« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月29日 (金)

「涼宮ハルヒ憂鬱」の長門さんの演奏

 涼宮ハルヒの憂鬱の文化祭で「God knows」を演奏するシーン、第二ギターの長門さんの手の動きがハルヒの手の動きと比べて一コマくらい遅れているように見えるのは気のせいだろうか?気がついている人いる?

 長門さんはハルヒの演奏を横目で見て、それをコピーしているからだろうと私は解釈しているのですが、これって間違ってないかな?

 エンディングの踊りのシーンは明らかに長門さんは一コマ遅れていますよね。

 あのアニメは芸が細かいからわざとやっていると思うのですが

| コメント (0) | トラックバック (0)

米国も日本病

米経済の減速鮮明

・債務返済で個人消費が落ち込む
・企業の設備投資が内需振興の頼り
・純輸出が増えるが輸入減の結果なので内需は増えていない

完全に日本病だな。経常赤字で、金融緩和もしている米国で日本と同じ症状が出るのはとても興味深いです。原因は

・現役世代に債務返済が負担となっている
・リタイヤした世代が株や土地などの資産を生活のために
 売るので、飽和状態になって資産価値が上昇しない
・公共事業がやり玉に挙げられるため、政府が内需振興できない

てところですかね。純輸出の増加が面白いです。00年代の日本の場合は、実勢賃金を下げることにより国際競争力を回復させて、輸出を増やしました。そのため、実質GDPは増えましたが、国民の所得は減ったため内需は増加しませんでした。

米国の場合は債務負担の増加によって所得が減ったために内需が減って、輸入が減少し、純輸出増加という結果となっています。

過程は全然違うのに出てくる結論が同じというところが興味深いです。

民主党政権が円高で消費大国を目指すのならそれでも良いのですが、その場合は国民の所得が減らない方法でやって欲しいです。失業率が抑えられても、それが賃金上昇が見込めない非正規労働者が増加した結果だとしたら意味がないです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

易経勝手読み(十八)・・・天風姤

 易にちょっとでも触れたことがある人ならば必ずおぼえている卦があります。天風姤です。字面が何となくエロティックであり、女性が余り表に出てこない支那の古典では珍しく女性上位の状態を表す卦であり、特に女性の力が強まった現代では注目される卦でもあります。

 従来の解釈では、天風姤とは、男が強力な女性と出会って運命が狂うことを表しているとされます。逆に女性のことを占っていて天風姤が出たら、その女性は大いに運が開けると解釈することになっています。

 しかしこの天風姤、卦辞は難解を極め、従来の解釈は「姤」の漢字のイメージから学者や易者が勝手に想像して作った物に過ぎず、卦辞に即した解釈はどこにもありません。私の解釈ではなんのことはない、太ったお后様をからかった詩にすぎません。女偏が卦に出てきただけで、これまで二千年間、むっつりスケベの学者どもがのぼせ上がって妄想を繰り広げてきたのです。

続きを読む "易経勝手読み(十八)・・・天風姤"

| コメント (3) | トラックバック (0)

易経勝手読み(十七)・・・天雷无妄

六月二十九日

 「无」という字は「無」という意味で使われていますが、元々の字形は亡と人であり、きちんと埋葬されていない死体を意味します。「妄」もまたきちんと埋葬されていない女性の死体から発揮される呪いの力を意味しますので、「无妄」は異常な埋葬をされた死体を意味する漢字を二つ重ねていると言うことになります。

続きを読む "易経勝手読み(十七)・・・天雷无妄"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月27日 (水)

易経勝手読み(十六)・・・天火同人

六月二十七日

 天火同人には都城を表す語が含まれています。同人を門においてする、同人を宗(祖霊を祀ったみたまや)においていする、同人を郊においてする、などです。おそらく同人とは、様々な人間が集まる都市において団結を強めるために行われる儀礼。あるいは都市を新しく建設する際の儀礼ではないかと考えられます。

続きを読む "易経勝手読み(十六)・・・天火同人"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月23日 (土)

ワイマール共和国末期じみてきた欧州:追記

六月二十三日 【大暑】

 なんだってノルウェーみたいなチロリン村であんな悲惨な事件が発生するのかさっぱり分からん。最近の欧州は崩壊期のワイマール共和国みたいだな、経済がぼろぼろで、国民の連帯感が崩れて、とか思っていたら本当にあんな事件まで起きるとは。

 極右思想とか言っていたけれど、あの犯人の書き込みはヒトラーの真似だよな。だからネオナチなんでしょう。

 そういえば、ヘスの墓が壊されて遺骨も海にばらまくことになったという記事がありました。いくらナチスとはいえひどい扱いだなと思っていたけれど、この事件はこれに対する抗議の意味合いがあるんじゃないかと思った。

 ヘスは確かにヒトラーのシャドーライターでナチスの思想的なバックボーンを作った人物だけれど、実際の人権抑圧にはほとんど手を貸していないんだし、最後は自殺しちゃったけれどきちんと刑には服していたんだから、そういう人を墓まで暴いて辱めるのはどうかと思う。たとえ墓がネオナチの聖地と化していたとしてもだ。

 それにしてもなんでノルウェーなんだろう。よく分からない。

追記:取り調べを利用して自己宣伝か、やっぱりヒトラーの真似だな。ノルウェーは死刑制度がないからこれほどの大量殺人犯でも終身刑にしかならないのだろうか。それともクヴィスリングの時のように一時的に死刑を復活させるのか。気になります。

| コメント (7) | トラックバック (0)

2011年7月22日 (金)

そりゃそうでしょう

六月二十二日

 総理大臣をなかなか辞めさせることができないことに政治家も官僚も財界人も驚いているとか日経新聞にありましたが、そりゃそうでしょう。

続きを読む "そりゃそうでしょう"

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月21日 (木)

のんびり

六月二十一日

 ほぼ一ヶ月ぶりに何もすることがない週末の夜を満喫しています。なんかここ一ヶ月くらい色々とイベントが入っていて、楽しいけれど忙しい休日が多かった。人間のんびりするのも大切です。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

魁皇引退

六月十九日

魁皇関が引退か、今引退すると言うことはこれまでにも相当星を買っていたと言うことなのでしょう。星を買わないと勝てないことが丸わかりの十日間でした。これ以上恥をさらすことはないでしょう。1046勝目の試合も明らかに相手の無気力相撲でした。ともあれご苦労さまでした。

ちなみに私は魁皇が平幕の時からファンでした。星を勝って記録を作っていたとしてもファンです。どうせ千代の富士だって金で作った記録なんだし。薬物やヤクザとの関係は相撲界から撲滅すべきと思いますが、八百長に目くじらを立てる必要はないと思っています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月17日 (日)

四国に旅行へ行って来ました

六月十七日

 十二から十五にかけて四国に旅行に行って来ました。ひたすら鉄道に乗るためだけの旅行でしたが(笑)これでJR四国は完乗、全国の完乗率も82%を超えました。

 アンパンマン列車は徹底していて返って感心しました。メジャーな駅はメジャーなキャラのスタンプが置いてあって(松山駅にドキンちゃんとか)、マイナーな駅にはマイナーなキャラ(伊予大洲に機関車マンとか)が配置してあったのは笑えた。バイキンマンのスタンプはどこにあるんだろう、気になる。今度集めてみようかな(笑)

 何とか9月までに北海道以外の完乗は目処がつきそうです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月16日 (土)

COMITIA 97を欠席します

七月十七日

同人誌販売会のCOMITIA 97(8月21日東京ビッグサイト)にエントリーしていましたが、重要な仕事が入りましたので欠席します。

大変申し訳ありません。

うう、電力不足対応の実害が・・・日曜日は出勤日なんですよ、無念。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

佐渡の人には悪いけど

 佐渡で放鳥された朱鷺が繁殖しないのは、佐渡が寒くて餌が少なくて、朱鷺にとって繁殖どころではないからなのではないかと思うのです。もっと暖かくて餌が多い場所に放つべきなのではないでしょうか。朱鷺を本当に日本にもう一度根付かせたいと思うのならば。

| コメント (0) | トラックバック (0)

遺産という言葉は好きじゃない

六月八日

 世界遺産が流行っている。単なる国連推奨観光名所だと思うのだが、観光には、産業を興して紛争を抑制する効果があるので悪いことではないと思う。これからも国連推奨観光地を認定していって、世界中で祖先の文化に思いをはせ、異文化の理解を広げていけばいいと思う。

 ただ、遺産という言葉だけは嫌いである。ギリシャやローマの遺跡は遺産かもしれないが、京都や奈良では、そのお寺やお宮を作った人たちと同じ文化を持つ子孫が生きていて、作った人たちと同じ思いを込めて参拝している、今でも生活の一部となっている。ヴェネチアなんかもそうだろう。それを命を失った遺物のニュアンスのある「遺産」と呼ぶのはどうかと思う。

 それに遺産にはどうこうできる財産というニュアンスがあるが、京都とか奈良とかヴェネチアの人にとってはあの空間の中で生きることが人生なんだから、財産ともちょっと違うのではないだろうか。滅びる寸前の文化を守ってやっているのだという国際機関の傲慢さが垣間見える「世界遺産」という言葉は好きにはなれないのである。

 それに京都とか奈良とかヴェネチアみたいな町は、そこに生きている人たちが町のあり方を変えたいと思えば、それを邪魔する権利はよそ者にはないだろう。だって町はそこに生きている人たちの物なんだから。変わっていくと言うことはその都市が生命を失っていない証拠だ。世界遺産は現地住民をないがしろにしているような表現で嫌だ。商売っ気を前面に出した国連推奨観光名所の方が祖先や住民に対して謙虚だと思うのだがどうだろうか。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

ツイッター政治

六月七日【小暑】

 浜岡原発は東海地震の震源域の真上なので特別と言うことで諸手続を飛ばして停止させたのはまあいいとして、じゃあ浜岡原発以外は従来の手続きを踏めば稼働させていいのですねと言うことで、電力不足解消のために経済産業省が玄海原発再稼働に動いて、総理大臣もそれを認めていたのに、原発を再稼働させたら「反原発解散が封じられる」という突っ込みを受けて、地元まで同意していた再稼働を急遽取りやめ。お陰で町も県も経産省もカンカン。

 工場が動かせない、熱中症が続発していると言われれば原発を再稼働すると言い、原発を止めた方が支持率が上がるかもしれないと言われれば人の苦労をぶちこわしにする。その瞬間瞬間で人気がちょっとでも上がりそうなことばかりやって全く整合性がとれていない。

 これはポピュリズム以下です。ポピュリズムというのは産業や国民の健康(原発再稼働)と支持率上昇(原発停止)を天秤にかけて、最終的に支持率を選択するのを言います。何も考えずに瞬間瞬間で一番受けが良さそうな政策を口走るのはポピュリズムとも呼べません。

 菅総理のこのような政治手法を私は「ツイッター政治」と名付けることにしました。

 ツイッターとは直前の数行の話の流れに同意したり、話題になっていることに興味が無くても、なんかつぶやいたりして、何かをやったつもりになる自堕落な娯楽なのですが、菅総理の政治手法はツイッターのレベルと言えましょう。

 こんなことではやがて国民の反応も薄くなって誰も見向きもしなくなるだけです。というか、既にそうなっています。

 菅総理の場合、冗談ではなく本当に官邸のパソコンでツイッターとかブログとか2ちゃんねるの流れを見て、閣議や国会で言うことを決めていそうなのが怖いです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 5日 (火)

オットー・ハプスブルグ死去

六月五日

 最後のオーストリア皇太子でハプスブルグ家前当主のオットー・ハプスブルグ氏が死去しました。98歳でした。ハプスブルグ家の歴史のファンなので触れておきます。80年代末の東欧の社会主義政権崩壊にも一役買った人物です。

 これで第一次世界大戦の登場人物はほぼ死に絶えたことになるのではないでしょうか。

 当主の座は、高齢のため数年前に息子に譲っていたそうです。息子は貴賤結婚をしたのですが、オットー氏が親戚から同意を取り付けて家法の規定を緩めたので、家系は息子の方に伝わるそうです。貴賤結婚による王位継承のねじれが第一次世界大戦の原因の一つであることを考えると感慨深い物があります。まあ現実的に公爵以上と結婚というのは無理なんでしょうが。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 1日 (金)

超漢字を入れました

六月朔日

 現在のOSでの漢字入力に限界を感じたので、「超漢字V」を買いました。

 どんなややこしい漢字でも出てくるぞ、これはすごい!

 Macなので印刷ができないのが難点ですが、まあこれは何らかの解決法があるでしょう。これで好きなだけ金文や春秋に関する論文が書けます!

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »