« 韓国の大企業には見習うべきところもあるとは思うが・・・ | トップページ | 円安にするための二つの方法 »

2010年3月20日 (土)

ついに本性が出た

 The Economistの今週号の社説は欧州の中で比較的経済が好調なドイツをヨイショする話だったのだが、その理由として「ドイツは実質賃金の引き下げに成功し・・・」という下りを読んでいて茶を吹き出しそうになった。

 確かにそれは事実だ、しかしそれを見習うべき美点として取り上げるか?The Economistよ。

 The Economistは資産家やホワイトカラーを読者としているので、ブルーカラーの賃金抑制を主張するのはわかるのだが、この露骨な論調の行き着く先は階級闘争だぞ?わかっているのだろうか。ストで公共交通や学校が頻繁に休みになって社会が麻痺する70年代のイギリス病真っ盛りのあの世界だぞ。

 階級益を臆せず主張する同誌の論調にはいっそ清々しさを覚えるが、この調子だとすぐに日本のマスコミもこれを真似るだろう。こりゃ間違いなくこの先二十年は階級闘争の時代になると見た。イスラムテロとか支那の台頭なんて吹っ飛ぶわ。引き金を引いたのは資産家の側です。どうなっても知りませんよ。

« 韓国の大企業には見習うべきところもあるとは思うが・・・ | トップページ | 円安にするための二つの方法 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
リフレ派の人の
”円高よりは円安を”
という預言が成就すれば
まさしく
実質賃金の引き下げに成功
という
べきではないでしょうか
??

投稿: 匿名 | 2010年3月21日 (日) 21時23分

ドイツはギリシャやスペインの財政危機を喧伝することによってユーロの価値を下げて、輸出力をつけようとしているという戦略も想定できますね。

ドイツはアイルランドやギリシャやスペインと通貨統合することによってマルクを減価させて輸出力をつけたと言えるかもしれません。

となると、日本も韓国や支那と通貨統合をすることによって円の信用を下げて輸出力を手に入れる、そんな考え方もありかもしれません。私個人は反対ですけれどね。

通貨切り下げ競争、階級間のパイの奪い合い世の中はますます1930年代に似てきたように思います。くわばらくわばら。

投稿: べっちゃん | 2010年3月21日 (日) 22時35分

>ドイツはアイルランドやギリシャやスペインと通貨統合することによってマルクを減価させて輸出力をつけたと言えるかもしれません。
 そういう視点で考えると面白いですね!

>通貨切り下げ競争、階級間のパイの奪い合い世の中はますます1930年代に似てきたように思います。くわばらくわばら。 
 怖いですね。><;

blog/2009/02/post-7964.html

「小泉政権の二年目当たりから景気が回復したのは、別に国民が意識改革して頑張ったのが原因ではありません。ただ単に、日銀と財務省が円安誘導策を実行して円が安くなって、輸出が有利になったからに過ぎません。」

投稿: 匿名 | 2010年3月22日 (月) 17時13分

 でも小泉政権のなりふり構わぬ円安誘導策を米欧が黙認してくれたのは、小泉政権が外交で色々と努力した成果です。すべてつながっているんですよね。

 もしも今の政権が同じような円安誘導策をすれば、世界中から「自分勝手だ!」と攻撃されてしまうと思います。米国から為替操作国の指定を受けるのは必定でしょう(小泉政権の円安誘導は今の中共以上に明らかに為替操作なのですが、誰も何も言いませんでした)。

 そう言う意味ではあの時の景気の回復は小泉政権の手柄といえると思います。

 でもその真実が国民に伝わらず、何となく「苦しんだから景気が回復したんだ、だから今度も苦しめば回復するはずだ!」みたいな認識を国民に植え付けてしまったのは小泉政権の罪だと思います。難しいですね。

投稿: べっちゃん | 2010年3月22日 (月) 22時31分

小泉さんは個別の政策の理解はかなりデタラメでしたが、「対テロ戦に協力したんだから、1ドル110円にまけてよ」とこういう次元を越えた取り引き(価値判断)ができる人だったんですね。

これが国家の指導者に求められている素質だと思います。

経済に詳しい人は「さっさと円安にしろ」とすぐに主張しますが、いざ実行するとなると、このように経済とは全然関係なさそうな事柄が絡んでくるので政治的にはなかなか難しいのでしょう。

ただ金融緩和については完全な内政問題ですので、責任者たちの決断でできることだと思いますけれどね。

投稿: べっちゃん | 2010年3月23日 (火) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/47862075

この記事へのトラックバック一覧です: ついに本性が出た:

« 韓国の大企業には見習うべきところもあるとは思うが・・・ | トップページ | 円安にするための二つの方法 »