« 旅行へ行ってきました | トップページ | 易経勝手解釈(六)ー地火明夷その一・箕子はこれ明夷なり »

2009年10月 5日 (月)

信越旅行記(序)

陰暦 八月十七日 【達磨忌】

 暑さ寒さも彼岸までとはよくいったもので、急に冷え込んでまいりました。ストーブを出そうかと思うくらいです。今日の夜は毛布は必須でしょう。

 昨日は急に新幹線の中で友人から連絡が入り飲むこととなり、帰りが遅くなったので寝るのが遅くなってしまいました。しかも今週は身体検査があるのに、夕食を二回食くはめになってしまいました。体重が戻っていたらやつのせいにしよう(笑)

 とはいえ、今回の旅は余裕を持ったスケジュールにしましたので、そんなに疲れることもなく、今日も順調に仕事をこなすことができました。今回は写真の枚数が多いので整理に多少時間がかかりそうです。

 とりあえず、きれいに撮れていた一枚。土曜の朝に降りた北陸本線糸魚川駅の車庫です。戦前の建築物なのでしょうか?煉瓦に趣があって良いですね。

« 旅行へ行ってきました | トップページ | 易経勝手解釈(六)ー地火明夷その一・箕子はこれ明夷なり »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/46403512

この記事へのトラックバック一覧です: 信越旅行記(序):

« 旅行へ行ってきました | トップページ | 易経勝手解釈(六)ー地火明夷その一・箕子はこれ明夷なり »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ