« 日本がつぶれたら民主党と日銀の責任 | トップページ | 福島県の放射線量 »

2011年3月23日 (水)

本日の放射線量

 今日の茨城県北部の放射線量の状況です。

Image003


 今日は雨はやみましたが、茨城県北部では北からの風が吹いたため、放射線量は高いままでした。高萩では午前に上昇し、午後に下がっています。これは午前は海風が吹くために、洋上へ出た放射能が陸に上ってきて、午後は陸風が吹くために放射能が洋上へ流出するからでしょう。

 福島第一原発からの放射能の流れは、
(1)原子炉と使用済み核燃料の熱に煽られて上昇
(2)対流圏の風に流される(事故発生数日は北へ、ここ数日は南へ)
(3)重みでチリが降下
(4)海陸風に流される(午前は海から陸へ、午後は陸から海へ)

 ではなかろうかと私は考えています。

 福島市の放射線量の動きを追えばもう少しわかると思います。

« 日本がつぶれたら民主党と日銀の責任 | トップページ | 福島県の放射線量 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/51199418

この記事へのトラックバック一覧です: 本日の放射線量:

« 日本がつぶれたら民主党と日銀の責任 | トップページ | 福島県の放射線量 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ