« 局所適応を防ぐためのツールとしての哲学 | トップページ | 総理の道は辞めることと見つけたり »

2009年11月29日 (日)

法改正なしに政府紙幣を発行する方法

陰暦 十月十三日

 あります。個人向け国債を大量に発行すればいいのです。それこそ500兆円くらい。そして満期以前に手放したら減価する仕組みを取っ払えばいい。そうすれば個人向け国債が実質的に政府紙幣と同じになります。

 満期以前に手放しても減価しないとなれば、国債と日本銀行紙幣に差はなくなります。そして、国債の金利はデフレ状態でも1%を越えていますのでどんな銀行の預金金利よりも高いのですから、国民は先を争って個人向け国債を買い入れます。

 銀行だけが国債を買えて、個人は自由に国債を買えないのが日本の一番「改革」すべき構造であると思うのですが・・・

 今の日本にある最大の既得権益は、銀行しか国債を買うことができないことです。

« 局所適応を防ぐためのツールとしての哲学 | トップページ | 総理の道は辞めることと見つけたり »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/46886890

この記事へのトラックバック一覧です: 法改正なしに政府紙幣を発行する方法:

« 局所適応を防ぐためのツールとしての哲学 | トップページ | 総理の道は辞めることと見つけたり »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ