« 原発の水漏れを防ぐ方法 | トップページ | COMITIA 96 に参加します »

2011年4月 5日 (火)

やっぱ日銀が平成不況の原因だったのでは?

三月三日【清明】【ひな祭り】

 日銀が資金供給を100兆円超して、お金が10数兆円増えたって、新聞の記事で言っていてなんのことかよくわからなかったのですが、金にならなきゃ物になっていると言うことだから、その分企業が物を買って、余ったお金が十数兆円と言うことか。

 ということは銀行券ルールに則れば日銀の国債買い入れ余力は十兆円くらい増えたと言うことになるのか。

 そうすると、日銀がマネーが極力増えないように金融政策をしてきたことを考えると、日銀はこれまで物が目減りした分しか日本経済にお金を供給してこなかったと言うことになる。そりゃデフレになるわな。

 今回の異常事態のおかげで、日銀がお金を供給すると何が起こるのかよくわかった。

 資本主義の世の中では、物が動くためには必ずそれに付随してお金が動いていなければなりません。売買契約の結果として物が動きます。

 逆に言うと、お金が滞れば、物流が止まります。

 日本銀行の経済の考え方は、非常に即物的なところがあるのだなと今回感じました。つまり日銀はあくまで物の動きを仲立ちするインフラとしてのみ「円」という通貨を考えているのではないかと言うことです。

 GDPというのは経済活動の上澄みで、その下には十倍以上の付加価値を生み出さない物の動きがあります。日本銀行はこの動きを滞留させないことのみを自分の役割ととらえているのでしょう。

 しかし金融には新しい価値を生み出す原料としての役割もあるはずです。日銀は、それは政府と銀行の役割だと考えているのでしょう。

 でもそれでいいのかと言うことですね。

 そして、貿易黒字を通じて、外へ財が流れる一方の日本において、引き締め気味の金融政策が本当に「インフラとしての円」の維持のために十分な資金供給になっているかと言うことです。

 しかし物が目減りした分しかマネーを供給しなければ、海外に輸出の形で材料と労働を出した分だけ国内の財は減るわけだから、日本は貧しくなって当然だと思うのです。貿易黒字国の中央銀行には、貿易黒字の分(つまり資本収支赤字の分)だけ国内にお金を供給する義務があると思うのです。

 米国や英国みたいな貿易赤字で資本収支が黒字の国は、外からお金が入ってきますので、中央銀行は常に引き締め気味でないと、すぐにインフレになります。でも日本や支那みたいな貿易黒字国の中央銀行は常に緩め気味でないと、すぐにデフレになります。

 貿易赤字国でもないのに、米国や英国の中央銀行の物真似をして、日本経済を二十年間苦しめた日本銀行はやっぱ経済の現実を見ていなかったのではないかと思うのです。

 まあ日銀の国債買い入れ余力が10兆円増えたと言うことは、都市銀行はその数倍は買えるでしょう。

 これで日銀がさらに金融緩和して、円安がさらに進んで、工業生産が復活する頃までに1ドル100円くらいになってくれれば、日銀と銀行の国債買い入れ余力は増えるし、輸出力は強まるし、もう最高。

 でも地震がなくたって、日銀が100兆円資金供給していれば同じ事が起きていたわけなんだよな。やっぱ日銀が引き締め気味だったのが平成不況の原因だと言うことが、今回の震災ではっきりしてしまったのではないだろうか?

« 原発の水漏れを防ぐ方法 | トップページ | COMITIA 96 に参加します »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/51310950

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱ日銀が平成不況の原因だったのでは?:

« 原発の水漏れを防ぐ方法 | トップページ | COMITIA 96 に参加します »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ