« デフレの原因 | トップページ | 野党に配慮してじゃないでしょ »

2010年7月14日 (水)

なかなか良い結果なのではないでしょうか

陰暦 六月三日

 参議院選挙が終わりました。自民党が改選第一党、選挙区では自民党が勝利、比例代表では民主党が票を大幅に減らし下馬評ほどの差は出ず、なかなか良い結果だったのではないでしょうか。なんといっても、ポピュリスト政党のみんなの党を加えても参議院で過半数に1議席足りないというのが玄妙です。

 かつての民主党のように無責任なことばかり言うみんなの党には議席を増やして欲しくなかったのですが、まあ世の中にこういう党に期待する人が一割くらいいるのは仕方がないし、二大政党がこういう無責任もしくはかなりやけっぱちな心理になっている人たちを支持基盤としなくなったのはよいことだと思います。みんなの党が次の選挙で生き残るのか、あるいは次の選挙ではまた新たなポピュリスト政党が現れるのかはわかりませんが、自民党と民主党はもうこの層のことは当てにしないで仕事をして欲しいです。

 民主党はどこかで自民党に大連立を持ちかけてくると思いますが、自民党はいったんは断るべきでしょう。建設的な野党を国民に見せて欲しいと思います。世論調査の支持率は自民と民主の差が縮まっています。今回自民党は消費税増税を掲げつつ支持を得ることができたわけですので、これからも責任有る政策を訴え続け、民主党に是々非々の立場で望めば遠からず支持率は逆転するでしょう。

 政権の中に入って、民主党の言うことになんでも賛成する勢力になってしまったら最後、自民党を国民は支持しなくなると思います。国民は執行部の言うことに盲従する民主党も支持しなかったし、自分のことしか頭になく民主党を引きずり回すだけで建設的なことはできなかった社民党と国民新党も支持しませんでした。自民党に必要なことは是々非々で政権に望むことです。そのためには政権の中に入ってはいけません。

 あと、やっぱ衆議院も中選挙区制に戻すべきなんじゃないですかね・・・

« デフレの原因 | トップページ | 野党に配慮してじゃないでしょ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

大連立の時代はいずれ来るでしょう。
小沢のいう二大政党制自体が間違っているわけですからね。混乱の元です。
アメリカの要求に本腰を入れて逆らえない日本政治には、国民・沖縄県民の意に屈しない安定政権と口先万年野党が必要です。

 菊池さんおはようございます。

 小選挙区制廃止を条件にした大連立ならありかもしれませんね。

二大政党制になってしまう
小選挙区制に問題があるのかも知れません。
ねじれ国会、何も法案を通せない、政治空白、総理が1年ももたない、政権交代、政情不安定。

何もできないですよ。

諸悪の根源は細川・小沢・羽田の推し進めた政治改革にあると思います。

自由党と民主党を連立に導いた策士三木武吉の登場を願う所。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/48872068

この記事へのトラックバック一覧です: なかなか良い結果なのではないでしょうか:

« デフレの原因 | トップページ | 野党に配慮してじゃないでしょ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ