« 普天間政変(四) | トップページ | 贈与ではない? »

2009年12月11日 (金)

朝敵認定

 もう日本人は現政権に従う必要はないね。

 今回は宮内庁長官の発言でしたが、次は天皇陛下本人の意向が政府を通さず表明されます。その瞬間、日本国憲法は効果を失います。

 もう一度言います、この政権が交代するとすれば、それは選挙ではないでしょう。

« 普天間政変(四) | トップページ | 贈与ではない? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 現政権の支持者はまだ信じているんでしょうか? 無政府主義的新自由主義でかつコンプライアンスの欠片も無い、護憲でも無ければ、国民の生命財産も守る気が無いことまでさらけ出しているこの現政権に。
 

>無政府主義的自由主義でコンプライアンスのかけらもない

言い得て妙ですね。これって西洋人がイメージするところの「悪魔」そのものですよね。

規範を持たない人間に政治を任せるとどうなるかと言うことです。大東亜戦争の時の日本は国が溶けてなくなりはしませんでしたが、今回は国が溶けてなくなろうとしていますので、その時よりも危険です。

選挙で選ばれた政権が率先して国家を無政府状態に持ち込んでいますので、これはナチスドイツの悲劇と同質だと思います。

ナチスドイツは国家が消滅して最後は部隊ごととの降伏になりました。

このまま行くと真の意味の地方主権が実現してしまうかもしれません。自治体が日本国の統制から離脱してもおかしくないと思います。各自治体は米軍および自衛隊との間に個別に防衛協定を結ぶ準備を始めた方がよいのではないでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/46997632

この記事へのトラックバック一覧です: 朝敵認定:

« 普天間政変(四) | トップページ | 贈与ではない? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ