« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月20日 (木)

しばらくブログを休みます

陰暦 七月一日

 諸般の事情により、しばらくブログを休みます。

2009年8月17日 (月)

乗り潰し

陰暦 六月二十七日

 JRの踏破率を初めてチェックしたところ、意外や意外、60%を超えていました。もぐりなのでせいぜい20%くらいだと思っていました。これなら、ゴー ルデンウイークやお盆の長期休暇を使って、北海道、四国、九州を片づければ、一気に80%くらいいけるかもしれません。俄然やる気が出てきました。

 当面の目標は関東地方の取りこぼしを埋めることと東海の完全制覇です。飯田線と三重県内なのでお伊勢参りにでも行けばすぐに片づきそうです。鶴見線や貨 物線が多少めんどくさそうです。時間はかからないのでしょうが、いける列車が限られているので事前のチェックが面倒臭い。

 お嫁さんをゲットするよりもJR全線乗り潰しの方が先になってしまうかもしれません。喜んでいいやら、悲しんでいいやら(^^;

2009年8月16日 (日)

コミケに行ってきました

陰暦 六月二十七日

 朝からゴロゴロしながら「騎馬民族史」を読んだり、「ときめきトゥナイト」の総集編を見たり、JRの踏破率をチェックしたりしながら過ごしています。

続きを読む "コミケに行ってきました" »

2009年8月10日 (月)

ときめきトゥナイトから魔法の妖精ペルシャへ

陰暦 六月二十日

 雨音で目が覚めるほどの大雨。新幹線でるのかしら(^^;

 出発前に「ときめきトゥナイト」を最後まで見ました。非常に面白かった。子供頃に夢中になったのも分かる。真壁君を王子様と匂わせながらフェイドアウトする終わり方も良かったな。

 好きになった男の子が実は王子様、というのは全然新しくも何ともないのですが、魔界の王妃様(瞬とアロンの母親)が人間界に追放されて普通の看護婦さん をやっているという設定はものすごく斬新だったと思います。結局漫画では記憶が戻った真壁君のお母さんは魔界に帰って前王妃としてアロンの後見役やってい ますからねえ。蘭世編の中盤の主役は蘭世と俊ではなくて、真壁君のお母さんなんですよね。これはすごく新しい(笑)

 プロデューサーに大野実さんが入っていますし、原画として洞沢由美子さんや加藤鏡子さんも参加されていますし(洞沢さんが描かれた最終話の蘭世の横顔は ペルシャとまっつり)、冨永みーなさんは大活躍、水島裕さん、田中秀幸さん、千葉繁さん、亀山助清さん、三田ゆう子さん、井上和彦さん、難波圭一さん、も 登場しますので、「クリィーミーマミ」よりも「ときめきトゥナイト」の方が「魔法の妖精ペルシャ」に近いですね。

 ペルシャは昭和57年から58年にかけて放送された、女の子向け魔女っ子アニメの新機軸であった三作品、ミンキーモモとクリィーミーマミとときめきトゥナイトの要素を合体させて作った作品だったのでしょう。相当な意欲作だったわけで、面白かったはずです。

 これらの作品と同じ時期に「とんがり帽子のメモル」と「牧場の少女カトリ」と「スプーンおばさん」も放送されていまして、自我が芽生える頃によいアニメに恵まれて幸せ者だったんだなあ、との思いを強くしました。

 筋金入りのオタクなので、男の子向けのアニメのことは全然覚えていません(^^;A藤子アニメは見ていたけれどね。

2009年8月 8日 (土)

単純な損得判断じゃないかな

 昨日補正予算を削って三兆円、といっていた民主党は、今日は補正予算の中で天下り団体に費やされるのが二兆円だからそれを停止するんだ、と言っていました。内容が変わっている上に金額が下がっています。そういえば一年目に必要とされるお金を最初は四兆円といっていたと思うのですが、いつの間に半額にまで下がったのでしょうか。そのうち数千億円になるかもしれません。それじゃいつもの首相のイニシアチブで決める重点項目というやつで、抜本的改革でもなんでもないじゃん。

 それでその二兆円を医療に使うんだと言っていましたが、これは医者の業界団体が自民党支持を鮮明にしたのに危機感を覚えてでしょう。中小企業から「俺たちだって困って居るんだ」と抗議が入って、明日は「二兆円を中小企業に回す」と言い出すかもしれません。全国知事会の横槍が入って、来週は「地方自治体に二兆円」と言っていることでしょう。

 マニュフェストで言っていた配分計画はどこへ行ってしまったのでしょうか?日によって財源が変わるとしても、日によって配分先が変わると言うことはあり得ないと思うのですが。

続きを読む "単純な損得判断じゃないかな" »

罰当たり政策理解ータローの福音書

陰暦 六月十八日 【算盤の日】

 かくて彼らタローの言尾(ことばじり)をとらへて陥入れん為に、新自由主義派と清和会の中より、数人を身許に遣わす。その者ども来たりて言ふ「タローよ我らは知る、汝は真(まこと)にして、誰をも憚りたまふことなし、人の外貌(うはべ)を見ず、真を持って構造改革を教へ給へばなり。我ら歳入を特別会計に求むるは、よきか、悪しきか、」

 タローその詐偽(いつはり)なるを知りて「なんぞ我を試むるか、財源を持ち来たりて我に見せよ」と言ひ給へば、彼等持ち来たる。タロー言ひ給ふ「これはな誰の像(かたち)、誰の号(しるし)なるか」「年金なり」と答ふ。タロー言ひ給ふ「フロー(一般会計)はフローに、ストック(特別会計)はストックに納めよ」彼らタローにつきて甚だ怪しめり。

続きを読む "罰当たり政策理解ータローの福音書" »

2009年8月 5日 (水)

けつかっちん

陰暦 六月十五日

 しかし民主党が何かしようにも、組閣をして省庁が新しい大臣の下に動き始めるには、職務の承継が超スムーズにいって一ヶ月かかります。ここで既に十月です。

 そこから国家何とやら会議とか色々な組織作りをするとして、素案の作成に最低一月で十一月に入ります。法案の審議にも最低二ヶ月かかります。これでもう平成二十一年は終わりです。あまりこれらの組織いじりに執着しすぎると、予算の再編成をする時間がなくなってしまいます。

続きを読む "けつかっちん" »

2009年8月 4日 (火)

NHKは補助金広報チャンネル

陰暦 六月十四日

 NHKは民放と一緒になって倒閣キャンペーンをしたり、外国のスパイと一緒に反日番組を作ったり、かと思いきや怪しげな環境保護に政府以上にご執心だったり、よく分からないテレビ局なのですが、最近一つの傾向を見つけました。

 政府が補助金を出している事業に関しては絶対に批判的な記事を出さないのです。

 この前、私が働いている業界で始まった補助金のことを、省庁の発表から一週間で、活用事例と一緒に報道していたのには驚きました。そこで腑に落ちました、NHKというのは補助金のショーウィンドウなのだと。NHKの番組はニュースからバラエティーまで、補助金を使ってもらうための番組という観点で作られているのです。

 となると、NHKが政府も含めて何らかの団体を非難するときは、それは現在の政府の補助金制度に抵触する行動を取っているからなのかもしれません。最近NHKが急に麻生政権に好意的になりましたが、麻生政権はたくさんの法律を通しました。それには補助金が付いている物も沢山ありますので、今度は麻生政権の政策を売り込んで、補助金を大いに使ってもらうことがNHKの社是(局是?)となったのかもしれません。

2009年8月 3日 (月)

叱られる幸せ

陰暦 六月十三日

 今日は久しぶりに暑かったですね。

 昨日高幡不動で管主さんが書いた「叱られる幸せ」のサイン入り本を買ってきました。なるほど、非常にためになります。隠れたベストセラーなんだそうで す。このたび中国語に翻訳されて台湾や香港でも売られるとのこと。最近の支那は一人っ子政策のせいで叱られたことがない若者が増えて問題になっているのだ とか。自分の経験に照らしても、十数年前からめっきり大人が子供を叱らなくなりました。

 町で子供を叱るのに、妙に丁寧な言葉遣いになっている親とか、つまらないことで激昂している親たちを見かけて「叱るのが下手だなあ」 とずっと思っていました。子供というのは不思議なもんで、見ず知らずの人に叱られたとしても、その大人の言うことが正しければちゃんと従うものです。私は 電車の中で騒いでいた子供とか、イジメをしていた子供を叱ったことがありますが、どの子も素直に聞いてくれました。

 考えてみれば、両親が私の年の時には、既に私は三歳、妹も生まれていました。昔の人はもう二十歳かそこらで親になっていました。昔の 親は何かというとよく子供は怒ったり、ひっぱたいたりしていましたが、それは親自身も若かったからと言うのもあるのでしょう。でも子供がいたから、大人も 成熟することができたといえるのかもしれません。

 中学に入るくらいまで私も良く叱られましたが、今は感謝しています。親に私心がなかったからでしょう。確かに統計的には少年犯罪も 減って、飢餓もありませんし、子供達は幸せになっているのでしょうけれど、変な叱り方をしている親とか、我が儘に育った青年などが増えているのを見ると何 となく心配になります。妙な人たちはきっと日本人全体の一割もいないだろうとは思うのですが、でも着実に増えていると思います。

2009年8月 1日 (土)

道州制よりも中山間部の直轄制を

陰暦 六月十一日

 選挙の行方も気になるんですが、もっと心配なのが今年のお米の作柄です。米所の北陸・東北・北海道の日照不足と多雨そして冷害が深刻らしいです。これで大型の台風でもこの地域を襲った日には平成五年のタイ米騒動の再現です。

 しかも発展途上国の人口拡大によって、十五年前ほどは世界の穀物市場に余裕がない状態です。日本が金にあかせて米を輸入したら、今度は本当に発展途上国でそのせいで飢餓が起きかねない状況にありますので、米の輸入拡大は難しいと思います。

 米の不足が備蓄米でなんとかなる程度に収まってくれればいいのですが・・・

続きを読む "道州制よりも中山間部の直轄制を" »

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ