« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月29日 (火)

政局に強いお二人

陰暦 五月十八日

 参議院選挙戦も中盤に入ってきて、政局に強いと定評のある二人の人物が動きを見せ始めました。どういう意図を持った行動なのか分析してみましょう。

小沢前幹事長、執行部の公約修正を痛烈批判(讀賣新聞)

 自身の政治資金問題で逼塞状態にあった小沢が、反執行部で気勢を上げたというニュース。これまで、人気がある(と思われていた)菅氏を御輿に担ぎ上げることで選挙に勝利し、それにより訴追を逃れるという消極的な姿勢を通してきた彼が、にわかに積極的に動き始めました。

 もともと反小沢色が強い菅氏の周辺による党運営に不満があったと思われます。菅氏が選挙に勝利すれば、小沢は訴追こそ逃れられるかもしれませんが、政治家としては失脚です。しかしここに来て政権が消費税でつまづいて参議院における過半数維持があやうくなってきました。そうなると小沢としては、むしろ選挙には負けてもらって早々に菅氏を追い落とし、次の代表戦で自分の息がかかった人物、もしくは自分自身が総理になろうと考えても不思議ではありません。

 それに小沢氏には平成20年末に大連立を持ちかけて失敗したという前歴がありますが、民主党が今回の選挙で負けて自民党との大連立が避けられなくなれば、これがプラスの意味を持つようになります。あの時大連立に反対した現執行部が、今さら自民党と同じ政策を掲げ、選挙後の大連立まで示唆するとは何事かというのが彼の言い分でしょう。

 もう一人はこの人

小泉元首相「自民はしばらく野党に」(日経新聞)

 小泉さんが、大きな政府・福祉国家に反対なのは周知の通りです。彼は「歳出を削ればいずれ国民の方が音を上げて、増税してでも行政サービスを拡充してくれと頼む」という主旨のことを発言しています。平成18年の骨太の方針で社会保障費の自然増からの毎年2,600億円削減(医療・福祉関係者からかなり評判が悪かった政策)を決めたのも小泉さんです。

 小泉さんの輸出産業優遇策は私個人にとっては非常に有りがたい政策で私もそれゆえに支持していたのですが、社会保障のひどい状況を知るにつけ(まだ若いのでお世話になることは少なかったので当時はよくわかりませんでした)、小泉さんの小さな政府は今の日本を不幸にすると思うようになりました。

 さて、民主党が参議院選挙で過半数維持が困難になりつつあり、菅政権は自民党との連携を模索しています。すると、自民党と民主党に分かれて勢力を削がれていた福祉国家派の大同団結が実現します。これは、小さな政府、雇用の非正規化による人件費の削減、デフレと政府系金融機関の弱体化による民間金融の肥大化を狙う小泉さんを中心とする新自由経済主義派にとってはどうしても避けたい展開です。

 そこで、大連立を潰すための予防線を今から張っているのでしょう。

 小沢も小泉さんも、右から左までのごった煮政党の中で、足を引っ張り合うことで自分の主張を通してきた日本の党人政治家の典型のような動きを見せています。しかしこれこそが日本の政治をわかりづらくさせて来た元凶であり、今こそ主張によって政治家はつながり合うべきと私は思います。

2010年6月27日 (日)

なんでもかんでも選挙活動になるのですか?

陰暦 五月十七日

 選挙が始まって更新が止まっているブログが増えています。選挙活動と誤解されることを心配してのことだと思います。これまでの選挙ではそういうことはありませんでした。

 政党の党員だったり、候補者の事務所の指示を受けていなければ選挙期間中であっても、政治活動をしても選挙活動にはならないはずです。実際新聞やテレビは選挙期間中でも政治的な報道をしています。

 しかし「今ブログを更新したら選挙活動扱いされるかもしれない」という雰囲気が今回はあります。実際いくつかのブログはなぜか選挙期間に入ると同時に消されました。これまでの選挙では活発に活動していたのに今回に限って停止しているホームページもあります。選挙が近づくと急に掲示板にイタズラ書きが増えるという現象もあります。

 ネット上で発生した極端な事例をマスコミが取り上げて報道していることと、実際にイタズラ書きや削除要請などの活動をしている団体がいること(これこそ選挙活動だと思うのですが)、この政権だったら自分に都合の悪いブログは弾圧しかねないなという不信感が原因なのではないでしょうか。

 ツイッターのような人畜無害な場が広がる反面、ホームページとかブログのようなまとまった意見を伝える場は、やりにくいように、そしてそういう権利を新聞テレビの特権とするように社会が動いているように私は感じます。同じことをしていても、ネットで個人の資格でやると取り締まられるのに、テレビだと何も言われない、そんな世の中になりつつあるように感じます。言論の自由が制限されつつあります。恐ろしいことです。

2010年6月26日 (土)

決勝は11日か

 日本が決勝まで行ったら選挙と同日か。日本シリーズと同時というのはあったような気がするけれど、ワールドカップ決勝と同時というのも面白そうですね。選挙も試合もどっちが勝っても歴史に残る面白い報道が見られそう。とりあえずテレビ局がてんてこ舞いで死にそうになるのが見られそうでそれが快感なので日本代表には是非勝ち進んで欲しい。

 しかし欧州チームの大スランプを見るにつけ、スポーツは金なんだなあと改めてガックリいたしました。あれでしょ、金融危機でスポーツに金が回らなくなったから、指導者も選手もやる気がなくなって、十分なトレーニングもできなくなってこのざまなんでしょ?

 しかし選手もチームの金回りが悪くなったくらいでやる気をなくすなよな。こういう時こそ奮起して応援してくれた本国のファンを元気づけようとはおもはないのだろうか。

 裏読みしまくると、金銭的な意味で日本は決勝まで行ってしまう可能性が大いにあると私は思っています。日本は金なんか一銭も配っていないと思いますが、国際サッカー連盟はメジャーリーグや日本相撲協会以上に金の亡者ですから、余計な気を回しまくってくれるんじゃなかろうかと・・・欧州が潰れた今、金を持っているのは日本しかないですからねえ。中印ではまだサッカーが広まっていないし・・・

増税が嫌われていると言うよりは・・・

陰暦 五月十五日

 菅総理の消費税率引き上げ発言をきっかけに民主党の支持率が大幅に落ちている現象。始めは「日本人は結局増税が嫌なんだな、勝手なものだ」と思っていましたが、もしかしたら違うかもしれないと思うようになりました。

 おそらくこういうことではないでしょうか?

 あのちゃらんぽらんな民主党ですら増税を言い始めた!日本の財政はよっぽどひどいに違いない!こりゃ民主党なんかに任せてはおけない、自民党に政権を戻さねば!

 そうそう、あんなアマチュアに任せておくと国が大変なことになります。理想とか新しい政治とかそれ以前にルーチンワークもまともにこなせない集団に権力を握らせておくとろくなことになりません。にしてもやっぱ民主党に任せたのは遊びのつもりだったのか。日本人というのはものを考えているんだか考えていないんだかよくわかりません。

2010年6月25日 (金)

日銀だって官僚だろ

 日銀が成長分野に投資をすることにしたそうですが、これは完全に中央銀行の領分を逸脱した行為です。成長分野を誰が決めるのでしょうか?その融資の中立性はどう担保されるのでしょうか?新たな汚職の温床にはならないのでしょうか?

 この前、元日銀マンが作った銀行が不明朗な融資で失敗して大赤字を出してその元日銀マンの経営者は逮捕されようかという勢いです。日銀マンが作った会社が大損をぶっこいたのに、その人以上に官僚的な本丸が民間銀行の真似事をしてうまくいくと考える方がおかしい。

 また、元日銀マンは盛んに護送船団方式とか官僚制を攻撃していたと記憶していますが、経営に失敗することによって見事御自分の年来の主張を証明したと言えます。なるほど、(日銀を含めた)官僚には市場経済を運営する才能がありませんね、よくわかりました(笑)

 あの人を応援していた人たちが落ち込んでいるのも私には理解ができません。あの人がずっと主張していたことが証明されただけではありませんか。そして、あの人を応援していた人たちが日銀の暴走に口をつぐんでいるのが私には不思議でならないのです。

 日銀とか検察とか国会の監視が行き届かない組織の専横が近頃目に余ると思います。省庁や国会に行くとマスコミに辱められるので、権力志向が強い人たちがそれを避けて、日銀とか司法とか審議会とか公正取引委員会みたいな独法に移行しているのだと思います。そうなると彼等がやがて軍部を目指すようになるのも時間の問題でしょう。国会議員や官僚を陵辱する世界の先にあるものは軍部独裁国家です。ああバカバカしい。

チャンスをピンチに変える男

陰暦 五月十四日

 民主党の菅総理が現有の五十四議席を割り込んだとしても辞めないと予防線を張り始めました。これは良くありませんね。

 国民は民主党にお灸を据えたいけれど、あまりにも民主党の議席が減り続けると小沢が息を吹き返してしまうというジレンマにはまっています。そこで「負けても辞めないから心配しないでね(テヘッ!)」なんてことを言えば「よーし、おとうさん民主党にお灸据えちゃうぞー」と張り切るに決まっています。さすがネット上で「チャンスをピンチに変える男」の称号を得ているだけのことはあります。

 日本にとって一番良いのは、自民党も民主党も真っ二つに割れて、福祉国家派と新自由主義派同志でくっついて真の二大政党が生まれることです。民主党が勝つとこの対立が持ち越されますので、民主党は負けて九月の代表戦が紛糾する方が日本のためになります。

 菅総理が自民党に秋波を送っているのは党内で増税、福祉国家路線の評判があまり良くないからでしょう。選挙後の自民党との大連立、もしくは民主党分裂後に自民党と連立して政権を維持することを想定しているのだと思います。

 菅総理の政策は間違っていないと思いますが、これで自民党との大連立まで選択したとなると、民主党の最後の柱である「非自民」まで否定したことになり、一体この政党は何だったのだろうと疑問を感じないわけにはいきません。

2010年6月23日 (水)

パエリアを作ってみた

陰暦 五月十二日

 パエリアを初めて作りました。味付けはパエリアの素とスパイスを適当に、それと醤油(笑)とナムプラーで。具はシーフードミックスと鶏肉と玉葱。 炒めた具の中にお米とお水を入れて沸騰させて、後は鍋でお米を炊くのと同じで中火十五分、弱火十分くらい。

 フライパンで米を炊いたのは初めてだったのですが、なかなか良くできました。お焦げがすごく美味しかったです。

 ただかりっと炊き上がらなかったのは、水が多かったのか、それとも研いでしまったのが悪かったのか。汁気があるのもそれはそれで美味しいんだけど。 水気を減らしターメリックをもっと増やせばよりパエリアらしくなるかもしれないと思いました。

 逆に汁気を多くしてリゾットなんてのも良さそうです。

2010年6月20日 (日)

慢心

陰暦 五月九日

 久しぶりにテレビの討論番組をつけてみたら、民主党の閣僚が得意満面の顔をしていて驚きました。もう選挙に勝った気でいる・・・

 しかし街で民主党の議員や候補者が演説しているのを見てもそんなに人数は集まっていません。支持率が回復したと言っても、これは菅総理を支持すると答えておかないと小沢が息を吹き返すからそう電話口で答えているだけであって、積極的な支持ではないだろうと私は思っています。民主党はマスコミの支持率なるものを過信しすぎじゃないでしょうか。

 気をつけないと民主党は高転びに転ぶんじゃないかな、まあ私にとってはめでたいことですが。

2010年6月19日 (土)

稽古の行き過ぎではなかったのでは?

陰暦 五月八日

 相撲界の賭博が問題になっています。その記事の中で不意に稽古の行き過ぎで殺されてしまった力士の両親の証言がでてきました。殺される数ヶ月前に電話で「兄弟子たちが部屋の中で札束を囲んで賭博をしていた」と伝えてきたというものでした。なんで急にあの事件の話が出てきたのだろうと違和感を感じました。

 考えすぎかもしれませんが、彼が殺されたのは稽古の行き過ぎではなく、もしかして賭博に異議を唱えた、あるいは賭博のことを警察やマスコミに通報しようとしたので、その口封じだったのではないでしょうか。

2010年6月17日 (木)

タダより高いものはない

陰暦 五月六日

 民主党のマニュフェストが明らかになったそうですが、だいぶ財政再建色が強い代物になっているそうです。橋本政権の二の舞にならないか心配です。これは民主党や経済評論家やエコノミストが金科玉条としている英国や欧州の雑誌やテレビの論調が、南欧諸国の財政破綻や欧州連合への失望によって新自由主義から増税による財政再建や国家への権力集中へと転換したからでしょう。自主性がないんだから・・・

 マニュフェストは反故にされ、去年の自民党と見まがうかのような内容、六ヶ月の無料お試し期間が終わったかと思ったら、二年分の請求書が来て目の玉が飛び出たと言ったところでしょうか。

 仕事でお客さんのところへ行った時に商品への不満を言われて「いやそれはライバル会社の作戦だから」と言ったらお客さんから「我々からしたらあなたのところもライバル会社も同じメーカーだ」と言い返されたことがありました。国民からすれば、民主党も自民党も同じ穴の狢で、最終的には増税を突き付けるつもりだったのかとなるでしょう。

 また、日本の中に実現可能性がある政策を作れる集団が官僚しかないので、まともな政策が一つしかないということになるのでしょう。民主党の失敗によって民主党が、新たなるリーダー層として期待された経済評論家やコンサルタントなるものが無能であることがわかりました。私は日本の官僚を高く評価していますが、官僚しか政策を立案できる人材がないというのはこの国の不幸です。これは何とかしなければならないと思いました。

 とにかく企業やシンクタンクの肩書きをぶら下げて物知り顔でテレビや新聞に出てきて国民の議論を混乱させている経済評論家やコンサルタントは全員頭を丸めて本業に専念しろと言いたい。

2010年6月12日 (土)

自民党よりも財界寄りで米国寄りとは

陰暦 五月一日

 法人税引き下げまで主張しますか・・・

 法人税引き下げで産業振興というエコノミストの常套句に効果があるとは私は信じていないのですが、消費者とか勤労者側に立っていることが売りだったはずの民主党が消費税増税と法人税引き下げを主張するのはどうなんだろう。

 自民党と変わらんというか、財政再建と法人税引き下げをハッキリ言っている分麻生・福田政権よりもむしろ小泉・安倍政権に近いではないか。完璧財界側に立っている。こりゃ消費税を上げても医療・介護・保育・教育には金は回らず、企業の社会保障負担の軽減に進みかねないな。

 菅政権の政策は橋本政権に一番近いですね。菅総理は橋本内閣の一員だったのでそのこと事態はまあいいんだけど。ここまで財界寄りの姿勢を打ち出して、なお国民が民主党に投票するのかな。最近の日本の世論はかなり倒錯しているところがあるから投票するかもしれないな。

 普天間は固定化しそうな情勢ですし、さらに徳之島その他の地域に米軍基地の訓練を分散させる道筋はつきました、おかしなことに鳩山政権のおかげで日本に米軍基地が増えることになりました。ばらまきは最小限になりそうですが、その結果として財政破綻の不安が拡大して消費税が引き上げられることになりそうです。しかも企業の負担は軽減すると言っています。温暖化ガス削減策も出ましたが、これも炭素税新設と引き替えです。

 朝鮮半島問題では米韓と一緒に北朝鮮と戦争をしかねないほどのタカ派です(これがおそらく社民党が出ていった本当の理由)。小泉・安倍政権も中共を仮想敵国扱いしていましたが、鳩山・菅政権のように朝鮮戦争に介入するかのようなことまで言ったことはありません。

 麻生・福田政権の時よりも、福祉は弱まり、国民の負担は拡大し、企業の負担は軽くなり、中国との関係はかつてないほど悪化しつつあります(靖国なんてもんじゃないです、朝鮮半島で戦争しようかって言うんですから)、米軍基地は増えます。一体この政権は何なんでしょうか?民主党の本質は革新ではなくて保守反動だろうというのが私の前からの持論なんですが、ここまで露骨にやろうとは驚きでした。

 次の選挙では国民は怒らないと財界と米国がどこまで増長するかわかりません。

2010年6月10日 (木)

政策わかった上での支持なのかな

陰暦 四月二十七日

 菅政権の支持率が高く、これがそのまま選挙結果に反映されれば参議院で与党は過半数を維持できそうな勢いです。

 ただ、この政権は麻生・福田政権の税制改革(消費税増税、法人税の軽減)を受け継ごうとしているわけで、それゆえに私としては悩ましいのですが、菅政権が選挙で勝ったらその先に待っているのは増税なんだよね。それがわかった上での支持なのかしら。本当は去年鳩山政権を支持した人はこの政権を支持したら矛盾します。

 しかも麻生政権よりも、軸足が経済から財政再建に移っているので、経済運営で橋本政権の二の舞を踏む可能性が強いです。

 社会保障の拡充を求める人は、増税を急ぐあまりに国民(政治家を含む)の財政破綻への不安を煽っていますが、これは誠実ではないと思います。過大なデフレギャップがある限り、国債の値下がり(高インフレ)は生じません。財政破綻の危険性を煽ると、増税による増収の一部を国債の償還に当てざるを得なくなります。これは橋本政権の二の舞です。

 今度増税によって大不況を招いたら、現憲法体制下での増税は不可能になります。

 一件矛盾しているようですが、増税とセットで国債をさらに増発して政府支出を拡大しないと、橋本政権や安倍政権の時のような増税によるデフレ再突入を起こします。

 なんかこの政権が橋本政権とだぶってきた・・・

 麻生さんは菅政権を褒め殺しするべきではないかと、政策を受け継いでくれたのだから筋は通るし、さらに麻生さんが褒めると、有権者は菅政権が本当にやろうとしていることが何かわかってしまうんだな(笑)

 それとこの支持率は今回は選挙には反映しないと思うのです。与党は良くてギリギリ過半数ではないかと。

2010年6月 5日 (土)

マンガやアニメに出てくる世相

陰暦 四月二十三日

 マンガやアニメに出てくる当時の社会問題とか現実を先取りした描写をアップしてみました。メモですのであんま分析とは作品の解説はありません。あと思い出したら随時追加していこうと思っています。あと思いっきりネタバレですので注意。

続きを読む "マンガやアニメに出てくる世相" »

2010年6月 2日 (水)

今時の風林火山

陰暦 四月二十日

 面白いコピペを見つけました。                     

  ブレまくること麻生より酷く
  なんでも人ごと福田より酷く
  空気読めないこと安倍より酷く
  政治とカネは小沢の如し


 一回騙されるのは仕方がないとして次の選挙で日本人の真価が問われます。
 もう一度民主党に勝たせて馬鹿を見たら日本人はどうにもならない愚か者でしょう。

 私は麻生さんはぶれているとは思いませんけれどね(揚げ足を取られやすい話し方だとは思いますが)。

 まあ鳩山のまま参議院選挙に突入するよりは民主党の議席は増えるのでしょうが、総理大臣が一年持たなかったという事実は重いですし、いろいろな準備が一からやり直しで、党首脳や閣僚もいくらか入れ替わって知名度は落ちるでしょうし、なにより騙され続けた有権者がみんな民主党のところへ戻ってくるとは思えないので参議院で民主党側が過半数を確保するとは思えないです。

 菅氏もいろいろと脛に傷がありますからね。何より財務大臣になってから増税派に転じました。私のように増税を主張する側からすると心強いことですが、さて増税を参議院選挙のマニュフェストに入れることを民主党が認めるかですね。それとこれまで必ず増税派の総理大臣をつぶしてきたマスコミや金融界がどう動くかです。財務大臣として言ってきたことと総理大臣になってからいうことが、全く間をおかずに変わってしまうのもどうかと思いますし。

 もしも菅総理大臣となった場合は、増税の部分で政府と党、あるいはこれまでの菅氏と総理大臣になってからの菅氏で齟齬が生じるでしょうから、自民党はここを集中的に攻撃するべきでしょう。多分内閣と党が支離滅裂状態になります。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ