« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月28日 (水)

易経勝手読み(四一)・・・山地剥(山地小壯)

九月二日

 易には大がつく卦が四つあります。山天大畜、睪風大過(沢風大過)、火天大隨(火天大有)と雷天大壮です。これに対して、セットとなる卦があります。風天小畜、雷山小過です。そして私の易経解釈では火天大隨(火天大有)と睪雷随(沢雷随)もまたセットの卦です。では雷天大壮とセットになる卦は何でしょうか。

 雷天大壮の解説で、壮(壯)の字には二つの系統があると説明しました。右側の作りが士の系統(壯)と床の系統(牀)です。壯は立派な男性、牀はベッドです。初めはこの二つの字は同じ爿で表されていて区別がありませんでした。

続きを読む "易経勝手読み(四一)・・・山地剥(山地小壯)" »

2011年9月25日 (日)

経済学の勝利でしょうに・・・

八月二十八日

 今の世界経済の不調は、全て経済学で簡単に説明がつきます。バブルが弾けて資産価値が縮小し、資金の借り手がいなくなって需要が縮小した。それに対して供給力は過剰であるのでデフレになっていると。

 日米欧、文化の違い、政治体制の違い、小さな政府と大きな政府の違い、輸出国と輸入国の違い、それらを全て超えて、債務・需要・供給の三点セットだけで説明がつきます。これほど経済学がきれいに当てはまるのも珍しい。

 これは経済学の勝利です。ですから経済学者やエコノミストは、自らの学問に自信を持って、この不況のメカニズムを説明するべきでしょう。

 しかし現状はその反対で、経済学者とエコノミストは元気がなくなっています。なぜでしょうか?それは彼らが経済の研究をしたくて経済学をやっているのではなくて、政治に口出しがしたくて経済学をやっているに過ぎないからです。

 だから小さな政府が失敗したと言っては落ち込み、増税のせいで不況になったと言っては陰に隠れるのでしょう。その時々の状況に合わせて変化するはずの政策を、全ての状況に対応できる万能薬として説いて回るから話がおかしくなるのです。

 それは彼らの興味が経済の解明ではなくて、政策を説くことによって有名になってやろうとか、政府の○○委員になるんだとか、特定の政治勢力と結びつくことで研究所の中で出世したいとかそういう方向へ向かっているからです。全く迷惑な人種です。

2011年9月24日 (土)

易経勝手読み(四十)・・・地雷復

八月二十七日

 従来の解釈では、復とは一度なくなった物が復活することとしてきました。しかし地雷復に出てくる六つの復のうちで復活を意味するのは最初の不遠復だけで、残りは返答する、繰り返すという意味で使われています。

 字統によると遠とは死者に璧を持たせて死出の旅路を送る葬送儀礼です。そして復とは死者の蘇りを願う招魂儀礼です。従って不遠復とは、遠せざれ(しぬな)と復す(魂振り)となります。残りのパターンをこの魂振りの細かい方法と解釈している人もいますが、よく分析してみると6つとも違う意味を持っていました。

続きを読む "易経勝手読み(四十)・・・地雷復" »

2011年9月21日 (水)

易経勝手読み(三九)・・・火天大隨(火天大有)

八月二十四日

 火天大隨と書いた理由については、このエントリーの最後に説明します。エントリー内では従来の呼び名に従って火天大有と表記します。

 火天大有は戦利品を意味する卦です。戦利品の中でも最大なのは敵国の霊力ある高い位の人間です。睪雷隨(沢雷随)で有とは祭肉を取り扱う神官であると推測しました。大有とは偉大な神官です。敵国の神官(王に助言する大臣)を捕虜にして、敵の持っている信仰(国家機密)を丸裸にすることが最大の戦利品とされました。

続きを読む "易経勝手読み(三九)・・・火天大隨(火天大有)" »

2011年9月17日 (土)

易経勝手読み(三八)・・・地水師

八月二十日

 睪雷隨(沢雷随)が組織化されていない異族を狩る卦だったのに対し、地水師は城を作っているような文明人との戦役を表した卦です。軍は平原を越え、川を渉って敵地に攻め込むので地水師です。

 王三たび命を錫ふとあることから、これは武王が商を討つために諸侯を集め、三回目にして初めて攻め込んだことを指していると推測され、この地水師は特に武王が商を滅ぼした牧野の戦いを表しているのではないかと推測されます。

続きを読む "易経勝手読み(三八)・・・地水師" »

2011年9月16日 (金)

易経勝手読み(三七)・・・睪雷隨(沢雷随)

八月十九日

 随の字は正字(旧字体)の隨であることが重要な意味を持ちますので、隨で書きます。さて、沢雷隨の卦はもっぱら、人の助言に従う、従わないの意味だと解釈されてきました。

 しかし私の見たところ、これは商(殷)の人狩りを表す卦です。商は辺境に攻め込んで異族を捕獲し、神に生贄として捧げていました。甲骨には、この人狩りの成否を問うた卜辞がたくさん残されています。人身御供のことを問うた卜辞もたくさん残されています。

続きを読む "易経勝手読み(三七)・・・睪雷隨(沢雷随)" »

2011年9月15日 (木)

久しぶりにリチャード・クー先生を発見

 外紙で解説をしているのを発見しました。

Richard Koo: Now The Whole World Is Going Through The Process We Went Through

 お元気そうで何よりです。

 リチャード・クー先生のバランスシート不況論と、それに則った麻生政権の政策パッケージは、世界的に「なかったこと」にされていますが、今の不況を抜け出す方法はこれしかありません。ようやく世界も目を向けるようになってきたと言うことでしょうか。

続きを読む "久しぶりにリチャード・クー先生を発見" »

若者は年金を支えるための家畜ではありません

 このドイツと南欧の関係は、今の日本の50代以上の世代と30代以下の関係と似ています。年功序列制になっていて、中間層になれることが分かっている職は減って、ワーキングプアにしかなれない職が増えています。

 従来であれば、技術の足りない若者の導入業務になっていた仕事は、定年の延長で高齢者に占有されています。

 就職しても低所得層に一生閉じ込められることが見えているのだから、若い世代がサボタージュで抵抗して当たり前です。

 先日テレビ番組で、若者が投げやりになって働かなくなることを「サイレントテロ」と表現していましたが、出場していた解説者たちが、若者を同胞として見ず、搾取の対象としてしか見ていない言葉遣いであったことに唖然としました。

 若者が働かなければ年金の払い手が少なくなって老後の生活が苦しくなるのだから若者を職に就けて、さらに子供を産ませようと。まあ確かにその通りなんですが、若者を同胞と思うのなら、自分たちが乗っかっていた、将来はもっと生活が良くなる、という世界に戻すためにはどうすればよいかという観点が欲しいです。

 あれでは老人に年貢を納める若者という家畜をいかに殖やすかの話にしかなりません。

 絶えず生活水準が上昇する時期というのは人類の歴史の中でも非常に珍しかったのです。ここ五十年が普通と考えて、政策を作られたり、企業の方針を作られてしまうと、誤ることが多いと思います。

 むしろ人類の歴史の中では、社会全体の富の総量は変わらず、所得も世代を超えて固定されてしまう時期の方が普通です。

 今の社会の上層にいる人たちは、そういう新封建制とでも呼ぶべき時代を良しとして、そのなかでいかに自分の利益団体、つまり藩に国の金を持ってくるかしか考えておらず、若者や地方の生活の向上が頭にないのです。

通貨ユーロから追い出してあげる方が南欧のためになる

八月十八日

ギリシャは将来もユーロ圏か・・・

損切りをした方が損害が小さいと思うのだが。

手続き的には通貨解体は面倒だろうけれど、混乱したとしても負債の総量は変わらないのだから、最終的な損害は早く損切りする方が少なくて済むというのは不良債権を処理するときの基本のはず。

生産性というのは金額で計るもので、がんばり度ではかる物ではない。だから、南欧の人たちはいくら頑張ったところで、ドイツマルクが多少安くなったに過ぎないユーロを使用していて、あの技術力で生産性が上がるはずがない。

南欧の人たちの労働時間は確かに少ないかもしれないが、増やしたからってどうなる物ではない、だからサボタージュで抵抗している南欧の人たちの認識は正しい。もっと頑張れば立ち直るはずというドイツ人のいっていることはひどい。

本当に南欧の人たちの生産性を伸ばしたいのなら、インフラをドイツ並みにし、ドイツの技術を根こそぎ移植しないと無理。通貨ユーロで輸出競争力を持つのはドイツだけなんだから、みんながドイツにならない限り立ち直れない。

今の南欧が陥っている罠は、1930年代前半のワイマールドイツと同じなんだからドイツはもっと理解してあげても良いはずなのに。

2011年9月14日 (水)

易経勝手読み(三六)・・・匪寇婚媾

 水雷屯と山火賁の詩です。非常に美しい詩です。詩経に収録されなかったのが不思議です。字数がそろっていないので、民謡で貴族の趣味には合わなかったのかもしれません。

 白い馬、白い花嫁衣装、光る花嫁の涙、赤らむ顔、緑の丘、贈り物の衣、なんと明るい情景歌でしょうか。古代人のあふれる生命への賛歌だと思います。

続きを読む "易経勝手読み(三六)・・・匪寇婚媾" »

2011年9月13日 (火)

易経勝手読み(三五)・・・山火賁

八月十六日

 これは素直に読める卦です。匪寇婚媾が出てきますので、結婚を歌った詩であることはすぐに分かります。これは水雷屯の続きではないかと思います。

 山火賁の詩では白色が強調されています。それなのに、内卦は赤を表す火です。なぜでしょうか?

続きを読む "易経勝手読み(三五)・・・山火賁" »

2011年9月12日 (月)

通貨ユーロ解体の実害は意外と小さくて済む

 ユーロが大変なことになっていますが、私はついてこられなくなった国はさっさと離脱させてしまう方がむしろ損害は少なくて済むと思います。

 ギリシャはユーロから離脱して、一旦デフォルトするでしょうが、その後はアジア通貨危機の後の東南アジアや韓国のように、通貨安で速やかに復活するでしょう。独仏の銀行が蒙る被害もたいしたことないです。タイやインドネシアが破綻したときよりも被害は少ないはずです。

 スペインも離脱すれば通貨安で復活が可能でしょう。さすがにデフォルトしたら大変ですが、スペインは国家債務の総量自体はそれほどではないので、なんとか通貨安によって輸出が増えて経済が成長して破綻は免れるんじゃないかと思います。イタリアも大丈夫でしょう。

 幽霊の正体見たり枯れ尾花というやつで、共通通貨ユーロが独仏とベネルクス三国だけの通貨になったとしても案外実害は小さいと思うのです。共通通貨が解散するというのは人類にとって初めての経験だから必要以上に怖がっているだけで、実際大した実害はないでしょう。

 多分困るのは、ユーロが安全な通貨に戻ることによって、再びユーロ高となり、それによって国際競争力が失われるドイツの製造業だけです。その場合ドイツでは日本と同じ事が起こり、巨大な貯蓄の使い途がなくなり、デフレとなり、実質金利が上がって不況になるでしょう。

 使い途のない貯蓄をギリシャやスペインに投入することで、通貨ユーロを維持しつつ、減価させるのは、ドイツにとって非常にお得な政策です。この政策で得をするのはドイツだけ。第一次世界大戦後に米国がドイツに金を貸して稼ぎまくっていたのと全く構造が同じ。因果は巡る糸車。

 このあたり、さすがメルケル首相だと思いますが、まあドイツの国民は理解してくれないでしょうね。

 ギリシャが抜けて、多分スペインも抜けて、一年くらいは混乱が生じるかもしれませんが、思ったほどは実害は出ず、ユーロ高になってドイツが不景気になる、その程度だと思います。

易経勝手読み(三四)・・・天地否

八月十五日 【十五夜】

 天地否は本来の意味が全く失われている卦です。字統によると、否の上部のつくりである丕は植物のめしべが膨らみかけた状態です。否はその下に膨らみがあるので、めしべの中に実ができた状態です。

 天地否の爻辞には包が二回、包に草冠が付いた苞が一回出てきます。包は胎児を表しますので、なにか赤子のような小さい物、包む物をこの卦が表していることが推測できます。

続きを読む "易経勝手読み(三四)・・・天地否" »

2011年9月11日 (日)

易経勝手読み(三三)・・・地天泰

九月十四日


 地天泰の爻辞には肝心の泰の字は一度も出てきません。そのため、これも古来から難解とされていた卦です。しかし私の見るところ、地天泰は爻辞の意味は失われてしまったけれど、本来の意味は保存されている卦と言えます。

 地天泰は先に分析した周王の太子に対する遺訓である山睪損(山沢損)と風雷益に対置される卦です。すなわち、貧乏豪族が子孫に残した遺訓です。帝乙帰妹が入っているところから、周に破れて荒れ野に強制移住させられた商の生き残りの家訓かもしれません。

続きを読む "易経勝手読み(三三)・・・地天泰" »

2011年9月 9日 (金)

易経勝手読み(三二)・・・風山斬(風山漸)

八月十二日

 従来の解釈では正式な幸せな結婚を表しているとされた卦ですが、これもまた本来とは正反対の意味になっている卦です。

 一見して分かるように、この卦辞は二つの詩が混ざり合ってできています。一方は鴻に関する詩、もう片方は夫婦に関する詩です。

続きを読む "易経勝手読み(三二)・・・風山斬(風山漸) " »

2011年9月 8日 (木)

今意見を聞いてみたい人たち

八月十一日 【白露】

 なにかというと不思議の国のえげれすを引き合いに出して偉そうにしていた人たちに、英国の暴動について見解を聞きたい。

 日本がうまくいかないことを国民の素質と指導者の覚悟不足と決めつけていた塩野七生大先生に、今のEUのていたくらくの原因を解説して欲しい。やっぱこの数年で欧州の人民の素質が悪化し、指導者の覚悟が減ったのだろうか。ドイツとフランスとスペインとイタリアなんか指導者変わってないのだが。

2011年9月 7日 (水)

早くインフラの回復を

八月十日

 東日本大震災で破壊された道路や鉄道といった交通インフラ、そして防波堤や堤防などの防災インフラを再建する話が一向に出てきません。

 民主党が公共工事を敵視してきたこと、自己責任を強調してきたこと、都市重視地方切り捨てを標榜してきたこと、国債発行を罪悪視してきたことが全て裏目に出ています。

続きを読む "早くインフラの回復を" »

2011年9月 6日 (火)

フォトフレームすげー

八月九日

 フォトフレームを買いました。電子写真立てとでも言うべき家電製品で、デジカメの映像をパソコンから取り込んで、表示することができます。最近では見本市での製品の紹介とか結婚式でのアルバム代わりに使用されているのをたまに見ます。

 近頃旅行写真に凝っていまして、でも家族や友達に見せる方法がなくて難渋していたのですが、知り合いの結婚式でフォトフレームを見て「これだ!」と思いついさっき電器屋へ走って買ってきました。

 このフォトフレーム、かなり優れものだというのが分かりました。アルバムとしての通常の使い方以外に、オタクにとって使い勝手が非常に広い道具です。

 まず、風景写真などを保存しておいて、マンガを書くときの資料として使えます。手元に置けるので、パソコン画面よりも使いやすいです。

 さらに、jpgであれば何でも保存できるので、アニメの静止画像やイラストも取り込めます。CGを描くときの資料として使えますし、名場面集を作ってテレビをつける時間がない時も手元に置いて楽しむことも可能です。

 本のようにページがめくれる心配もありません。これはかなり優れものだと思います。写真好きだけでなく、アニメオタクも是非買ってみてください!

 ただしバッテリー付きでないと、電源のない場所では使えませんので注意してください。

2011年9月 1日 (木)

東アジアの金融に異変

九月四日 【二百十日】【防災の日】

 郵政改革担当大臣はまた国民新党か。郵便事業の採算が悪化しているのは事実なんだから、何らかの改革は必要だよな、国民新党はもうちょっと真面目に考えて欲しい。民営か国営か1か0かを続けていると、そのうち郵便事業はどうにもならなくなるぞ

 前原にまた外国人献金。京都市内は在日韓国人と朝鮮人が非常に多いですからね。彼らも応援したい政治家がいるのならもうちょっと方法を考えないと、自分で掌中の玉を失脚させる原因を作って回ることになりかねない。

続きを読む "東アジアの金融に異変" »

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ