« マンガやアニメに出てくる世相 | トップページ | 自民党よりも財界寄りで米国寄りとは »

2010年6月10日 (木)

政策わかった上での支持なのかな

陰暦 四月二十七日

 菅政権の支持率が高く、これがそのまま選挙結果に反映されれば参議院で与党は過半数を維持できそうな勢いです。

 ただ、この政権は麻生・福田政権の税制改革(消費税増税、法人税の軽減)を受け継ごうとしているわけで、それゆえに私としては悩ましいのですが、菅政権が選挙で勝ったらその先に待っているのは増税なんだよね。それがわかった上での支持なのかしら。本当は去年鳩山政権を支持した人はこの政権を支持したら矛盾します。

 しかも麻生政権よりも、軸足が経済から財政再建に移っているので、経済運営で橋本政権の二の舞を踏む可能性が強いです。

 社会保障の拡充を求める人は、増税を急ぐあまりに国民(政治家を含む)の財政破綻への不安を煽っていますが、これは誠実ではないと思います。過大なデフレギャップがある限り、国債の値下がり(高インフレ)は生じません。財政破綻の危険性を煽ると、増税による増収の一部を国債の償還に当てざるを得なくなります。これは橋本政権の二の舞です。

 今度増税によって大不況を招いたら、現憲法体制下での増税は不可能になります。

 一件矛盾しているようですが、増税とセットで国債をさらに増発して政府支出を拡大しないと、橋本政権や安倍政権の時のような増税によるデフレ再突入を起こします。

 なんかこの政権が橋本政権とだぶってきた・・・

 麻生さんは菅政権を褒め殺しするべきではないかと、政策を受け継いでくれたのだから筋は通るし、さらに麻生さんが褒めると、有権者は菅政権が本当にやろうとしていることが何かわかってしまうんだな(笑)

 それとこの支持率は今回は選挙には反映しないと思うのです。与党は良くてギリギリ過半数ではないかと。

« マンガやアニメに出てくる世相 | トップページ | 自民党よりも財界寄りで米国寄りとは »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 べっちゃんさん こんばんは。
 「増税で財政再建」と「増税で経済成長」えらい違いです。
 それにしても、消費税をこれだけ批判していておきながら何なのか。一貫性も何もありません。指摘するとおり、前回の選挙に何で反対したのかわかりません。
 確かに意識的に国民は「福祉国家」を望んでいなかったとしか思えず、保守=新自由主義批判を展開しましたが、実態は民主党=新自由主義(ネオリベ)だっんですよ。そうでなければ、「事業仕分け」をあれだけ礼賛し支持が高い理由がわかりません。

 管政権は、富裕層に所得税の累進課税を強化することも提言しているそうです。政府税制調査会専門家委員会委員長・神野直彦関西学院大学教授が主導しているみたいですね。
 
 もともと、法人税と所得税の減税と消費税の増税は直間比率の見直しのそもそも論です。それを当時ぶち壊したんですよ。
 減税だけが先行し、税収不足が恒常的になったんです。それを「無駄を無くせば良くなる」とか、右派・左派の政治家が富裕層に対して低い税金でご機嫌取りをしやすくするのも、財政再建論が、それを後押ししているのは明白なことです。
 まさかわざと失敗して、二度と真っ当な政策を取れないようするつもりでしょうか?

 増税しても増収以上に財政出動をすれば景気は縮小しないはずです。ここのところ、リフレ派はマクロ経済重視を標榜しながら意図的に黙っています。

 日本のような供給力過剰、貯蓄過剰の国ではちょっとやそっとでは財政破綻(というか結局最後は高インフレによる国家債務の発散)が来ないことは明らかですが、増税を主張する人たちはこれに口をつぐんでいます。

 高速道路も子供手当も縮小し、農家の保障も完全実施は無理な状況です。これでなお消費税の増税まで主張するとなれば、完全に自民党のコピーです。

 ただ・・・本当に増税できるのか?という疑問は感じます。ギリシャのせいで何となく税制破綻の恐怖が世情を覆っているので、民主党は増税を言い始めましたが、どこかの国でバブルが弾けたり、ユーロがいよいよ危なくなってきて経済が失速し始めると増税に反対する気運が高まるでしょう。その時民主党はおそらく増税を引っ込めると思うのです。

 いくら増税を言い始めたからと言って、今まで何度も舌の根も乾かぬうちに公約を破り続けてきた人たちを信用はできません。増税派は民主党を応援する形での、増税の実現は避けた方がいいと思います。民主党が何かの拍子にまた変身した時に民主党と同類と思われて信用を失うのがオチです。

 あと、さすがにちょっと今の「世論」はいい加減すぎると思います。菅政権は去年のマニュフェストは全て破棄すると言っているようなものですから、ここは怒るべきところです。これでは民主党はますます増長して国民を一層軽視するようになるでしょう。

 どうもテレビに出る政治家の人相とBGMだけで支持率が決まっているような気がしてならないです。

 我々はテレビ漬けになるあまり、テレビの情報に敏感になりすぎているのではないでしょうか。音楽とか色と言った意味以前の印象があまりに「意味」に優越しすぎています。テレビで番組を作っている人たちからして、そのテレビの表現を使いこなしておらず、振り回されいるように思えます。

 文化大革命前夜、あるいはルワンダの民族虐殺前夜(ラジオ放送が敵意を煽っていた)のような危険な空気です。菅政権が失敗すれば、国民の無意識の暴走はコントロールが不能になるんじゃないかと思います。

 これ衆愚なんて品の良いものではないと思います。

 音と光でコントロールされている動物の群です。

>民主党が何かの拍子にまた変身した時に民主党と同類と思われて信用を失うのがオチです。

 何と言ってもこれが一番怖い。真っ当な政策が実行出来る可能性を喪失する痛手で損するのは、富裕層じゃなく下々の国民です。
 民主党の変心は金持ちに媚びるが故で、消費税増税も、企業の社会保障負担分を無くすことで、社員負担分を無くすことではありません。子ども手当てが扶養控除と労働運動のテーマの喪失と絡んでいること、企業の家族手当の喪失と絡んでいるわけですから。

>あと、さすがにちょっと今の「世論」はいい加減すぎると思います。菅政権は去年のマニュフェストは全て破棄すると言っているようなものですから、ここは怒るべきところです。これでは民主党はますます増長して国民を一層軽視するようになるでしょう。

 前回の衆議院選挙はいったいなんだったのか?これほど民主主義のプロセスを侮蔑した話もありません。国民は本当はもっと怒っても良い筈です。まだこのような政権に期待するほうが間違っています。
 
>これ衆愚なんて品の良いものではないと思います。

 音と光でコントロールされている動物の群です。

 ポストモダンの「動物化」ですよね。
 むしろ人間を動物化しコントロールすることに国内の左翼的な人達は喜びを感じているとしか思えませんね。

 その時々における世論調査の要望のトップ項目に従っているだけなんですよね。鳩山と小沢の辞任もそうに過ぎない。

 もちろん政治家は国民の要望を第一にするべきですが、目先の要求は必ずしも国民が本当に思っていることではないし、国民のためになることとは限らないのです。

 価格とか無理難題を何でも聞き上げるのは企画とか営業ではだいぶまずいやり方です。一時的にシェアは上がりますが、企業の体力が削られていきます。顧客も心からは満足していませんのですぐに逃げる可能性があります。

 結局政権交代をしたというだけで、財政赤字はさらに深刻化し、それを解決するはずの消費税増税も遅れ実施の目途は立たず、日米関係も悪化、アジアとの自由貿易交渉もストップ、慌てて自民党の政策に戻そうとしているものの実務遂行能力は欠落、官僚との信用関係もなくなった。

 よりによって自民党がここ二十年で一番まともな政策を掲げた時に自民党を叩き落として、民主党がこれまでで最低最悪な政策を掲げた時に政権を取らせちゃうんだもんな。

 一番悪いのは、マスコミが小沢とか中川秀直のようなデマゴーグのお先棒をかつぎすぎなことです。こういう連中は記者との付き合いがよいのでしょう(昔風の内部情報を教えてくれるのでしょう)自民党が内部分裂してたとか麻生降ろしだって、中川あたりの周囲だけの話だったんだし。

>その時々における世論調査の要望のトップ項目に従っているだけなんですよね。鳩山と小沢の辞任もそうに過ぎない。

 もちろん政治家は国民の要望を第一にするべきですが、目先の要求は必ずしも国民が本当に思っていることではないし、国民のためになることとは限らないのです。

 「顧客要求事項」の達成度に縛られて、かえって品質向上にならず、サービスの低下を招く「負のダウン・スパイラル」ですね。
 このジレンマは、「数値化」「○○至上主義」に囚われると起きやすくなります。
 企業でもこのあたりはだいぶ反省したのですがね。
 
>よりによって自民党がここ二十年で一番まともな政策を掲げた時に自民党を叩き落として、民主党がこれまでで最低最悪な政策を掲げた時に政権を取らせちゃうんだもんな。

 この時勢と政策の現実を見れない時点で、国内の左翼を自称する者達が、国民を向いていない事は明らかなんですよね。
 

 菅総理の施政方針演説はなかなか良かったようですね。しかし民主党はこれまでに嘘をつきすぎました。

 増税と景気の回復を実現すれば支持をします。でも実績を見せてもらわない限り支持をすることはできません。

 自民党の方が先に増税と景気回復を口にしているわけですから、与党と野党が同じことを言っているのなら野党を支持する方が与党にハッパをかけられます。これで菅政権が負ければより増税と景気回復を純粋な形で主張している野党が政権を握る可能性が強いわけですから当然です。

 国民一般のことはわかりませんが、私はまだ菅政権を支持することはできません。支持するのは実績を見せてもらってからの話です。去年の今頃民主党は沖縄からの基地撤去や、無駄減らしによる財源の確保を主張していたわけですから。これが消費税とどこが違うというのでしょうか。

 もう一度言いますが、与党と野党が同じことを言っているのならば、野党を支持する方が政策の実現性は高まるのですよ。

 厚労省から最低賃金の全国一律800円に関する調査が都道府県等に対して出ているのですけどご存知でした
 まだ手元に資料が来てませんが、17県については、ダメージをうける恐れがある旨の話を先日うけました。
 大都市、大企業に所属していると最低賃金引き上げはたしかに当然で、自明のことになりますが、地方にとっては新規雇用のための企業誘致は絶望となるでしょう。
 なんで大都市と賃金格差をわざと設けているかは、中国の現状がそうだからです。

 消費税増税で財政再建に使われ、賃金のコストアップ、事業仕分けで国の支援打ち切りで、補助喪失で中小零細は立ち行かなくなるのに、国民を騙す気は満々ではないかと。
 
大和総研 / 最低賃金の意図しない効果http://www.dir.co.jp/souken/research/report/harada/10061001harada.html

 EUでは共通通貨の弊害が出ていますが、その逆を言って、日本は地域別に別々の通貨を持つようにすればいいと思うんですよ。江戸時代はそうだったわけだし、国内で複数の通貨が流通するのは珍しいことではありません。

 北海道、東北、中四国なんかは徹底的に大都市圏に対して通貨を切り下げて人件費で勝負すればいいし、九州は人民元にあわせた通貨政策をしても良いと思います。

 そうすりゃ地方振興費も安くてすみます。

 地方主権なんてややこしいことしなくていいんです。地域別通貨を許可しさえすれば地域格差は全て解決するんです。格差が正の意味を持つようになるんです。

 でもなぜか地域主権を言う人も、主権を支那に明け渡せみたいなことを言う人も、地域別通貨だけは避けるんですよね。

 何かにつけ金融が聖域化されすぎていますね。これが閉塞感の根本原因じゃないかなあ。

こんにちは。よくわからないけれど、確かに最近のリフレ派(笑)はおとなしい感じがしますね。

菅政権が第二期小泉政権になるのではという説があるそうですが…

みんなの党と連立するようになったらオシマイですね。

http://www.momoti.com/blog2/2010/04/post_731.php

自民は自民で2流派あって(上げ潮とか)、民主は民主内で2流派あって意味不明なことこの上ないです…

 自民と民主がお互いに同じような内部対立を抱えているらしいことがだいぶ世間に周知されてきましたね。

 この際両方とも真っ二つに分かた上で、くっついて福祉国家派と自由主義派に分かれてくれるのが国民にとっても政党にとってもわかりやすいし精神衛生上も良い。

 今の状態だと、各政党が選挙の度ごとに、国民受けの良さそうな顔を党首にして票を取り、選挙後に党内抗争をして首をすげ替えて、選挙の時とは違う政策が実現されると言うことの繰り返しになって、政治に対する信頼は失われるわ、結局どっちの政策も中途半端になるはで良いことは一つもなしです。

この政権では靖国公式参拝はしないそうです。
そっち系だったのか。

 ここまで自民党の真似をするんだったらいっそ靖国でもせめて曖昧作戦をとれば自民党の支持層はかなり動揺したと思うんですが。三つ子の魂百までと言うやつでしょうね。高齢者の票がいくらか逃げたかもしれません。

 菅政権が言っていることは今のところ悪くはないのですが(麻生政権が残していった政策を丸飲みしたわけですので当然なんですが)、いかんせん民主党はこれまでに嘘をつきすぎましたので、実績を見せてもらってからでないと支持はできません。

 幸い、谷垣さんも麻生さんの政策を大筋では受け継いでいますので、経済成長と福祉国家を求める人は自民党に投票すればいいと思います。

 今の民主党に入れると言うことは、福祉国家派と新自由主義派が内部対立をしていた頃の自民党に入れるのと一緒でして、福祉国家を目指していたはずの菅総理に投票したのに、いつの間にか小沢が盛り返して、一年後にはなぜか民主党政権が再び新自由主義的政策を遂行しているなんてことになりかねません。

 与党と野党が同じことを言っているのならば野党に入れた方が政策の実現性は高まります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/48587919

この記事へのトラックバック一覧です: 政策わかった上での支持なのかな:

« マンガやアニメに出てくる世相 | トップページ | 自民党よりも財界寄りで米国寄りとは »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ