« これからの災害報道のあり方 | トップページ | 計画停電騒動で見えたこと »

2011年3月14日 (月)

円売りドル買い介入を

重要なことなので再掲します

 今後、日本の行政機関、企業および個人は膨大な資金を必要とするため、海外資産を売却し、円を買う行動が一斉に行われることが容易に予想されます。

 それによって円高が急激に進む可能性があります。

 これによってただでさえ打撃を受けた企業がさらに打撃を被ります(何せ決算が控えている、1ドル70円台で決算なんて最悪、地震以上の損害が発生しかねない)。

 また、海外の資産が円建てで目減りしてしまいます。これでは泣きっ面に蜂です。

 いっそのこと緊急避難的に固定相場制に戻しても良いくらいです。

 財務省と日銀は即刻円売りドル買いの用意を進め、最悪でも現状よりは円高が進まないように、できれば今よりも円安にするくらいでも良いくらいです。どこの国も文句は言えないでしょう。

 救援隊派遣よりもこっちの方がよっぽど日本にとって助かります。各国におかれては日本の円売りドル買い介入を認めるようお願いしたいです。

« これからの災害報道のあり方 | トップページ | 計画停電騒動で見えたこと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

管首相は断固として投機筋と戦う、とおっしゃっています。

しかし、どうせ、何も対策できないだろう、このまま円高に誘導してしまえ、との思惑が強いです。

それにしても、1ドルが79円を割るなんて信じられません。
政府は舐められてるんですかね。

菊池さん、ご無事なようで何よりです。

円高が悪いことばっかりじゃないと私は思っています。長期的(20年以上のスパン)で考えた場合、円高にして内需大国を目指すべきだと最近は考えるようになりましたが、今この段階で70円台はまずいだろうと思います。

産業界は今、工場の被災、電力不足への協力による生産停止で大変な損害を被り続けています。政府が産業界とともにあることを見せるためにも、為替相場に介入しても良いんじゃないかと思います。

ただ、本当の意味で日本経済を回復させたいのなら、今日銀がやっている流動性供給をさらに進めるのが一番良いんですよね。しばらくすればこれの効果が出て円高は収まります。

私は長期的には円高になると思いますが、日銀が今の調子で流動性供給をし続ければ(そうですね100兆円を超えるまでやって良いと思います)、円安に転じ、投機筋は損害を被るでしょう。

政府の外為介入によって安心感が広がって、真に必要な国内の流動性供給がおろそかになるともっと困るのです。

バブル以来、日銀は資金供給をずっと絞り続けてきました。その結果国外に流れてしまった国府は400兆円以上です。海外に資産を買ったといっても、それを国内に戻さない限り赤字と一緒なんですよ。売掛金が貯まった大福帳を眺めて喜んでいても、家の中の金庫に金がなけりゃあ意味がない。

私は日銀はマネーを今よりも500兆円くらい供給しても良いと思いますね。それでやっと日本の経済は健全化すると思いますよ。

各国による協調介入が実現したようです。
ドルを81円半ばまでも戻しました。
とりあえず、菅・野田コンビはやりました。何も出来ずに指をくわえてるだけではなかった。

不意打ちを食らった?ではないですが、投資家は大損害を蒙りました。
第二ラウンドは菅・野田コンビの勝利という事で??

菅総理はしゃれじゃないですけれど、生き残るための勘所は良いですね。能力で言えば福田さんとか麻生さんの方がずっと上なんですが、臨機応変さとか張ったり力みたいなものは菅総理の方が上かもしれません。

地震がなければ次の総選挙で民主党は消滅していたと思いますが、菅総理と枝野官房長官二人の力でそれは避けられそうですね。

しかし、こういったその場その場を生き残るだけではダメで、政治家には国家百年の計を持って長期的な視点で政策を進めて行ってほしいです。

菅総理及び民主党には、復興に道筋がついたら、そういう政治家に道を譲ってほしいです。

トンチンカンな事をいい続けて結局自爆した鳩山前首相よりは、菅首相の方がなんぼかだけましなのかもしれません。

公約と全く反対の事をやる。
これが政権交代をするリーダーの資質なのではなかろうか…。

足利尊氏は、天皇親政をスローガンに掲げて、人心を集めて鎌倉武家政権を倒しました。しかし、天皇親政なんて全くやる気がなかったわけで、逆に、後醍醐朝を結局壊滅に向かわせています。天皇政治を頭から否定していたようです。

薩長攘夷派にしても、攘夷をするつもりは全くなかったわけで、江戸幕府を揺さぶる為に、攘夷を叫んでいたようですし。
明治政府は開国、文明開化の道を歩んでいます。

菅首相だって、消費税を据え置くつもりは最初からなかったわけで、自民党を倒す為に消費税据え置きをスローガンにして選挙を戦ったわけです。

大きく嘘をつけなければ、政権交代なぞ出来ない、という事でしょう。
ペテン師・詐欺師を演じる事が重要なのかと……。

だけど、鳩山前首相は本気で消費税を据え置くつもりだったのでしょう。米軍基地の県外移設を考えていたのでしょう。
一途な人だったのでは……。
夢と現実を一緒にしてしまいました。
これではとても首相なんか務まらない。
壊滅あるのみ。

その辺がリアリスト菅首相との違いかと思います。

ええ、だから菅総理が大公共事業を打ってくれるのなら、今からでも私は熱烈な応援者になります。

鳩山は総理になる前から頭がおかしいと言われてましたけれどね。

ヤフー情報からの抜粋

鳩山氏は「必ずしも正確な情報が伝わっていない。風評被害も含め、(福島県などで)不安感が広がっている」と、政府の情報開示は不十分だと指摘した。東京電力についても「想定外のときにどうするかという発想が足りなかったのではないか。想定外だから仕方ないという話ではない」と厳しく批判した。

菅首相が鳩山前首相に厳しく注文をつけられているようです。
だけど今は、鳩山さんが総理でなくてホント良かった。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/51115245

この記事へのトラックバック一覧です: 円売りドル買い介入を:

« これからの災害報道のあり方 | トップページ | 計画停電騒動で見えたこと »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ