« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

良薬は口に苦し

陰暦 六月十日

 風邪のせいでヘトヘトなので、手短に行きます。

 自民党が政権公約を発表しました。きちんと増税の道筋を立てたのは立派だと思います。これに尽きるでしょう。

 増税なしに政府サービスを拡大することは無理です。中福祉中負担(いずれ高福祉高負担)、これに勝るグランドデザインはないと思います。内容があるんだかないんだか分からないようなスローガンを唱えたり、特定の神社に参拝すれば物事が解決するというものでは政治はありません。

 麻生さんや福田さんが(今のところ)人気を失ってしまっているのは、官僚をいじめるのを止めて、増税が必要であるという本当のことを言ったからに過ぎません。「良薬は口に苦し」この一言で説明が付きます。みんな「苦い苦い」と我が儘を言っているだけです。

 日本人が思い直して苦い薬を飲む気になるか、一度藪医者にかかって病状を悪化させてから思い直すのかは私には分かりませんが、自公政権が掲げている今の政策は立派でので、候補者は堂々と自分たちの政策を訴えて下さい。分かる人には分かります。中福祉中負担政策の味方は増えることはあっても減ることはありません。いずれ必ず国民の大勢となることでしょう。

 どうも世の中の雰囲気は、シンパがあれこれ言うよりも、黙って各党の政策を各人に見比べさせる方が、味方が増えそうな勢いですので、選挙期間中も政治については黙っています。ブログの性格を変えるとも言いましたしね。

続きを読む "良薬は口に苦し"

| コメント (7) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

ときめきトゥナイト DVD

陰暦 六月九日

 先週の金曜日に少女漫画のバイブル「ときめきトゥナイト」のDVD-BOXが届きました。

 幼馴染みが女の子だったせいか、昔から女の子向けのアニメが好きでこれも見ていました。かなり面白かったという記憶があり、早くDVDにならないかなとずっと思っていたのですが、春先に告知が出たので即座に注文しました。

続きを読む "ときめきトゥナイト DVD"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月29日 (水)

喉が痛い

陰暦 六月八日 【上弦】

 熱は引いたが喉が痛いのが三日続いている。まったくしつこい風邪だ。

 風で喉が痛すぎて文章を考えたり絵を描いたりする余裕がありません。会社から帰ったらお粥をすすって寝るだけ。侘びしいなあ。

| コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

それって台風じゃ?

陰暦 六月七日

 七夕だと思って暦を確認したら、何も書いていない。よく見ると陰暦の先月は閏五月で、今月は六月でした。すみません後で訂正します。ということは今年のお盆は新暦の9月3日か、だいぶ遅いですね。

 ここ数日、日本列島で前線がないのに集中豪雨が降っているのですが、ということはこれって熱帯低気圧では?夕立と台風の間の自然現象というのを考える必要があるのかもしれません。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

沙石集を読む(五)・・・「正直の人宝を得ること」

 沙石集のページのアクセス数が多いので(教科書にでも載っているのかもしれません)久しぶりに続きを書いてみます。

陰暦 六月六日

巻六 十一「正直の人宝を得ること」

 最近支那から日本に帰ってきたお坊さんから聞いた話としてある人が言うには、宋朝(支那の王朝)に貧しい夫婦がいた。餅を売って生活をしていた。ある時 道の横で餅を売っていると、人が袋を落としていった。中を見たら銀の小判が六つ入っていた。そこで夫は家に持って帰った。

続きを読む "沙石集を読む(五)・・・「正直の人宝を得ること」"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

上海日蝕観察記 その三

陰暦 六月四日

 上海にはちょうど二十四時間滞在しただけでしたが、色々と面白いものを見ることができました。

続きを読む "上海日蝕観察記 その三"

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

上海日蝕観察記 その二

陰暦 六月三日 【中伏】

 いよいよ日蝕の日がやってきました。前日に酔っ払いながらてるてる坊主を作ったにもかかわらず、残念ながら上海の空は一面の雲。それでも一縷の望みを託して、見晴らしの良い公園に向かいます。

続きを読む "上海日蝕観察記 その二"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

上海日蝕観察記 その一

陰暦 六月二日 【大暑】

 七月二十一日から二十二日にかけて、皆既日蝕を観察するために上海へ行ってきました。生憎の天気のため、日蝕そのものは目にすることはできなかったのですが、それでもそれは素晴らしい感動を与えてくれました。

続きを読む "上海日蝕観察記 その一"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

悪いことばかりなのだろうか?

陰暦 閏五月二十六日

 今年は二年ぶりにエチゼンクラゲが大発生したため、対馬海峡において大規模な駆除作戦が行われるそうです。

 エチゼンクラゲの大発生の原因は、支那の生活水準向上による、海の富栄養化だろうと思います。それと、google earth で見れば分かると思うのですが、支那は沿岸部にハンパじゃない規模の塩田を作って大々的に海水から塩を生産しているので、それによって東シナ海の水質が変化して生態系に何らかの影響を与えていると言うこともあり得ます。

 さてこのエチゼンクラゲ、その重量で漁網を破壊したり、毒で生け簀の魚の品質を落としててしまうため、漁師さんからは蛇蝎の如く嫌われているのですが。日本海の生態系にマイナスの効果しか与えていないのかというと、それはまだハッキリしていません。ダメージが伝わってくるのは今のところ漁業だけです。

 海洋生物学は専門外なのでただの勘ですが、東シナ海の栄養を日本海に運搬する役割を果たしているのではないかと思うのですがどうでしょうか。鮭とか鰯とかオキアミのような生物が地球上の物質循環で果たしている役割はバカにできないので、クラゲもあれだけ大量になれば、それなりに地球規模でカウントできる量の物質を運搬していると推測できます。

 鰺はエチゼンクラゲを食っているそうですし、もしかしたらクラゲのおかげで日本海の魚の総量は増えていることも大いにあり得ます。

 太平洋、日本海、東シナ海の生物の実態、そしてバランスの取れた海洋利用をするための調査が必要なのではないでしょうか。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

ちょっと不調

陰暦 閏五月二十二日

 蒸し暑いなあ、夏のようだ、と思っていたら関東地方が梅雨明けしました。

 躁気味になってパキシルを飲むのを止めていたら、飛行機恐怖症のせいで少し鬱がぶり返してきて、あんまりブログに文章を書く気が起きない状態です。

 旅行は好きなんだけれど飛行機が苦手でして。今度皆既日蝕を見るために上海へ行くのですが、日蝕への期待と飛行機の恐怖が心の中で綱引きしている様態が続いています。あぁ飛行機怖い。道を歩くよりも安全だと理屈では分かっていても、体が言うことを聞かないこのもどかしさ。PTSDとかパニック障害とはこのような物なのだろうか。

 ネットで調べたところ、似たような飛行機恐怖症の人は世の中に結構いるみたいで少し慰められました。まあこの前高幡不動でお守りも買いましたし、大丈夫でしょう。

 にしても成田から三時間で上海まで行けるんですね。種子島や奄美へ行くには鹿児島から船に乗らなければならないので実質的に上海の方が近くて安いのでそっちにしました。中国へ行くのは初めてなのでそれも楽しみです。

| コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

同人誌を発注してきました

陰暦 閏五月二十日

 昨日同人誌を印刷会社に入稿してきました。今回は新しいライターも迎え、漫画の分量も増え、100ページを超える内容になりました。8月23日のCOMITIA 89(多分当選するはず)で販売する予定です。お楽しみに。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

藤沢秀行 その二

陰暦 閏五月十七日 【浅草ほおずき市】

 NHKのクローズアップ現代で藤沢秀行の特集をしていた。彼の芸に真摯で、なおかつ奔放な生き方に憧れる人は多いようである。アナウンサーの相方は武宮さんであった。武宮さんも六十近くなって目がきれいだ、こういう年の取り方をしたいものだと思う。

 二年間の兵役でブランクができた、韓国人棋士の曺薫鉉をわざわざ訪ねて、三日三晩囲碁を打って「大丈夫だ、実力は落ちていない」と言って帰ったという話には感動してしまった。これこそ芸に生きる男だと思う。

 秀行夫人のモトさんはさんざん苦労をかけさせられたが、辛抱の甲斐あって今や女の鑑という扱いである。何事も最後までやってみるものだなと思わせてくれ る。確か藤沢秀行は神童の誉れが高かったのに、二十歳を過ぎた当たりから伸び悩んで鳴かず飛ばずであったのだが、モト夫人と一緒になってからめきめきと実 力を付けて一家をなしたのであった。

 結婚というと個人の可能性をつむものだ、という教育を私達の世代は、学校やメディアから浴びて育ってきたが、そんなことはないはずだ と思う。ただし昔の無頼派の芸人というのはかならず妻や子供を犠牲にして芸事に邁進するのが相場であったが、これからはそういうのはさすがに通用しないだ ろうなと思う。

 さてもさても、日本棋院は早く藤沢秀行の打ち碁集を発行してくれないだろうか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

いそがしい

陰暦 閏五月十六日

 同人誌の編集作業が押しているため更新ができなくてすみません。

 八月は印刷会社がコミケでパンクするので、今週末には仕上げて発注したいです。今回はマンガが62ページ、小説とエッセイは30ページあります。結構な分量になりそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

マンガの感想

陰暦 閏五月十四日

 土曜日に買ったマンガの感想です。

 「鉄腕バーディー・EVOLUTION」の第二巻を読みました。ヤングサンデー版とスピリッツ版の間の二年間に何が起きたのかが明かされました。また、 千川つとむに心を寄せる同級生も現れました。この子も重い過去を背負っているようです。スピリッツに移って物語に深みが増したように思います。ヤングサン デーが潰れたのは災難でしたが、結果としては良かったのではないでしょうか。

 「ハーメルンのバイオリン弾き・シェルクンチク」の二巻も購入。今回はフルートとハーメルが回想シーンで出てきます。祖父ケストラー の血を濃く受け継いでしまったグレートが、父のハーメルと同じ目にあって人を避けるようになってしまった過去が明かされました。どうも新入生の中に魔族の 復興を狙う人物が紛れ込んでいるようです。これも面白い。

 しかし渡辺先生、人物と背景を同じ線の太さで描くのはなんとかならないのでしょうか、読みにくくて仕方がありません・・・ガンガン時代からの特徴なんですが。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

ウエディングピーチのDVD第十五巻

陰暦 閏五月十三日 【栄西禅師忌】

 「愛天使ウエディングピーチ」のDVD第十五巻を見終わる。既にビデオ版を何回か見ているのでBOXを買ってはいたけれどそのままにしてた。最終回はい くつかシーンが挿入されていた。レインデビラにやられてぶっ倒れた桃子と陽介が手を握って、そこから愛のウェーブが発してレインデビラが改心する最後の山 場で、素っ裸の(黒く塗ってたけど)二人が抱き合ってキスをしている絵が入っていた。これはビデオにはなかったと思う。際どいからテレビでは流せなかった のだと思う。でもいい絵でした。

続きを読む "ウエディングピーチのDVD第十五巻"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

も〜っと!絶望的人間論

陰暦 閏五月十二日

 どうやら米国と欧州でデフレ突入が鮮明になってきました。彼等は債務返済圧力を甘く見ています。彼等はこれから日本同様に地獄の十年間を過ごすことになります。

 オバマ政権の経済対策は正しいですが、まだ何もスタートしていません。公共事業がスタートするのは向こうの新年度が始まる九月以降でしょう。欧州ではインセンティブ攻勢の効果が九月頃に切れます。その先は彼等が大嫌いな公共事業をやらなければならないのですが、3%条項が邪魔してなかなかできないでしょう。

続きを読む "も〜っと!絶望的人間論"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

筋書きが破綻している

陰暦 閏五月十一日

  1. 麻生総理は七月上旬に解散したい
  2. 麻生内閣と自民党は、北朝鮮船舶検査法を通したい
  3. 自民党はなるべく会期末に解散をしたい
  4. 公明党もなるべく会期末に解散をしたい
  5. 民主党は七月上旬に解散をしたい

 さてこの五つの命題が全て成立することは可能でしょうか。

続きを読む "筋書きが破綻している"

| コメント (7) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

これって買収にあたるのでは?

陰暦 閏五月十日 【半夏生】

議員献金も個人資産?鳩山代表あて 法令違反の疑い(産経新聞)

 鳩山代表が毎年クリスマスに地元北海道の地方議会議員から献金をもらっていたという記事です。それだけでも不明朗な話なのですが、その金額がみんな一律だったため、鳩山代表本人から地元議員に渡されたお金だったのではないかという疑いが生じています。

 もしそうだとすると、これは買収にあたります。

 なぜかというと、政治献金は税の控除が受けられます。地方議員は鳩山氏からもらったお金をそっくりそのまま鳩山氏に返すだけで、政治献金した分だけ税金を払わなくても済むことになるからです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

報道の自殺行為

陰暦 閏五月九日 【富士山山開き】

 まあ解散とか党人事とか、これほどマスコミの外れが続くとさすがに一般人も、彼等の報道姿勢、もしくは取材力に疑問を持ち始めるのではないでしょうか。

 それと、どうも自民党、特に森派の中には、思わせぶりな情報をワザと流して、情勢をかき回しては自尊心を満足させている人が若干名いるようです。この人達は安倍政権が潰れるときにも似たようなことをしていました。

 この人達、何か法律を作った実績がありません。しかし大臣や党役員にしないと、嫉妬してインサイダー情報らしきものをもったいぶって流しては、内閣や党を弱体化させては陰で喜ぶ始末。その実、情報には確かなものはなんにもない。全く持って人間が小さい。だから小泉さんも含めて歴代の総理大臣も処遇に困っています。

 次回の総選挙で落とすべきはこのように法律を作る能力も、人をまとめる能力もないのに、自尊心ばっかり強い人物です。実績を見れば判断がつくと思います。

 それとマスコミは結果として秘密主義で国民の知る権利を踏みにじっているこれらのタイプの政治家を貴重な情報源と持ち上げて、マスコミの取材に好意的に応じる政治家の発言を都合のいいように報じることでおとしめる行動をずっと取ってきました。その結果、与党でも野党でも、国民に対して不遜な気持ちを抱いている政治家が隠然たる力を持つようになってしまいました。これについてはマスコミに猛省を促したいです。

続きを読む "報道の自殺行為"

| コメント (3) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »