« 民活とか言っている場合じゃないんだけれどね | トップページ | 原子力発電の発電単価 »

2011年3月30日 (水)

すごい作品だったのだなと

二月二十六日

 まさか松本零士の「無の黒船」と山上たつひこの「光る風」を実体験する日が来るとは思わなかった。漫画ってすごいな。

 ただ「無の黒船」はプルサーマル発電がエネルギー不足の解決策として登場する点が今回の災害とは異なっていますが。

« 民活とか言っている場合じゃないんだけれどね | トップページ | 原子力発電の発電単価 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/51250907

この記事へのトラックバック一覧です: すごい作品だったのだなと:

« 民活とか言っている場合じゃないんだけれどね | トップページ | 原子力発電の発電単価 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ