとえ既に完オチしていたとしても特捜はそれを明らかにしないかもしれないんですね。もしかしたら誰かさんが裁判にかけられても最後まで大久保氏は"証人"としては出てこないかもしれません。

 政治家やヤクザを相手にするときはこのようなことを気を配らなければなりませんので、検察も大変だろうと思います。

続きを読む "自白・・・するのかな(謎)" »

2009年3月21日 (土)

東京アニメフェスタ(一)

陰暦 二月廿五日

 有明のビッグサイトで開催された東京アニメフェスタ2009に行ってきました。

 つい先日もテレビニュースでも取り上げられ、アニメは日本が世界に誇る文化という気運の高まりもあって、大変な人出でした。

続きを読む "東京アニメフェスタ(一)" »

2009年3月19日 (木)

せこい印象操作だ

小沢氏の献金禁止発言、与党内に波紋(日経新聞)

 西松建設は、小沢氏には個人名を使って迂回献金をし、与党議員の政治資金団体には企業名を出して献金していた。 これは企業名を出した献金の方が悪いことのように見せかけようと言う姑息な印象操作である。この期におよんで談合の元締めの肩を持ってどうするのか。日経はまさしく空気が読めていない。

 なにはともあれ、すべては小沢氏を逮捕してからです。そのあと献金禁止でも、監視強化でも何でもやって下さい。起訴するかどうかを見てから進退を決めるなんて言っていますが、これも検察が政治に介入したかのような印象を与えようと言う姑息な手口です。検察は目に余る事例を取り締まっただけです。

 だいたい資金の出入りが公開されていようが隠されていようが何だろうが、政治家が金をもらって、金をくれた企業のために公共事業の受注を斡旋すれば立派な収賄でしょう。公開されているから悪くないというのは問題のすり替えに他なりません。

 問題は起訴するかしないかではなくて、政治資金規正法違反、収賄、恐喝の内どの罪状で起訴するか何だな。政治資金規正法違反は超安全パイ、秘書はこれで起訴しておいて、小沢氏は収賄もしくは恐喝にすれば小沢氏と秘書が分断できるかも。収賄が王道、けれども収賄側の証言がなければ証明が難しいかもしれない。そして、小沢氏が野党の党首という部分を取り除いて、純粋に事象だけ見たら、どうも恐喝が一番実態に近いように私には思えますが、これは検察に思い切りが必要。特捜も悩ましいところでしょう。恐喝だと傑作なんですが(笑)

2009年3月18日 (水)

日本の処方箋

陰暦 二月廿二日

経済危機克服のための有識者会議(首相官邸HP)

 これはいいですね、特に配付資料。現在の日本が抱えている問題とその解決方法が要領よくまとめられていて勉強になります。色々な意見を持った有識者が参加していますので、その中から各人が自分の好みの施策を選ぶことができます。従来の審議会のように頭ごなしに結論を押しつける押しつけがましさがないのがいいです。

 これなら忙しいお父さん、お母さんにも読むことができますし、子供にもちょうど良い社会科の教材になるのではないでしょうか。

 国会議員にも勉強として読んで欲しいです(本来ならこれくらいは国会議員の頭には基礎知識として入っていないといけないけれど、どうもそれすら抜けている人がちらほら見受けられるようなので)。漢字なんか別に読み間違ったっていいんです。国会議員に必要とされるのは広い知見です。

 こういったときこそ、各界の碩学の正確な情報と深い洞察に触れて、冷静に将来を見据えた選択をしていきたいものですね。この先生方が開陳した処方箋の全部が全部正しいとは思いません。「先生、そこはちょっと違うのではないですか?」と言いたくなる部分もありますが、でもそれは各自が判断すればいいと思います。

2009年3月17日 (火)

世論調査マジックの種明かし

陰暦 二月廿一日 【彼岸の入り】

テレビ朝日の世論調査で麻生内閣支持率が急上昇

 めでたいことなんですが、同じ時期にやった他の新聞の調査と支持率が5%くらい違う。あんまり意味があるとは思えない「どっちが総理に相応しい」に到っては10%くらい違う。やはり世論調査はテレビ局や新聞社の人間がいじくって出しているのではなかろうか。

 そもそも何でどこの会社も同じ時期に世論調査をするんだろうか?

 まさか、こんなことをしているのでは?

 調査をしている調査会社は一つだけで、その調査会社が2,000人くらいのサンプルを調査する。そこからランダムに1,000人分のサンプルを何パターンか抽出して、それぞれで結果を出す。マスコミ各社は その中から自分のお好みの調査結果が出たパターンを選んで世論調査として出す、なんてことをやっているのでは?

 調査した全サンプルの結果であれば、1,000人も調査すれば各社で結果に差は出ないはずです。しかし、2,000人のサンプルの中から1,000人を選ぶのであれば、選び方によってはお望みの調査結果を出すことは可能です。しかも選び方はランダムだと言い張ることができます。

 本来、2,000人のサンプルの中から1,000人のサンプルを何パターンも抽出する作業は、平均を出して、結果の偏りをなくすためにやるのですが、極端な1,000人を選び出せば極端な結果を出すことが可能であるのです。

 この方法なら、平均値から±3σ以内の結果なら好みのままに出すことができます。ただし全ての設問で好きな結果を出すことは不可能なので、各社が最も誘導したい項目で望んだ結果が出たサンプルを選ぶことになるでしょう。

 おそらくこれが世論調査のタネでしょうね。

2009年3月15日 (日)

本気で死にたいらしい

陰暦 二月十九日

住友家14代当主旧邸が失火で全焼?

最近重要施設とか神社で不審火が多いのですが、ついに連中住友家にまで手をつけました。

住友家は皇別摂家です(皇室から藤原摂関家に入った養子の子孫)。

東山天皇

閑院宮直仁親王

|ーーーーーーーーー
|        |
閑院宮典仁親王  鷹司輔平
|        |
光格天皇     鷹司政
|        |
仁孝天皇     鷹司政通
|        |
孝明天皇    徳大寺公純
        |ーーーーーーー
|        |      |
明治天皇     西園寺公望  住友友純(15代当主)

大正天皇

昭和天皇

今上天皇

続きを読む "本気で死にたいらしい" »

2009年3月14日 (土)

つぶやき

 いいこと思いついた、政府が自前で毎月支持率の調査をして発表すればいいんだ。そうすればマスコミがいい加減な数字を出せなくなる。

続きを読む "つぶやき" »

ドイツと25カ国の不機嫌な仲間達

陰暦 二月十八日 【近江八幡左義長】

 ドイツ、フランス、イタリア、スペインなどの大陸欧州諸国は、共通通貨ユーロを作るために通貨発行権をECB(欧州中央銀行)に明け渡してしまいましたので、臨機応変に景気対策を行うことができません。

 不景気の時に政府が支出を増やして景気対策をしようとすると、国債を増発するしかありませんが、そうすると通貨に対する信用が下がってインフレ率が上昇 します。ユーロ圏の場合、バラバラに国債を増やしたり減らしたりされると、通貨が同じなのにインフレ率に大きな差ができることになってしまいます。

 そうすると、なにが不都合になるのでしょうか?

続きを読む "ドイツと25カ国の不機嫌な仲間達" »

2009年3月13日 (金)

二度目は喜劇として

陰暦 二月十七日 【春日大社祭】

 3月11日(水)、国土交通省関東地方整備局は、ゼネコン汚職事件竹内茨城県知事ルートに関連して、鹿島建設に対して15日間の業務停止処分を下しました。

 ゼネコン汚職事件は平成5年(1993)に発覚した大規模な汚職事件です。発端は金丸信元自民党副総裁の巨額脱税事件でした。東京地検は3月6日に脱税 容疑で金丸信とその秘書を逮捕、自宅や事務所を捜索しました。その時に押収した資料から、建設業界が東北地方や関東地方の公共事業の受注を巡って、国会議 員や地方自治体の首長に巨額の贈賄をしていたことが判明しました。

続きを読む "二度目は喜劇として" »

2009年3月11日 (水)

日米土三国連合

陰暦 二月十五日 【涅槃会】

 これまで見てきた通り、米国の財政は非常に厳しい状態にあり、これから軍事費は削減を余儀なくされます。これは米国は東西両面で作戦を遂行できる軍事力をずっと維持してきましたが、これが今後は不可能になることを意味します。

 従って米国は世界システムを維持するために、各地域の同盟国に治安維持の権限を分遣する方向椅子住むでしょう。

続きを読む "日米土三国連合" »

2009年3月10日 (火)

釣れますか?

漆間発言要旨(47news)

  1. 検察の捜査にコメントできる立場にないが、一般論として自らの経験に照らし、この種の事件は違法性の立証がいかに難しいか
  2. 金額の多寡は違法性の認識を立証する上で大きな要素
  3. 検察は本人が否認しても起訴できるだけの証拠を持っているだろう-と発言した。

何が問題なのかさっぱり分からん。

 この程度の発言を針小棒大に取り上げたくらいで3億円の賄賂を忘れるほど日本人は甘くないと思いますよ。どうしたってたくさんの裏金をもらったやつが悪いに違いないんだし。よしんば国策調査だとしても、賄賂をもらったやつを取り締まって何が悪いのでしょうか?

 民主党はせっかく特捜が情けをかけてくれたのに、時間的猶予をつまらないことに使ってしまったとしか思えません。

続きを読む "釣れますか?" »

2009年3月 9日 (月)

米国はあと十年はデフレが続く

陰暦 二月十三日 【鹿島神宮祭頭祭】

 1980年代末の日本では企業が債務を急拡大しました。不動産や株式が値上がりしたたので、それを担保に銀行がせっせと企業に金を貸したからです。しか しバブルが崩壊して資産価値が下がったため、企業は債務超過に陥りました。それがだいたいGDP20%分くらいで、企業は平成5年(1993)から平成 15年(2003)までかけてそれを返済し続けました。

続きを読む "米国はあと十年はデフレが続く" »

2009年3月 8日 (日)

ふと思ったんだが

 二階経済産業大臣を取り調べるよってことは、二階氏が自由党時代の色々なことを検察にしゃべっちゃうよってサインですよね。

 それとよくよく考えてみると、東北地方で西松建設がイオンの店舗を次々と受注していることって本当に法的に問題がないことなのだろうか。もし小沢氏が西松からもらっていたお金を民主党の活動費に充てていた場合、民主党全体で西松建設に便宜を図っていたことになる。小沢代表と岩手民主党の中だけで終わる公共事業よりも、イオンが絡むこっちの問題の方が贈収賄としては深刻なのでは?

続きを読む "ふと思ったんだが" »

2009年3月 7日 (土)

政治家だと思うからおかしい

 

西松建設が取り扱った大型建築物

 イオンが多いです。意外なところから民主党のホープの岡田副代表に飛び火、っていうか同僚から仕事を押しつけられた岡田副代表はむしろ被害者か。

 小沢代表が政治家だと思うからおかしいのであって、この人はきっと西松建設の営業をやるついでに政治家をやっていたのでしょう。それならば彼に違法性の認識がなくても仕方がない。西松建設の身内ならばそこから給料をもらうのは当然だから(笑)

続きを読む "政治家だと思うからおかしい" »

2018年までの米財政の見通し

陰暦 二月十一日

 今後の世界情勢を左右するのは、一にも二にも米国社会の高齢化とそれによる義務的経費の増大です。米国ではこれからベビーブーマーの大量退職が始まり、 それに伴って彼等に支払う年金や健康保険が重く国民にのしかかってきます。しかも消費者はこの数年間で積み上がった家計債務の返済を強いられますので米国 お得意の消費による経済拡大ができません。

 米国議会予算局の見通しThe Budget and Economic Outlook: Fiscal Years 2008 to 2018によりますと、財政赤字はGDP比3.3%以内に収まることになっていますがこれは現実的な推計ではありません。

続きを読む "2018年までの米財政の見通し" »

2009年3月 5日 (木)

むしろ怖いぐらいです(^^;

陰暦 二月九日 【啓蟄】

 冬になったらやってくる軽い鬱と、風邪のせいであまり元気がでなくて長文が書けない状態が続いています。

 

尖閣諸島に安保条約適用、米国務省(讀賣新聞)

 すごいな、オバマ政権はもしかしたらブッシュJr.政権よりも親日なんじゃないのか?

 短期的にはアフガニスタンへの日本の関与を期待、長期的には中共との対決を見越しているのだと思います。それになんといっても米国はこれから財政が大赤字垂れ流しになりますので、軍事予算が取れなくなります。

 となると日本としても内政にお金をかけられる期間はもう数年しかありません。軍備は十年くらいで入れ替わりますので、オバマ政権の時に軍事予算を削ったツケは2010年代後半にやってきます。日本はそれまでに内政の問題を片づけて、国防に資源を導入できる体制を作っておかなければならない。

 そのためにはまず国を守ることは国民の利益になるとい共通認識を作っておかないといけないと思います。西欧で愛国心が強いのは、福祉が充実していて、国民が国から利益を引き出せるからです。それなしにイデオロギーだけで国民の協力を引き出そうたって無理な話です。安倍政権の失敗はそこにあると思います。順番を間違えたんですね。

2009年3月 4日 (水)

刑法犯?

陰暦 二月八日 【事始め】【針供養】

 確かに小沢民主党代表は公職についてはいないので、賄賂をもらったとしても職権で何かができるわけではない。しかし、東北地方の建設業者は小沢氏に金を渡さないと仕事ができなかったらしいし、公務員にも影響力があるとみられていた。また、金を出さなかった業者について「あの会社は危ない」などの噂を流していたなどの情報もある。

 となると、小沢氏の罪状は収賄ではなくて脅迫なんじゃないのか?

 だとしたら政治資金規正法に違反していようがいまいが関係ないのではなかろうか。

2009年3月 3日 (火)

正念場です

 七時のニュースを見て仰天しました。まさかこんなに早い展開だとは。

 民主党の中で"雪が降れば"民主党も生き残れるかもしれませんが、自浄能力が発揮できなければお取り潰しでしょう。

 自民党も、虚をつかれて変な連中が動き出して再可決失敗なんてことになったら最悪ですので、最後の追い込みをかけてしっかりと所属議員を引き締めて頂きたいものです。

 マスコミは完全にピエロだな。今日は日本のマスコミが死んだ日として歴史に残るでしょう

不都合な真実

陰暦 二月七日

 

今後は政局な話はしない、小泉元総理(讀賣新聞)

 小泉さんが仲間内の会合で、今後は政局の話はしない、引退後は環境保護、成長、食品の分野などで活動していくと言ったそうです。

 小泉さん、どうせ広報活動をするのならインチキ環境保護運動の嘘を暴く活動をしてください。 一時的にはメディアからも産業界からも忌み嫌われるかもしれませんが、絶対に人類の救世主として歴史に刻まれます。

2009年3月 2日 (月)

地球温暖化論の何が問題か(下)

地球気候への理解は不充分

 二酸化炭素増加のためにどの程度気温が上がったか、また将来どうなるかは、重要な研究課題でもある。これには、気温測定の正確さの問題と、気候モデルを用いた将来予想の信頼性の問題とが関わっている。

 まづ気温測定の正確さはどうだろう。「地球温暖化」は、百年度に気温が一度上がるか三度上がるかという話だ。これを確かめるには、十年で0.1℃以下と言う正確さで地球の平均気温の変化を計る必要がある。新聞などで気温変化のグラフを見ると信頼できそうに感じるが、実は気温測定には大きな誤差がある。

続きを読む "地球温暖化論の何が問題か(下)" »

2009年3月 1日 (日)

地球温暖化論の何が問題か(上)

 「神社新報」1月19日号6面に掲載された特集記事が、異常気象の真実を的確にまとめていたので転載します。

 近年、二酸化炭素による温暖化の防止が叫ばれている。環境問題は神社が守り続けてきた鎮守の杜との関係もあり、斯界でも関心の高いところであろう。だが、一方ではこの温暖化論に対する異論もある。斯界は温暖化論とどう向き合うべきか。「地球温暖化論のウソとワナ」などを著した伊藤公紀横浜国立大学院工学研究院教授にご寄稿いただいた。

続きを読む "地球温暖化論の何が問題か(上)" »

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ