2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« これってまずいんじゃ? | トップページ | これって買収にあたるのでは? »

2009年7月 1日 (水)

報道の自殺行為

陰暦 閏五月九日 【富士山山開き】

 まあ解散とか党人事とか、これほどマスコミの外れが続くとさすがに一般人も、彼等の報道姿勢、もしくは取材力に疑問を持ち始めるのではないでしょうか。

 それと、どうも自民党、特に森派の中には、思わせぶりな情報をワザと流して、情勢をかき回しては自尊心を満足させている人が若干名いるようです。この人達は安倍政権が潰れるときにも似たようなことをしていました。

 この人達、何か法律を作った実績がありません。しかし大臣や党役員にしないと、嫉妬してインサイダー情報らしきものをもったいぶって流しては、内閣や党を弱体化させては陰で喜ぶ始末。その実、情報には確かなものはなんにもない。全く持って人間が小さい。だから小泉さんも含めて歴代の総理大臣も処遇に困っています。

 次回の総選挙で落とすべきはこのように法律を作る能力も、人をまとめる能力もないのに、自尊心ばっかり強い人物です。実績を見れば判断がつくと思います。

 それとマスコミは結果として秘密主義で国民の知る権利を踏みにじっているこれらのタイプの政治家を貴重な情報源と持ち上げて、マスコミの取材に好意的に応じる政治家の発言を都合のいいように報じることでおとしめる行動をずっと取ってきました。その結果、与党でも野党でも、国民に対して不遜な気持ちを抱いている政治家が隠然たる力を持つようになってしまいました。これについてはマスコミに猛省を促したいです。

 そもそも麻生さんは法律を通せるだけ通すぞと公言しているわけで、その麻生さんがまだ重要法案がいくつか残っているのに、急に7月初旬の解散を目指して党役員人事をいじくり始めたと言うこと自体がおかしいんですね。

 私は報道を見ながら「あれ?麻生さんあの法律とあの法律を通すつもりじゃなかったの?」と不思議に感じていました。やっぱりガセでした。今回も、結局は党役員人事という虚名よりも、内閣の機能拡充という実を取ったわけで首尾一貫しています。この当たり、若い安倍氏であればムキになって党人事をやって自爆していたでしょう。小泉さんなら、重要法案そっちのけで党内政局に没頭していたでしょう。

 でも国会議員の仕事は法律を通すことですし、いくらマスコミにおとしめられようとも、自分の法律が多く通ればそれは政治家にとっては本当の勝利なんです。

 よほど麻生さんの大きな政府政策を潰したい人が世の中にはいると見えますが、このようなブービートラップにはまる麻生さんではないと思います。法律を通せるだけ通して、自分の政策を掲げて選挙を戦う、政治家としてごく当然の在り方です。

 だから通したい法律がある人は麻生さんについて行っています。与党内で麻生さんの悪口を言っているのは、通したい法律がないけれど、威張りたい、目立ちたいという人たちです。そりゃそういう手合いにとっては麻生内閣は居心地が悪いことでしょう。そんなに居心地が悪いのなら、どうぞ自民党から出ていってください。お引き留めはしません。

 それに細田幹事長はこれ以上にないくらい麻生総理のために働いている政治家ですからこれを切るというのはちょっと信じられません。今回の党人事騒動は、おそらく細田さんの民主党攻撃があまりに切れ味抜群なので、なんとか細田を追い落とすことができないか、と考えた人たちがでっち上げた罠だったのでしょう。

 細田さんを外すことが人事の主眼だったのだとすれば、細田さんとしては面白くないはずで、じゃあ細田さんに取材をすれば、幹事長の政権批判がきけるかもしれず、これ以上ない絵が撮れるはずなのに、誰も細田さんに突撃インタビューをしませんでした。「聞いたこともない」と一笑に付されるだけだったからでしょう。最初から空騒ぎだったのですね。

« これってまずいんじゃ? | トップページ | これって買収にあたるのでは? »

コメント

 麻生さんの法案成立手法は極めて日本的な手法をとっている以上、野党並びにマスコミが反対することができません。実を取り野党に名をきっちり与える。政治巧者ですよね。
 だから根拠の無いことや枝葉末節なものでしか批判を展開できないのです。これって民主主義の自殺行為です。そうしないと拒絶できない法案があるからではないでしょうか。
 国連における「対北朝鮮制裁決議」履行にともなう措置(北朝鮮に出入りする船舶の貨物検査をしやすくする特別措置法案)。民主党はじめ国連至上主義者達にとっては、今まで自らが「国連で決めたことを守れ」と声高に言っていたわけです。
 当然、「国家主権の移譲」まで唱えるほどの「国連至上主義」者にとっては飲めない裏事情があるし、麻生さんの政治巧者ぶりに逆らえば自らが安倍政権で批判したことを否定することになるわけです。場合によっては「郵政選挙」ならぬ「北朝鮮制裁選挙」に持っていかれる恐れがあります。

 保守系左派さんこんにちは

 なるほど北朝鮮の制裁法案がありましたね。新聞で河村官房長官の記者会見を読む限りでは、麻生内閣はこの法律を今会期中に通す気満々で、となると必然的に会期満了まで審議をすることになり、審議未了となれば場合によっては八月に臨時国会開催もあり得るわけで、麻生さんが早期に解散したがっているという報道と全然違うじゃんと突っ込みを入れてしまいました。

 麻生さんのこれまでの外交姿勢からしてこの法案を通さずに選挙などやるわけがありません。早期解散を目指しているというメディアの読みとまるっきり食い違います。

 是が非でもこの法案を潰したい人たちがいるのでしょうね。

 安部元総理を中心とする若手議員が解散に急に反対(安倍氏は半月くらい前まで早期解散を主張していたらしい)になったのもこの法案が意味することの重大性に感づいたからでしょう。というかそもそも安倍氏が早期解散派だったという報道自体を疑うべきなのかもしれません。

 小沢氏の時には先頭を切っていたNHKが鳩山代表の政治資金規正法違反をあまり報道していないのも、この当たりのことと関連があるのかもしれません。

 鳩山代表はその船舶検査法案の推進派なわけで・・・なんかこの献金の話は別の意味でも根が深そうですね。

 この法案を葬る一つの方法がありまして、鳩山代表を辞任させた上で、半月くらいかけて代表選挙をやればいいんですよね。勿論その間は国会はストップ。

 相手の混乱中に選挙は姑息なので麻生さんは解散しないでしょう。

 そして代表が決まっても「まだ体制が整っていない」ということにして実質的に審議はしない。

 そうすれば船舶検査法の今国会成立を妨害することができます。その先のことは、その時になってから考えると。

 まさかそんなことはしないと思うけど・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 報道の自殺行為:

« これってまずいんじゃ? | トップページ | これって買収にあたるのでは? »