« 金文をさらにコピーしてきました | トップページ | 小臣(皀殳) »

2011年6月 4日 (土)

(杢犬)(皀殳)

(杢犬)(皀殳)、西周前期(康王・昭王・穆王)
(金文)(杢犬)うまがけして、王の南征に従ひ、楚荊を伐ち、得する有り。用ひて父の戊宝奠彜を作る。□

(和訳)(杢犬)は騎馬で?王の南征に従軍し、楚の国を攻撃し、捕虜を得た。それを記念して宝器を作った。

(解説)西周四代目昭王五十一年の南征の記事と考えられる。この遠征で昭王は漢水にて溺死している。西周初の本格的な外征。

過伯(皀殳)、西周前期(康王・昭王・穆王)
(金文)過伯王の反荊を伐ちて、金を孚れり(とれり)、用ひて宗室の宝奠彜を作る。

(和訳)過伯が王が反抗する荊(楚)を攻撃するのに従って、金属を獲得した。それを使って我が一族の宝器を作った。

(解説)上の金文と同じ戦役をさすと考えられる。字体も似ている。

小臣速(皀殳)、西周前期(康王・昭王・穆王)
(金文)ここに東夷大いに反する。伯予父、殷の八師を以いて(ひきいて)東夷を征す。唯十又二月、克師より遣はされて、述に(つひに)東し、海眉を甲伐す。ここにそれ復帰して、牧師に在り。伯予父、王命を承けて、師に五より率征して禺せる貝を易ふ。小臣速蔑暦さられ、および貝を易ふ。用ひて宝奠彜を作る。

(和訳)東夷が大反抗をした。伯予父は殷の八つの軍隊を率いて東夷を攻撃した。十二月克の基地より、東に出撃し、沿海部まで?攻め込んだ。戦役が終わって牧の基地に復帰した。伯予父は、王から褒美として五禺の?貝を賜った。小臣速も貝を褒美として賜った。それを記念してここに宝器を作った。

(解説)西周前期の銅器と推測。伯予父は周の将軍。これ以外にも様々な金文で名前が出てくる。東夷の征伐には多く殷の軍隊が使われた。殷(宋)の軍隊を使っているので、山東の南部方面の東夷を攻撃したのではないだろうか。
 三監の乱があったのが成王の元年〜三年頃。紀元前十一世紀の後半。引き続いて成王四年に淮夷の反乱が発生している。殷の反乱である三監の乱と淮夷の反抗の間には何らかの繋がりがあるのかもしれない。たとえば、淮夷の攻撃に絶えきれなくなった殷が周に攻撃を仕掛けてきたのかもしれない。
 ほぼ同じ頃に、日本で新しい形式の土器(亀が岡式土器、凸帯文土器)が流行。この東夷征伐で亡命してきた工人が新しい土器を広めた可能性もあると考えられる。最初期の水田稲作もこの頃に日本列島へ渡来したとされている。
 これ以降、周が東夷征伐を直接指揮するようになる。
 康王、昭王、穆王の時期は紀元前十一世紀の後半から紀元前十世紀にかけて。小臣速(皀殳)はこの三代の時期に行われた大規模な東征を伝えていると考えられる。

« 金文をさらにコピーしてきました | トップページ | 小臣(皀殳) »

易経・春秋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/51849833

この記事へのトラックバック一覧です: (杢犬)(皀殳):

« 金文をさらにコピーしてきました | トップページ | 小臣(皀殳) »