« ちょっとは感謝しろよ | トップページ | 継体天皇と伽耶諸国とか »

2010年10月31日 (日)

知事選に候補者を擁立しない与党って一体・・・

九月二十四日

 民主党は沖縄だけでなく宮崎でも知事選の候補者を擁立しないらしい。いくら国会議員が四百人いても知事選で不戦敗を続ける与党はどんどん魅力も戦闘力も失って、内部が空洞化してしまうのではないでしょうか。

 民主党が政権を取ってからぜんぜん法律が通らなくなって、民主党を支持してきた団体も呆れている頃だと思うのですが、呆れるのを通り越してい見捨てられつつあり、候補者の擁立ができないのかもしれませんね。

 そりゃ自分のパフォーマンスにしか興味がない大臣に法律の知識も何もなくて役に立たない陣笠議員では政権につけた意味がありません。それならば能力が高い人だけが生き残った自民党を通して要求を実現する方が効果があると各種団体が考えるようになってもおかしくはないでしょう。

 官僚が何もかもやっていて国会議員は意味がないとか、数さえそろえばいいとかよく言われますが、そんなことはないと最近思うようになりました。官僚攻撃は国会議員の怠慢を隠すための天狗の隠れ蓑なのでしょう。やっぱり国会議員が審議をしないと法律はできないし、無能な議員ではそもそも法案を作れないので数で押し通すところまで行けないんですよね。

 参議院の運営が厳しくなったのは事実でしょうが、まだ自民党や公明党はそんなに妨害工作をしているようには見えないんですよね。ただ単に民主党に当事者能力がなくてルーチンワークすらこなせなくて話が進まないだけのように私には見えます。

 最近新聞が急速に民主党に冷たくなってきましたが、この何も進まない状況に圧力団体が業を煮やし、総選挙を行わせることで一致したんじゃないかなとも思うのです。

« ちょっとは感謝しろよ | トップページ | 継体天皇と伽耶諸国とか »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/49898843

この記事へのトラックバック一覧です: 知事選に候補者を擁立しない与党って一体・・・:

« ちょっとは感謝しろよ | トップページ | 継体天皇と伽耶諸国とか »