« 特にテーマはありません | トップページ | それじゃあ経済は拡大しないよね »

2010年7月24日 (土)

珍論なのは承知で書いているのですが・・・

 今の世界経済って実質的に円本位制なんじゃなかろうかと思うのです。円だけが世界中の通貨に対して高くなっている。ドルよりも信用できるとみんなが思っている。

 政府が債務を拡大しまくっても円が暴落しないのは民間部門が政府の債務拡大を上回るスピードで債務を縮小しているからですが、他のどの通貨の裏付けもなく、日本国内だけで信用を想像して経済を回している。これって実はすごいことなんですね。世界の中でこれができる国は日本以外には米国と英国くらいしかないのです、ユーロは失敗しつつありますし・・・ドイツ金融帝国とその経済植民地に再編成されたEUならこの信用を自己創造している仲間に入れそうですが。

 全ての学問を母国で研究できるのは英語圏の人間と日本人だけ(仏語、独語、ロシア語でもある程度は可能)で発展途上国の学生が日本の大学に来て授業も教科書も日本語であることに驚くのを見て、こっちが驚くのですが、円だけでやっていけるのもこれと同じで本人が気づいていないけれど実はものすごいことだと思うのです。

 日銀の人たちの妙な自信はこのあたりにあるのかな。日銀だけが背負っているわけじゃないと思うけれどね。結局は日本人全体の勤勉さに対する信用なんですよね。いくらアジア通貨危機の時のように円を暴落させたくても、そもそもヘッジファンドは円で資産を持っていないので手出しができないんだな、これが。

 あと高齢者の増加によって年金が持たなくなるので日本だけでなく先進国全体で年金の支給開始年齢を引き上げて、高齢者の雇用を促進していますが、これは間違いだと思うのです。日米欧がデフレに陥っているのは老後のために金を貯めすぎているからです。この膨れあがった年金準備金の融資先に困って日本では80年代にバブルが発生し、欧米でも21世紀初めのバブルになりました。

 今の先進国では需要の不足によるデフレと若年層の雇用不足による少子化が問題となっています。これを両方解決するには、高齢者にはさっさと退職してもらって膨れあがった年金を使ってもらうに限ります。そうすれば人手不足になるので若年層の雇用も進みます。膨れあがった年金や貯金が市中に出回りますので、金融機関にかかるプレッシャーも軽減されて変な新興国やサブプライムローンみたいな物に投資しなくても良くなります。

 一見矛盾しているようですが、ギリシャのようにもう50代後半で退職してもらって、高齢者にどんどん金を使ってもらうのが経済を活性化させる特効薬だと思います。景気が良くなれば年金財政も改善されます。現役の給与が上がれば保険料も増えますし、年金の運用も改善されます。今の先進国は床下に千両箱を抱えて貧乏暮らしをしているごうつくジジィ(ババァ)みたいな物です。いつまでたっても使う日は来ずに、生活は貧しいまま、死んだら遺産を受け継ぐ子孫もいなくて、役所に回収されるだけ。

 だから年金支給開始年齢の延長は百害あって一利なし。それどころかデフレの根本原因なのではないかとすら思います。

« 特にテーマはありません | トップページ | それじゃあ経済は拡大しないよね »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

 日本的ガラパゴス論の正の部分をあげたと言う事でしょうか。
 年金の支給開始年齢の段階的引き上げと退職から年金受給までの期間の乖離の拡大(1~2年が5~10年)が、貯蓄及び低価格商品(PB)を性向に拍車をかけたことがデフレ親和性を強めたということでしょうか?
若年層に関しては、卒業時にほぼ完全雇用に近い形態(以前から言う非正規公務員として再就職をしやすくする)をとった後に、経路を再選択するようにするのがよいのでしょうね。ただ現政権は50代の継続雇用を重視して、若年層の雇用を減らすほうを選択しています。少子化対策は雇用の安定化が一番だと思うのですが。
 

 年金の支払い準備は百数十兆円にも上っています。これから現役世代が減り、年金は支払い超過になるので、数十年分の貯金をこの二十年間で作ったと言うことだと思います。

 いろいろあるのでしょうが、結局バブル崩壊後にできた金の流れというのは、現役層から社会保険料を取り、高齢者に年金として配り、高齢者は貯蓄をするというもので、現役からの保険料の徴収がデフレの原因です。

 財務省や厚生労働省の真面目な官僚が聞いたら怒る(バカにする?)かもしれませんが、それならば55歳になったらもう退職してもらって年金がバンバン払って、そのかわり若年層の雇用を増やす方が良いと思うんですよ。経済が振興されますし、子供も増えるでしょう。

 そんなことをしたら2030年くらいに年金は底をつく!と官僚は言うでしょうが、おそらくそうはならないと私は思います。現役世代の経済活動活発化により、年金財政はむしろ好転するはずです。

 世の中がデフレに喘いでいる時に、毎年十数兆円の年金の支払準備金を積み上げる行為の方がよっぽど異常だと思います。

 要するに、日本に一番不足しているのは消費者なので、高齢者をどんどん退職させて年金でどんどん消費をしてもらおうという話です。年金の早期支給を景気対策として使おうという主旨です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/48963355

この記事へのトラックバック一覧です: 珍論なのは承知で書いているのですが・・・:

« 特にテーマはありません | トップページ | それじゃあ経済は拡大しないよね »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ