« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月30日 (日)

えげれすって本当に素晴らしい国ですね(棒読み)

陰暦 四月十七日

 学者や評論家が何かというとお見本として引き合いに出す英国でインフレ率が3.7%に達しました。

 供給力が不足しており、対外収支が赤字の国で、政府が債務を拡大し、なおかつ中央銀行が国債の買い入れをすればそりゃあ悪性インフレになりますわな。なんでエコノミストたちはこの非常に経済学的に真っ当な現象を解説して英国を罵倒しないのかなあ。あるいは財政破綻論者は「このままじゃ日本も英国みたいになるぞ!」と警鐘を鳴らさないのかなあ。

 答えは簡単で日本のいわゆる文化人が種本にしている「The Economist」と「Financial Times」が英国の雑誌であるので本国に不利なことは隠して報道しないからです。種本が書いてくれないと何も言えない哀れな日本の文化人よ。

 私は英国に住んでいたことがあり、英国は大好きな国ですが、日本のお手本になるような立派な国とは思っていません。日本のマスコミが言うことを信じれば、英国は三十年間も改革に成功し続けているのになぜ改革のタネがなくならないのでしょうか。教育改革は良く取り上げられますが、じゃあなんで英国の国際的な学力試験の順位は落ち続けているのでしょうか。要するにサッチャーもブレアも金融に英国の産業と信用を売り飛ばしてバブルを作り出しただけで、この二人がやったことは全て失敗だったというだけのことですよ。

 はやく日本の文化人たちがお手本を見習って「日本も英国みたいにインフレにならなきゃダメだ」とか主張してくれないかしら。

 欧州はユーロ下落による輸入品の値上がりで外因性のインフレになりつつあります。ただスペインのように一部デフレになっている国もありますが(おそらく景気が悪すぎて信用の収縮が起きている最悪の状況)。これまた経済学的に真っ当なわかりやすい現象です。そして英国にしても欧州にしても、これは景気を悪化させる「悪いインフレ」の典型です。

 つまりこれは東南アジアや南米でしょっちゅうあるバブルの崩壊→通貨の下落→国家財政の破綻→切り下げられた為替をバネにして輸出で景気回復、という典型的な発展途上国の経済運営失敗パターンです。英国と欧州はこの悪性インフレによって政府債務を希釈することができ、通貨安によって景気が回復するでしょう。1ユーロ10円くらいになるかもしれないけれど。でも日本みたいに数十年もデフレが続くよりはこっちの方がいいかもしれません。私も文化人を見習って英国や欧州を褒め称えることにしようと思います。

2010年5月29日 (土)

確実に打撃を与えるべき

 鳩山降ろしが始まったとかいっていますが鳩山が辞めたら民主党の支持率が回復してお前ら都合が悪いだろ、だから手心を加えてくれというせこい八百長ですので、自民党は気にすることなく政権への攻撃を続けるべきでしょう。心配しなくても鳩山は辞めません。

 よしんば実際に鳩山が辞めて多少民主党の支持率が回復したところで、総理が一年も持たなかったという事実は動かし難いですし、イメージは落ちて次の政権の支持率は5割前後からスタートですから恐るるに足りません。とにかく目に見える打撃を与え続けるべきです。こういうのはここ数年間の小沢の戦術を見習うべきです。

 菅は人気はあるでしょうが、すぐに国会答弁や記者会見でブチ切れて評判を落とすでしょう。前原は一般人からは右翼なのではないかと警戒されていますし、岡田には党をまとめる力はないと見透かされています。それ以外は名前も知られていないので問題外。

 実力差がありすぎる敵に勝つための作戦はヒット・アンド・アウェイを繰り返して相手が疲弊するのを待つに限ります。打撃は与えられる時に与えておくべきです。

 それに今の内閣には民主党内で名前の売れた人物は出尽くしているので、新しい内閣を作ったところで民主党には弾がありません。総理の首だけすげ変えるのでは、総理大臣にはなんの権限もないことを認めるようなものですし、閣僚を入れ替えれば内閣の人気も能力も落ちます。

 選挙まではひたすら打撃を与え続けるべきなんです。

どうせ戦争するんでしょ?

 今回の韓国戦爆沈事件の下手人は北朝鮮ではないと思います。勘ですが。

 多くの人が薄々感づいていますが、これはトンキン湾でしょう。米国もあんまり日本人をバカにし過ぎてはいけません。

 民主党が国防を疎かにしたせいで、米国が焦って、そのせいで隣国の若者が数十人死にました。日本は経済力も大きく、地政学的な位置も重要なので、日本の緩みは周辺国で死者を出すような大惨事につながるのです。日本人はしっかりとしないと回りに迷惑をかけます。

 米国も戦争したけりゃすればいいけれど、日本人はこの戦争には付いてこないと思いますよ。

耐えられなかったのでは

陰暦 四月十六日

 社民党の福島代表は不誠実極まりない鳩山という人物と同じ空気を吸うことに女としてこれ以上耐えられなかったんじゃないかな。ああいう正義感が強いタイプの女性は鳩山みたいな人間は嫌いでしょ。選挙戦略とか政治とか以前の問題で、一刻も早く鳩山のそばから離れたかっただけではないかというのが私の見立てです。

 邪魔者が減ってコアな民主党のファンは多少戻ってくるかもしれませんが、この不誠実極まりないやり口は女性をさらに民主党から離れさせると思います。閣僚だけでなく党の方も矛盾をよそ者の女性に押しつけて助け船は出さずに恥をかかせて追い出したわけでひどい話です。この一件で日本中の女性を敵に回したんじゃないかな。

 さすがにあの総理大臣は「だらしがないけれどほうっておけない人」のレベルを超えていると思うのです。

2010年5月27日 (木)

真の地方自治とは

陰暦 四月十四日

 地方自治体を強くするためにはどうすればよいのでしょうか?国から財源を移管すればよいのでしょうか、さにあらず。

 金を出すということは口を出すということです。国からもらう金が増えれば、ますます国に頼らざるを得なくなります。

 本当に地方自治を進めたいのなら、国は自治体に一銭も金をやらないようにすればいいのです。全て自治体の自主財源でやらせる。サービスを減らす替わりに税金を減らす自治体があっても良いし、重い税金と引き替えに充実したサービスを提供する自治体があっても良いでしょう。どちらもすべて住民と自治体の間の契約によって行われるようになりますので、国に口出しをする余地はなくなります。

 地方交付税を増やせば自治体が強くなるなんて大嘘です。住民と真摯に向き合わずに、国からのおこぼれで住民を懐柔しようなんてのは乞食の考えです。台所事情が厳しいのなら増税すればいいのです。増税が受け入れられなければ行政サービスを低下させればいいだけです。

 そして地域格差の解消は自治体に国の金を渡す形式ではなく、国が責任を持つ事業を通してやるべきです。特定の自治体に名指しで金を上げるとその自治体の首長の個性とか中央政党とのコネクションに左右される部分が大きくなりますからね。道路を建設するとか農業に金を出すとかそういうやり方でやるべきです。

2010年5月24日 (月)

宇宙人だってもうちょっとマシだろう(ネタバレ)

陰暦 四月十一日

 「無駄ヅモなき改革」という政治家を登場人物にした麻雀マンガがあるそうで(読んだことはないです)、その中に民主党幹事長の鳩山由起夫氏(当時)の頭の中から金星人が出てきて彼は操られていたことが判明するというオチがあるそうなのですが、

 金星人からクレームが付かないか心配になりました(爆)

2010年5月23日 (日)

三河 松平一族

陰暦 四月十日

 本屋で新書形式の「三河 松平一族」(平野明夫著 洋泉社)という本を見つけて面白そうだからとカウンターへ持っていったら1900円で目の玉が飛び出てしまいました。古い本の復刊で印刷数も少ない小さな会社だかららしいのですが、あんまり直感に反するような商品は作らないで欲しいなと思った次第。

 とはいえ、この本はなかなか面白いです。初代親長が流浪の職人だったこと(まあこれは松平氏の伝説を知っている人にはだいたい想像がつくことですが)、元々松平氏は武家ではなく流通業者に近い家で最初の百年くらいは戦いではなくて買い取りで所有地を増やしていったらしいこと、足利将軍の執事である伊勢氏の被官であったことなどがあります。三代目の信光まで読んだところです。

 伊勢氏というと後北条氏もその一派ですから、後年家康が北条氏と同盟を結んだことは草創期の松平氏が北条氏と関係が深かった名残なのかもしれません。それと、伊勢氏と今川氏は微妙な関係にあって、伊勢氏は今川氏や吉良氏などの守護の力を削ぐために三河の土豪に反乱を起こさせたりしていますし、後北条と今川も長い間緊張状態が続いていました。だとすると、本来三河というのは反今川の感情がある場所で、今川義元の代に三河に今川氏が進出して竹千代(家康)が人質に取られたことも、従来説明されていたように松平氏が今川方だったからではなく、今川氏が三河の土豪を全く信用しておらず、弾圧政策だったのかもしれないと思いました。竹千代が織田方に誘拐されたのも松平氏の本意が反今川だったからかもしれません。桶狭間で義元が呆気なく討たれたこととその後の今川が奮わなかったことは、三河にあった反今川の風潮を考慮に入れた方がよいのかもしれません。

 また、この本によると奥三河には「伊賀村」という集落があって松平氏とも関係があるようです。家康は伊賀の忍びと繋がりが深いといわれているのですが、これは家康が上方に侵出するようになってからなってからできた一朝一夕の繋がりではなく、相当に長い繋がりなのかもしれません。

 中世後期に出てきた侍身分、あるいは土豪が発展し戦国大名になっていったモデルケースを詳述した本でもあります。

2010年5月22日 (土)

結局は差別の助長だったのではなかろうか?

陰暦 四月九日

 最近は下火になってきましたが、一時期「チビ黒サンボ」のような、黒い肌、ドングリまなこ、縮れ毛、厚い唇のキャラクターを絵本とかマンガに登場させること自体が黒人差別として糾弾される時代がありました。

 その結果どうなったかというと、物語の世界から黒人キャラが駆逐されてしまいました。これって、差別の徹底ではありませんか。

 こういった運動をしていた人たちは、物語の世界から黒人キャラがいなくなって白人ばかりになった現状を見て差別がなくなったと喜んでいるのでしょうか。あるいは色だけ黒くて形は白人のキャラクターを見て満足しているのでしょうか。これは完全なアパルトヘイトではないでしょうか。これらの運動をしていた人たちの中には「黒人なぞ見るのもおぞましいから物語の世界から消してしまえ」という深層心理があったのではないでしょうか。

 結局被差別民に町はずれとか河原への居住を強制させて目の前から消したのと同じことだったのではなかろうか。

2010年5月20日 (木)

ドイツの復讐

陰暦 四月七日

 通貨ユーロですが、日本の財政破綻がいつまでたっても成就しないのと一緒で、各国がいくら国債を発行しても運用先に困っているドイツの銀行が買い支えるのでどの国も財政破綻はしないと思います。

 けれども、世界中の人は財政赤字が増えると財政破綻をすると信じているので、欧州各国は緊縮財政に入ります。これによって不景気が深刻化します。橋本政権の時の日本と同じです。不景気になることで税収さらに減り、財政赤字はむしろ悪化します。結果失業が増加し、通貨ユーロの信任もさらに下がります。

 これによってドイツの製造業は輸出競争力が高まりまたまた儲けます。けれども、財政赤字に喘ぐ国々はドイツより低品質の商品しか作れませんので儲かりません。ドイツが輸出で一人儲けて、そのお金で他の国の国債を買って、しかし欧州各国の景気は悪いままで失業率は高止まりするという状態が続きます。

 こりゃベルサイユ体制の復讐みたいなモノですね。

 ドイツ以外の国が楽になろうと思ったら、通貨ユーロを離脱するか、国をドイツに買い取ってもらってドイツの属国になるしかないでしょう。

 各国の政府を廃止し、福祉の水準を下げる。債務を全てドイツが買い取り、ミニマムインカムをドイツが保障する替わりに、主権をドイツに移譲する。税金はミニマムインカムに必要な分だけ社会の上層から徴収する、平均以下の所得の人は無税にしてしまう。おそらくこれで不満は押さえ込めるはずです。

 これはまさしくローマが帝国を広げていった時のやり方と一緒なんですね。欧州合衆国は、ダメ欧州諸国がドイツに吸収合併されることで実現するかもしれません。

2010年5月19日 (水)

アニメに込められた政治的メッセージ(四)・・・ふしぎ星の☆ふたご姫と女系天皇

陰暦 四月六日

 四つめは「ふしぎ星の☆ふたご姫」です。これは平成十七年(2005)から十九年(2007)にかけてテレビ東京系列で放映された作品です。ふしぎ星と いう架空の星の双子のお姫様が他の国のお姫様や王子様と仲良くなりながら、星全体を襲う脅威に立ち向かうという内容でした。

続きを読む "アニメに込められた政治的メッセージ(四)・・・ふしぎ星の☆ふたご姫と女系天皇" »

2010年5月18日 (火)

アニメに込められた政治的メッセージ(三)・・・ロックマンエグゼ・ストリームと薬物防止

陰暦 四月五日

 三つめは「ぴちぴちピッチ」と同時期にテレビ東京系列で放映されていた「ロックマンエグゼ・ストリーム」です。これはファミコンアニメの名作「ロックマ ン」をゲームボーイアドバンス用にリメイクしたゲームの世界をアニメ化した作品です。その世界では子供たちはコンピュータプログラムの戦闘キャラを使って バトルゲームをしたりするのですが、その技術を悪用して世界征服を目論むマッドサイエンティストが現れてというお話です。

続きを読む "アニメに込められた政治的メッセージ(三)・・・ロックマンエグゼ・ストリームと薬物防止" »

2010年5月17日 (月)

アニメに込められた政治的メッセージ(二)・・・ぴちぴちピッチ・ピュアと日本軍の復活

陰暦 四月四日

 二年目の「ぴちぴちピッチ・ピュア」は見捨てられ不安型境界性人格障害を描いた名作なのですが、これも裏では国防がテーマになっています。一年目で倒さ れた海底人の別の一族の兄妹(人間界に溶け込んで既に時間が過ぎているらしい)が主人公の住む町に引っ越してきます。妹の方は病弱な上に強烈なトラウマを抱えて いて(父と兄から近親相姦を受けていることが匂わされている)、主人公から恋人を奪おうと執拗に攻撃を仕掛けてきます。

続きを読む "アニメに込められた政治的メッセージ(二)・・・ぴちぴちピッチ・ピュアと日本軍の復活" »

2010年5月16日 (日)

アニメに込められた政治的メッセージ(一)・・・ぴちぴちピッチとシーレーン

陰暦 四月三日

 以前に保守系左派さんとの意見交換で最近のアニメの中にはどうも政治的メッセージが巧妙に潜り込んでいるのではないかというお話がでました。これは私も 数年前から気になっていたことでして、私が見た範囲でその可能性がある作品を政治的な観点から分析してみようと思いました。

続きを読む "アニメに込められた政治的メッセージ(一)・・・ぴちぴちピッチとシーレーン" »

2010年5月14日 (金)

欧米人の原爆マリア像の感じ方

陰暦 四月一日

 長崎市民が原爆マリア像(市の中心部の境界に安置されていて被爆したが燃え残ったマリア像)を米国に持っていきミサを開催しました。原爆の悲惨さを伝える効果は充分あったとは思うのですが、日本人が考えるような感情を欧米のカトリック信者が感じたかというと多少違うかもしれないと私は思っています。

 日本人の場合「ありがたいマリア様を黒こげにするような原爆はけしからん」という感じ方をし、被爆者も米国人がそのような感情を持つことを期待したと思うのですが、欧米のカトリック教徒の感じ方は「原爆の灼熱地獄にも負けなかったマリア像は素晴らしい奇蹟だ!」ではなかろうかと思うのです。

 多分被爆者への同情よりも、原爆マリア像の有難味への感動の方が優先していると思います。ミサ出席者の感想もそんな主旨が多かったです。だから原爆マリア像を見て感動したと向こうの人がいったからといって、じゃあ彼等が原水爆禁止運動に協力するようになるかというと違うだろうことを日本の被爆者たちは頭に入れておいた方が良いでしょう。

2010年5月11日 (火)

現役スポーツ選手が政治家になるのは・・・

陰暦 三月二十八日

 競技団体にお金を出す政治家が試合に出場したとして、競技の公正は確保できるのでしょうか?審判になんの影響もないのか、代表選手の選出に影響は出ないのか、もしもその政治家に誰かが勝ってしまった時に、勝った選手が所属する団体が不利な扱いを受けないのか。

 立候補をするのならば、最低限引退してからでしょう。

2010年5月 9日 (日)

大連旅行記(五)

陰暦 三月二十六日

 四日目は夢の超特急アジア号を見るために瀋陽へ行きました。アジア号は南満洲鉄道が大連ーハルピン間で昭和9年から18年まで運行していた特急列車で、800kmを約10時間で結んでいました。最高時速は120kmでSLとしては世界最高級のスピードでした。

続きを読む "大連旅行記(五)" »

2010年5月 8日 (土)

大連旅行記(四)

陰暦 三月二十五日

 三日目に最後の一人が合流して四人になりました。この日は路面電車の撮影と大連市森林動物園に行きました。

続きを読む "大連旅行記(四)" »

2010年5月 7日 (金)

大連旅行記(三)

陰暦 三月二十四日

 旅順の中心部から車で十分ほど行った郊外に二○三高地はあります。旅順は山地に囲まれているのですが、二○三高地だけはその山地から外れて孤立しています。これがここが旅順攻略戦の天王山になった理由です。

続きを読む "大連旅行記(三)" »

2010年5月 6日 (木)

大連旅行記(二)

陰暦 三月二十三日

 二日目は大連から西へ二十キロほど行ったところにある遼東半島最先端の旅順へ行きました。日露戦争の激戦地二○三高地で有名な町です。大連駅前からバスに乗っていったのですが、学園都市に連れて行かれてしまいました。行き先の確認を間違えたらしい、仕方がないのでタクシーをつかまえて旅順港へ向かいました。支那ではタクシーがそこら中に流していますし、値段もあまり高くないので観光には便利です。

続きを読む "大連旅行記(二)" »

2010年5月 5日 (水)

大連旅行記(一)

陰暦 三月二十二日 【立夏】

 四月二十九日から五月三日にかけて、支那の大連・旅順・瀋陽(旧奉天)へ旅行に行ってきました。日本にいる友達三人と、支那に留学している友達と現地集合です。最初は上海へ行こうかという話だったのですが、万博で大変な人出だと言うことに途中から気がつき、じゃあテレビドラマで脚光を浴びていることだし、日本に近いから大連にするかということになりました。

続きを読む "大連旅行記(一)" »

権力者の無知は有害

陰暦 三月二十二日 【立夏】

 愚直な総理が「海兵隊が抑止力だとは知らなかった」とのたまわっていましたが、じゃあ米軍は日本人に嫌がらせをするために沖縄に駐屯しているとでも思っていたのでしょうか。あるいは支那を侵略するためにでも?米国をこれほど侮辱する言葉はないことをわかって・・・いないのでしょうね。

 軍隊=侵略という図式でしか見たことがないからこのような失礼な話になるのでしょう。向こう側に軍事力がある以上、同等以上の力を備えておかないとそれだけで戦争を誘発してしまいます。軍縮は双方同時にやらなければむしろ戦争を招きます。

 韓国艦船の爆沈に北朝鮮は積極的に関与していないだろうと私は思っているのですが(なんらかの誤認によって北朝鮮側が攻撃した可能性はある)、ここに来て北朝鮮軍が休戦ラインに特殊部隊を展開させているそうです。

 これは以前ここで言った、海兵隊の徳之島移転は北朝鮮を刺激する、彼等は必ず対抗措置を取るの実現だろうと思います。日米韓の連携が崩れている今なら何らかの譲歩を引き出せると金正日は踏んだのでしょう。

 軍隊がなくなれば世の中が平和になって・・・等という無知が回り回って隣国に悲劇を起こそうとしています。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ