« 山幸彦・海幸彦の話は嫁取り物語の変形 | トップページ | 今更ながら »

2010年12月 3日 (金)

喜んで良いやらがっかりして良いやら

十月二十八日

 朝で忙しかったので、ええいめんどうだ!と野菜炒めを塩とニョクマムだけ、いつもの2倍くらい入れて味付けにしたら中華料理屋と同じ味ができてしまった。

 塩と合成調味料だけだったのか・・・



 ニョクマム(魚醤)は合成調味料ではないですが、成分は同一です。そういえば合成調味料を悪し様に言っていたくせに、ニョクマムを後生大事に隠し味だとか言って使っていたマンガがどこかにあったっけ。自分で料理をするようになってから、あのマンガが言っていることがかなりおかしいことだらけだということが分かるようになりました(政治以前に料理の話としておかしい)。あの作品は「食べる人」にとってのファンタジーで、板前とかコックとか農家や漁師とはなんの関わりもない作品なのです。

« 山幸彦・海幸彦の話は嫁取り物語の変形 | トップページ | 今更ながら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/50196647

この記事へのトラックバック一覧です: 喜んで良いやらがっかりして良いやら:

« 山幸彦・海幸彦の話は嫁取り物語の変形 | トップページ | 今更ながら »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ