« 赤と緑の合体 | トップページ | 半径20kmで良いのか? »

2011年3月22日 (火)

心苦しいですが

 福島県東部と茨城県北部の農産物から検出された放射能の量は、結構な量ですので、本当に食べるのはやめた方がいいと思います。

 確かにあれくらいの量ではそうそう白血病や癌になったりはしないでしょうが、法律は法律なので、政府は粛々と法律に則って出荷停止にするべきです。

 常磐線と水郡線と東北本線に囲まれた地域で生産される農産物は少なくとも一年くらいは食べられないと思います。東電と政府は法に則って農家に補償をする必要があります。

 私も茨城県出身で、茨城の農産物は大好きですが、危険なものは危険なのできちんと規制しなければなりません。放射能漏れがこれ以上悪化しなければ出荷停止はそれほど長い期間に及ばないと思います。

 ですので、一にも二にも放射能の飛散を止めなければなりません。

« 赤と緑の合体 | トップページ | 半径20kmで良いのか? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/51192379

この記事へのトラックバック一覧です: 心苦しいですが:

« 赤と緑の合体 | トップページ | 半径20kmで良いのか? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ