« 日本の所有権の発達(十一)・・・所得税と法人税の正体 | トップページ | 蝶々がはためいても台風は起きない »

2010年9月11日 (土)

わかってないね

八月四日 【二百十日】

 尖閣諸島で違法操業をした上に海上保安庁に攻撃を仕掛けてきた支那の漁船が拿捕されました。当然のことです。

 どう考えても、与党の党首選で指揮系統が混乱している隙を狙った工作活動ですが、日本の武力組織というのは中央の統制がきかない時ほど攻撃的になる傾向があり、中央の統制がきいている時は猫のように従順になる傾向があります。

 支那人の場合は、中央の統制がきいている時でないと攻撃的にはなりません。そうでないといざというときの助太刀が期待できませんからね。

 中共は日本の強硬姿勢にビックリしていろいろやっているようですが、これは満洲事変や日華事変でわかっているはずだと思っていたのですが・・・

« 日本の所有権の発達(十一)・・・所得税と法人税の正体 | トップページ | 蝶々がはためいても台風は起きない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: わかってないね:

« 日本の所有権の発達(十一)・・・所得税と法人税の正体 | トップページ | 蝶々がはためいても台風は起きない »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ