« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月28日 (水)

それじゃあ経済は拡大しないよね

陰暦 六月十七日

 The Economistを読んでいたら「日本は経済が縮小しているが、新しい産業の芽はある、例えば外食産業とかジェネリック医薬品とか・・・」という記事がありました。外食産業はともかくとしてジェネリック医薬品は経済の拡大につながりません。メディアが言うところの「成長産業」というのはこの手の物が多いです。

 なぜ経済の拡大につながらないかというと、ジェネリック医薬品ができたからといって、人間が飲む薬の量は増えないからです。高価な薬の替わりに安い薬が消費されるだけです。むしろ経済は縮小する可能性の方が高いです(ジェネリック医薬品の不朽によって患者の負担が減ることは望ましいことだと思います)。

 メディアが持ち上げる成長産業というのはただの代替え需要に過ぎない物が多いです。ipodの普及はウォークマンの衰退と引き替えです。電気自動車が普及すれば町の空気は更にきれいになるでしょうが、日本全体を走る自動車の数は変わらないでしょう。

 この手の新商品がどんどん出てきて世の中が便利になることはよいことなのでどんどんやればいいと思いますが、それと国家の経済が拡大することは別問題です。若年層の失業解消、社会保障費用の確保、国家債務の発散防止などはこの国全体の経済活動の拡大によって解消しなければなりませんが、ジェネリック医薬品や電気自動車では解消はできません。それにこの手の新商品は放って置いても消費者が買いますので、今さら国がお金を出さなくても大丈夫です。

 社会保障費用の確保も国家債務の発散防止も、現役世代の雇用が拡大して、彼等が社会保険費や税金を払うようになれば解消しますが、おそらく今のところ雇用を拡大できる可能性がある分野は介護・医療と土木しかないと思います。国はむしろこういった生産性が低い分野に金を使うべきでしょう(長期的視点で見れば生産性が低いとは言えないのですが・・・親介護の負担が減れば仕事がしやすくなるし、災害が減り道路で移動がしやすくなれば国全体として経済が振興される)。新自由主義者のように国に企業で言うところの生産性を持ち込む方がおかしいのです。

2010年7月24日 (土)

珍論なのは承知で書いているのですが・・・

 今の世界経済って実質的に円本位制なんじゃなかろうかと思うのです。円だけが世界中の通貨に対して高くなっている。ドルよりも信用できるとみんなが思っている。

 政府が債務を拡大しまくっても円が暴落しないのは民間部門が政府の債務拡大を上回るスピードで債務を縮小しているからですが、他のどの通貨の裏付けもなく、日本国内だけで信用を想像して経済を回している。これって実はすごいことなんですね。世界の中でこれができる国は日本以外には米国と英国くらいしかないのです、ユーロは失敗しつつありますし・・・ドイツ金融帝国とその経済植民地に再編成されたEUならこの信用を自己創造している仲間に入れそうですが。

 全ての学問を母国で研究できるのは英語圏の人間と日本人だけ(仏語、独語、ロシア語でもある程度は可能)で発展途上国の学生が日本の大学に来て授業も教科書も日本語であることに驚くのを見て、こっちが驚くのですが、円だけでやっていけるのもこれと同じで本人が気づいていないけれど実はものすごいことだと思うのです。

 日銀の人たちの妙な自信はこのあたりにあるのかな。日銀だけが背負っているわけじゃないと思うけれどね。結局は日本人全体の勤勉さに対する信用なんですよね。いくらアジア通貨危機の時のように円を暴落させたくても、そもそもヘッジファンドは円で資産を持っていないので手出しができないんだな、これが。

 あと高齢者の増加によって年金が持たなくなるので日本だけでなく先進国全体で年金の支給開始年齢を引き上げて、高齢者の雇用を促進していますが、これは間違いだと思うのです。日米欧がデフレに陥っているのは老後のために金を貯めすぎているからです。この膨れあがった年金準備金の融資先に困って日本では80年代にバブルが発生し、欧米でも21世紀初めのバブルになりました。

 今の先進国では需要の不足によるデフレと若年層の雇用不足による少子化が問題となっています。これを両方解決するには、高齢者にはさっさと退職してもらって膨れあがった年金を使ってもらうに限ります。そうすれば人手不足になるので若年層の雇用も進みます。膨れあがった年金や貯金が市中に出回りますので、金融機関にかかるプレッシャーも軽減されて変な新興国やサブプライムローンみたいな物に投資しなくても良くなります。

 一見矛盾しているようですが、ギリシャのようにもう50代後半で退職してもらって、高齢者にどんどん金を使ってもらうのが経済を活性化させる特効薬だと思います。景気が良くなれば年金財政も改善されます。現役の給与が上がれば保険料も増えますし、年金の運用も改善されます。今の先進国は床下に千両箱を抱えて貧乏暮らしをしているごうつくジジィ(ババァ)みたいな物です。いつまでたっても使う日は来ずに、生活は貧しいまま、死んだら遺産を受け継ぐ子孫もいなくて、役所に回収されるだけ。

 だから年金支給開始年齢の延長は百害あって一利なし。それどころかデフレの根本原因なのではないかとすら思います。

特にテーマはありません

陰暦 六月十三日

 関東地方にしては珍しく蒸し暑い夏で、こっちの生まれの人たちは大変そうです。私は瀬戸内の生まれなので何だか懐かしい感じがします。このぐらいならまだまだ大丈夫。瀬戸内の夏はもっとすごい。

 しかし光化学スモッグが発生しやすくなるのはいただけません。今日も外を歩いていたら咳き込んで困りました。

 暑いので市営プールに行ったら大盛況でした。プールから上がってボーっとしていたら四歳くらいの女の子がお父さんにアイスをねだっている。
「ねーパパ、あいしゅ買っれ」
「(財布を覗きながら)ママにお金渡しちゃったからママが上がってきてからね」
「おさいふ見せて」(!)
子供というのは鋭いですね、ついに根負けしてアイスを買わされてしまいました。

 暑いともう一つ困るのが、DVDレコーダーの調子が悪くなること。DVDを焼く機能がうまく働かなくなるらしくて、「ゲゲゲの女房」の妖怪シーン集のDVDが駄目になってしまった。残念。

 美味しそうな鰹が手に入ったので今日は鰹のタタキで一杯。夏のイベントに向けて同人誌を仕上げないといけないのですが、その作業は明日にします。

2010年7月16日 (金)

この国には政府はないのですか?

陰暦 六月五日

 なんか集中豪雨で大変なことになっているようですが、政府が被災者の救助のために何かをしたという情報が流れてきません。自民党に投票したど田舎よりも、小沢が起訴されるかどうかの方が気になるのでしょうか?

 それともこれからは公共事業を削るんだからこれくらいの洪水は我慢しろと言うことでしょうか(筋は通っていますが)。堤防やダムに金をかけないと言うことはこういう洪水は我慢すると言うことです。

 自民党政権だったらあり得ないくらいの無策です。

 自民党は初動の遅い政府なんかほっといて、被災地の復興で陣頭指揮を執ったらどうでしょうか?選挙を待つまでもなく自民党が実質的に天下人になれますよ。政府じゃなくて自民党の言うことを聞くようになりますよ。

2010年7月14日 (水)

さすがにそれはないか

 葬儀屋に「今なら半額!」と書いてあってギョッ!としてしまったのですが、よく見たら仏壇の値段でした。そりゃそうか(^^;A

野党に配慮してじゃないでしょ

江田五月議長交代へ、後任に輿石氏ら浮上(讀賣新聞)

 岡山県生まれとしては江田五月の議会運営にはがっかりでしたが、後任候補(読売が勝手に言っているだけかもしれないけれど)が輿石と西岡って、両方とも小沢とつるんでいる人物ではありませんか。しかも両方とも自民党からかなり嫌われている人物じゃん。

 こりゃ小沢派への配慮人事であって、野党への配慮などではないですね。

なかなか良い結果なのではないでしょうか

陰暦 六月三日

 参議院選挙が終わりました。自民党が改選第一党、選挙区では自民党が勝利、比例代表では民主党が票を大幅に減らし下馬評ほどの差は出ず、なかなか良い結果だったのではないでしょうか。なんといっても、ポピュリスト政党のみんなの党を加えても参議院で過半数に1議席足りないというのが玄妙です。

 かつての民主党のように無責任なことばかり言うみんなの党には議席を増やして欲しくなかったのですが、まあ世の中にこういう党に期待する人が一割くらいいるのは仕方がないし、二大政党がこういう無責任もしくはかなりやけっぱちな心理になっている人たちを支持基盤としなくなったのはよいことだと思います。みんなの党が次の選挙で生き残るのか、あるいは次の選挙ではまた新たなポピュリスト政党が現れるのかはわかりませんが、自民党と民主党はもうこの層のことは当てにしないで仕事をして欲しいです。

 民主党はどこかで自民党に大連立を持ちかけてくると思いますが、自民党はいったんは断るべきでしょう。建設的な野党を国民に見せて欲しいと思います。世論調査の支持率は自民と民主の差が縮まっています。今回自民党は消費税増税を掲げつつ支持を得ることができたわけですので、これからも責任有る政策を訴え続け、民主党に是々非々の立場で望めば遠からず支持率は逆転するでしょう。

 政権の中に入って、民主党の言うことになんでも賛成する勢力になってしまったら最後、自民党を国民は支持しなくなると思います。国民は執行部の言うことに盲従する民主党も支持しなかったし、自分のことしか頭になく民主党を引きずり回すだけで建設的なことはできなかった社民党と国民新党も支持しませんでした。自民党に必要なことは是々非々で政権に望むことです。そのためには政権の中に入ってはいけません。

 あと、やっぱ衆議院も中選挙区制に戻すべきなんじゃないですかね・・・

2010年7月10日 (土)

デフレの原因

 所得税は軽減されましたが、それ以上に社会保障負担と間接税の負担が拡大していますので、家計の負担は重くなっています。社会保障負担を支払って いるのは雇われている人たちです。一番得をしたのは、社会保障負担を払う必要がなく、所得税は軽減された資産家ということになります。

続きを読む "デフレの原因" »

じゃあ企業の負担は・・・?

 では企業の可処分所得と負担がどれくらいか見てみましょう。家計と同じようなグラフを作ってみました。

続きを読む "じゃあ企業の負担は・・・?" »

不公平感・重税感の原因

陰暦 五月二十九日

 日本の国民負担率は欧州と比べて低いとよく言われていますが、日本人は税負担は重いと感じています。福祉国家派や財政再建派はこれをつかまえて日本人は民度が低いと断じていますが、このいわゆる応分の負担を国民に求めている「良識派」の政治家や学者や官僚の認識はどこまで正しいのでしょうか?

続きを読む "不公平感・重税感の原因" »

2010年7月 8日 (木)

減税しても企業は成長しなかった

陰暦 五月二十七日

 まず理屈で考えてみますと、減税しても企業の利益が減税分以上に伸びなければ減税をした意味がありません。お金が政府から企業に移動するだけで国全体と しての富は増えません。けれども政府としては国防とか福祉のようにどうしてもやらなければならない仕事があるわけで、政府サービスの質を落とすまいとすれ ば債務を増やすしかなく、それが嫌なら政府サービスの質を落とすしかないです。

続きを読む "減税しても企業は成長しなかった" »

2010年7月 6日 (火)

減税しても景気はよくならない

陰暦 五月二十五日

 今回の参議院選挙はいつの間にか消費税がテーマになりつつありますが、このこと自体は悪いことではないと思います。税制は国家の根幹に関わることです し、我々の生活もこれによって変わっていきます。また、どのような税制を選ぶかによって国に入ってくるお金の量も変化しますので、税制によって使い方も制 約を受けることになります。安定した税収の上には安定した社会保障制度を作れるでしょう。逆に景気によって大きく変動する税制を選んだ場合は、めまぐるし く大盤振る舞いと緊縮財政を繰り返す政治しかできなくなるでしょう(選択肢としてはこれもあり得ます)。

続きを読む "減税しても景気はよくならない" »

2010年7月 1日 (木)

中間層を潰したいのですか?

陰暦 陰暦 五月二十日 【富士山山開き】

 消費税上げで首相「年収2百〜4百万以下還付」

 消費税を上げても、低所得層に返して、さらに法人税を引き下げたら増収にはならんではないか。大金持ちは法人税の引き下げで潤って、低所得層に返すってことは、中間層だけが損をするではないか。

 国を支えている層を潰してどうするのか。

 それにこれからは現金ではなくて現物の支給(サービスの支給)に方針を転換すると言っていたのにそれがなしになっている。行き当たりばったりだ。

 消費税増税を言い始めたのも確固とした思想があってのことではなく、あんちょこにしていた欧米の高級紙が財政再建一色になり、憧れの国エゲレスが増税を選択したからだけだったのでしょう。だから国民が疑問を持ったらすぐにまたばらまきに転じる。

 増税派は民主党を支持してはいけません。変節漢と同類扱いされます。

 中間層、中小事業主を叩いて、低所得層に金を配って票を集め、増税で中間層を低所得層にすることで人件費を下げ、法人に富を集めることで、実質的にその法人を私物化している高所得層を肥やす。民主党の新自由主義者としての面目躍如です。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ