« 戦国期に儒教はおそらくトンでも扱いされていた | トップページ | フォトフレームすげー »

2011年9月 1日 (木)

東アジアの金融に異変

九月四日 【二百十日】【防災の日】

 郵政改革担当大臣はまた国民新党か。郵便事業の採算が悪化しているのは事実なんだから、何らかの改革は必要だよな、国民新党はもうちょっと真面目に考えて欲しい。民営か国営か1か0かを続けていると、そのうち郵便事業はどうにもならなくなるぞ

 前原にまた外国人献金。京都市内は在日韓国人と朝鮮人が非常に多いですからね。彼らも応援したい政治家がいるのならもうちょっと方法を考えないと、自分で掌中の玉を失脚させる原因を作って回ることになりかねない。

 最近韓国関係のページにアクセスが多いなと思ったら、どうも支那で金融引き締めのあおりを食って、支那で韓国企業が資金ショートに陥っているらしいことが分かりました。

 預金準備率引き上げによって、韓国企業は支那で資金繰りが行き詰まり、かといって支那には外国資金流入規制があるので本国から資金注入は望めず、倒産を待つばかりの状態だとか。支那はこうやってまた外国への債務を踏み倒すつもりなんでしょうか。しかし韓国企業も気の毒ですな。

 しかしこの問題によって図らずも支那の経済成長の実態が見えてきます。誰もが金融機関や無尽講からの貸し出しで事業を行っていて、いざ売掛金を回収しようとしてもどこからも金が回収できない、そういう経済であるようです。支那は会社の経費で落とす消費が多いらしく、民間消費は少なく、企業の消費というのは畢竟手形ですので、物を売っても小売りには現金がないのでしょう。だからどこからも売掛金が現金で回収できない。

 こういう世界では預金準備率の引き上げはかなり強力な引き締め柵になると思います。中共がこの手法にこだわる意味がようやく分かりました。

 どうも信じがたいですが、支那はあれだけ貸し出しが莫大に上っているのに、現金が不足しているわけで、マクロ的に見るとどうもデフレ状態と判定せざるを得ません。

 確かにあれだけ生産も消費も伸びているのに、インフレ率6%だなんておかしいなと思っていたのです。でもその理由は、現金の不足によるデフレだったと考えればよく分かります。

 預金準備率引き上げによって現金は銀行に退蔵され、消費は企業が振り出す手形で回っている。即ち人民元は金融機関と企業の間の決算の通貨としてしか流通しておらず、支那の経済は企業が勝手に振り出す手形を通貨として回っていると言えます。なんというか不思議な世界です。日本銀行が設立される前の明治初期の日本経済みたいです。

 前原を失脚させようとしているのは中共で間違いないでしょう。そしてその前原は在日韓国・朝鮮人から支援を受けている。菅前総理は日本国内の北朝鮮のスパイの支援を受けていたのであって、彼は在日とは別に良好な関係にはありません。これはどういうことなのでしょうか?

 韓国と北朝鮮の命綱は在日の持っている円です。彼らは現生をたくさん持っています。それを中共が必死になってつぶそうとしているのはどういうことなのでしょうか。どういう原因があるのかよく分かりませんが、中共と韓国・北朝鮮は本気で潰し合いを始めたように見えます。

« 戦国期に儒教はおそらくトンでも扱いされていた | トップページ | フォトフレームすげー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>どうも支那で金融引き締めのあおりを食って、支那で韓国企業が資金ショートに陥っているらしいことが分かりました。

 工場捨てて夜逃げの話はありますね。

>どうも信じがたいですが、支那はあれだけ貸し出しが莫大に上っているのに、現金が不足しているわけで、マクロ的に見るとどうもデフレ状態と判定せざるを得ません。

 デフレで経済成長しているのが企業の手形というのは、何だか昔の鈴木商店のような危険性を秘めているということなんでしょうか?

>韓国と北朝鮮の命綱は在日の持っている円です。彼らは現生をたくさん持っています。それを中共が必死になってつぶそうとしているのはどういうことなのでしょうか。

 在日の方達の、日銭を稼ぐ商売への浸透というのは昔からの事ですけど、「円」が刷れない原因が韓国・北朝鮮政治・経済のためという外交問題という部分がありますかね。
 円高ウォン安と同時に元高ウォン安も同時に進行していることで、先だって旅行した中国東北部や旅順や大連方面へのウォンの流入が与える影響が無視できないということなんでしょうか?

こんな言葉があるのかどうかは知りませんが、実質インフレというのでしょうか。支那の状況は其れなんじゃないかと。あれだけ投資が進み、消費が伸びているのに6%のインフレ率は低すぎる。10%とか20%あっておかしくないというか、その方が正常だと思うのです。

経済成長しているのに、今支那で起きていることは、実質賃金の引き下げ、貧富の格差の拡大、これってインフレの世の中よりはデフレの世の中で起きることです。

本来20%近くて普通のはずのインフレ率が6%になっているのは、デフレと言って良いのではないかと。変な意見かもしれませんが。

この東亜日報の記事に、韓国経済の切羽詰まった状況が分かりやすくまとめられています。
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2011081904648

どうでもいいことですが、韓国紙の日本語版の日本語はきれいですね。日本の新聞は見習って欲しい。

しなって元々貿易決済用の人民元と内国用の人民元が別々だったではありませんか。これが二十年くらい前に貿易決済用の人民元に統合されたんですが、まだこの使い分けが何らかの形で残っているのではないでしょうか。

中国銀行が必死になって人民元を刷っても、制度的に国内に出回らないようになっているのではないかと。人民元の海外逃避を防ぐ制度が、国内への流通も妨げるように作用しているって事はないでしょうか?

それで、内国用の人民元を代用する形となっているのが社債とか無尽講(投信と言うそうですが)じゃないかと。

日本銀行ができるまではどの銀行も円を発行できましたよね。米国なんかは今でもそうですよね。

今の支那で発生していることは、現金の不足による経済の行き詰まりだと思うのです。

膨大にふくれあがった社債とか無尽講の債権を現金化しようとした瞬間、支那の経済はクラッシュするのではないかと。それはいつくるかというと、退職者が老後の資金の取り崩しを始めたらでして、そう遠くないことです。

昭和初期の日本に近いかもしれませんね。あの頃の日本も生産設備とか基幹部品を米国に頼って、その最終加工場として成長していたのでした。

円とウォンと元の関係はまだよく分かりませんが、98年よりも三者の関係は複雑になっていますので、よほど気をつけないと思いもよらないシステムリミックスな金融パニックを引き起こす可能性はあると思います。参加国の財政金融の担当者は真面目にいろいろと情報交換した方が良いと思います。

 結局賃金抑制政策のために家計に資本が蓄積していないって事なんじゃないでしょうか。

 支那に対して最も多くの売掛金が貯まっているのが韓国でしょうから、韓国に対する借金を踏み倒して、帳尻を合わせるつもりなんじゃないでしょうか。

 あるいは在日が持っている現金の円を支那に持ち込むことで現金の不足を解消しようとしている。

>今の支那で発生していることは、現金の不足による経済の行き詰まりだと思うのです。

 高速交通網の整備や空母建設は、現金不足を補うための、手形と人民元の交換に消えているということですか?
 そうじゃないと、日本の場合は、インフラ整備によって、家庭に蓄積したことができていないことを裏付けることになりますね。
 中国へのインフラ投資はかなりのリスクを伴います。インフラ輸出によって売上と利益を上げたい、商社(民主党政権になって100%国に投資補償を付けた。)・金融系の方達のリスク回避措置として、リフレを利用される危険性があるようにも感じますけど。

>支那に対して最も多くの売掛金が貯まっているのが韓国でしょうから、韓国に対する借金を踏み倒して、帳尻を合わせるつもりなんじゃないでしょうか。

 あるいは在日が持っている現金の円を支那に持ち込むことで現金の不足を解消しようとしている。

 韓国政府が日本企業の公共投資への入札に参加させない(過去の賠償を市内企業を対象に)ということとも、関係ありそうです。 在日マネーの韓国国内への移転が進まないことにいらだちを隠せないぐらい困窮していますね。
 日本への補償により円の確保に躍起になっている経済状態で、韓流コンテンツの輸出でも円の確保がままならないという事なんでしょう。
 在日マネーの国外移転を難しくするには、円は刷らないほうが良いという事でしょうか?

自分でもかなり電波なことを言っているだろうなと言うことはわかっているんです。経済学の正確な知識があればもっと表現の仕方も変わってくるのですが、あいにく私にはその力はありません。

正味資産に対する債務の比率が大きといえばいいのでしょうか。そういう世界では、預金準備率の引き上げというのが、我々の想像以上に強い効果を及ぼす可能性があるのではと思うのです。

金利の引き上げは未来の投資に対してしか効きませんが、預金準備率の引き上げは過去の全ての投資に対して引き締め効果を出しますからね。

支那と韓国が流動性不足で危うい状況の所に、日本が公共事業による内需拡大なきリフレをすれば、確かに予期せぬ効果を及ぼす危険性はあるかもしれません。

支那の公共工事は、真水による投資が少なかったはずです。中央から工事を割り当てられた地方自治体は、第三セクターみたいな投資会社を作って、金融機関から金を借り、それで公共事業を行うという手順だったはずです。

だから日本と違って支那の公共工事は家計の資産を増やす方向に進みません。債務を膨らませ、市中に対しては引き締める効果を生むのではないかと。つまり、端的に言って家計と政府が金を取り合うクラウディングアウトが発生しているのではないでしょうか?

急に日本のメディアがリフレに好意的になりましたよね。とくに日経新聞が。

これは要注意です。

日経の言うとおりに経済政策をやってうまくいった試しはありません。

近所の質屋が貴金属の買い取りを大々的にやり始めましたが、こういうのも怖いですね。日本の普通の人が売り買いを始めたら相場は終わりですよ。

在日韓国・朝鮮人を通して、支那の韓国企業に、そして支那に円を注入なんて事を考えているのかもしれません。

あるいはいよいよ欧米が危ないので、海外の投資家が支那や韓国から資金を引き揚げ始めているのかもしれません。それで支那としては日本に金融緩和をしてもらって、その穴埋めをするしかないのかもしれません。

このあたりが菅総理が急に辞めて、前原と仙石がはめられて失脚した原因かもしれません。今回の人事で冷や飯を食わされたのは前原派ですからね。

春までは、行政は動くけれど、国会は機能停止、外交もたいしたことができない、という状態を作るのが日本のためには一番良いのではないでしょうか。民主党の無為無策は日本を救っていますよ。この世界的大不況の中で。

韓国はかつての日本のように介入を続けて成長しているようです。
周りがどこまでウオン安の脅威を放置するかですね。

ま、日本は野田首相の投機筋への牽制発言を受けて円高がぴたっと止りましたが、もう少し早くに動けなかったのかな?という感じです。すでに遅いです。76円半ばでどうやって韓国メーカーと張り合うつもりなんでしょう。85円で止めておくべきでした。

今後は、野田首相本人の外国人献金問題で自民党に攻められるでしょうね。大変だなあ。

さすがに76円は高すぎると思いますので、日銀が介入しても誰も文句は言えないと思うのですが、そうするとファンドがばたばたとつぶれるので欧米各国から泣きが入ったのでしょう。

発展途上国向けの完成品はもう韓国とは勝負はできません。先進国向け、発展途上国の高所得者向けの高級品として日本メーカーは生き残るしかないですね。基幹部品は大丈夫でしょうが。

20兆円とか言っていた第3次補正がいつの間にか13兆円まで縮小しているんですが、野田政権はまず第3次補正の財源の部分で躓くでしょう。

政治家は財源について自分の手を縛ってはいけないのです。でも民主党は有りもしない財源をあるといったり、できもしない増税をやると言ったり、拙劣この上ありません。

増税はいつかは必要でしょうが、増税の実現を緊急性が求められる復興予算の条件にしてはいけませんよ。

自民党は今よりは議席が減るはずはないので、支持率に気をよくしている内に野田総理に解散してもらうのがよいかもしれません。

この支持率は投票にはつながらない支持率だと私は思っています。与党時代の自民党は支持率よりも得票率が高い政党でしたが、与党になった民主党は支持率よりも得票率が低い政党みたいなんですよね、この前の参議院選挙といい

 参考
http://blog.livedoor.jp/inflation_target/archives/4340948.html
中国の為替制度の歴史

http://twitter.com/#!/syjtk

syjtk 高橋昭二
人民元を自由に取引出来る外国為替市場はまだないのに、どうやって「人民元売りドル買い介入」するんだ?RT @YoichiTakahashi: だよな。中国が為替介入していないという人がいたの?へえー RT @smith796000: ロイターの記事がウソなのではなくて #defle
2 hours ago »

syjtk 高橋昭二
ロイターは一人のいい加減なおっさんの講演での発言を報道しただけだろ @smith796000:「中国はドル高・中国人民元安を維持するため、少なくとも5年間にわたり毎日少なくとも10億ドル規模の為替介入を実施してきた(ロイター)」 http://ow.ly/6ljks #defle
3 hours ago »

syjtk 高橋昭二
中国の為替は、中国政府が為替レートを決めて、さらに、変動幅を固定(0.5%)している→「中国人民銀行(中央銀行)はこの日、人民元の基準値を1ドル=6.3925元と、5営業日連続で 切り上げ後の最高値に設定した」http://bit.ly/o5PqiV #defle
5 hours ago »

syjtk 高橋昭二
日本は経常黒字なので、日本の輸出企業が獲得したドルを日本国内に持ち込む際に、ドル売り円買い(円高圧力)するので、円の量は増えてます。RT @QooQooQooQ: 固定するには、黒字分の円を増やすわけで、ソレはペッグでも介入でもなんでもいいや。
5 hours ago »

syjtk 高橋昭二
そもそも人民元を自由取引する市場が育ってないよw RT @kiba_r:@smith796000:「中国はドル高・中国人民元安を維持するため、少なくとも5年間にわたり毎日少なくとも10億ドル規模の為替介入を実施してきた(ロイター http://ow.ly/6ljks #defle
5 hours ago »

syjtk 高橋昭二
固定相場制の場合は、輸出企業が海外で稼いだドルを自国通貨に両替する場合、外国為替当局(日本だと財務省、事務は日銀や民間銀行が代行)に、ドルを持ち込み、ドルを売って円を買う事になるが、その際、例えば1ドル=360円など政府が決めた固定価格で、両替を行う #defle #kawase
8 hours ago »

syjtk 高橋昭二
資本規制という言葉をリフレ派は理解出来ないはずなので、簡単で極端なたとえでいうと、円高になるのは、円を買う人や企業が多いからなので、「円買い」を規制したり、中止してしまえばいい、という事です。中国では外国が中国に出資する際、人民元を買い人民元で出資する事は禁止 #defle


 預金準備立の引き上げによる、預金引き出しへの警戒が強いということは、韓国資本も含めた投資資金の引き揚げを防止せざるを得ないということなんでしょうね。
 49%の出資比率の資金の円とドルを全額引き揚げさせないためとはいえ、そういう高リスクな投資によって、かろうじて持っている状態ですね。

言われてみれば誰がどこでドルと人民元を取引しているんでしょうね?

多分銀行の間だけの取引なんでしょうね。

まあ外国為替の取引というのは貿易為替という手形の決済であり、理屈は普通の会社の手形と一緒ですよね。

振り出すときには、利子が付くけれど、換金するときには割引される。だから好景気の時には貿易赤字国(振り出し元)の通貨の価格が上昇し、景気が山を越えて売掛金の回収が始まると、貿易赤字国の通貨が下落する、すなわち割引が生じるんですよね。

いかな支那が自国のエゴを優先する国だったとしても、売掛金を回収するためにはある程度割引をしないと、赤字国が支払いに応じてくれないので、ジリジリと少しづつ元高に持って行っているのでしょう。

http://kokkai-sokuhou.iza.ne.jp/blog/entry/2406956/
円高と日銀の対応 6 8月9日参院財政金融委員会 佐藤ゆかり氏 続き

(抜粋)

各国中銀に円供給オペを要請せよ

そこで配布資料2ページ目をご覧いただきたいと思いますが、これは日本の輸出と輸入それぞれにおいて、円建て決済がどれだけ全体の輸出もしくは輸入の比率で行われているか、地域別に集めたものであります。上の表が日本からの輸出。

そこでご覧いただきたいのは、アジアの欄で通貨名のところ、円が一番高いんです。決済通貨でほぼ50%、49.3%は対アジアの日本からの輸出は円建てで取引をされている。まあ米ドルが48.6%、円建てが圧倒的に大半であるという実際があるわけであります。全世界で見ても円建てが42.2%、日本の総輸出の42.2%が円建てで輸出されているということであります。

そしてこの対アジア通貨でも今日本円は全面高の状況で、毎日毎日円高になっているということでありますので、貿易の決済という観点からも、そろそろ決済の安定性を担保する意味での金融政策というものが意識しなければならないというふうに思います。既にアジア諸国、日本、韓国、中国を含むASEAN3プラス3で互いに通貨スワップを行い合うチェンマイ・イニシアティブというものは施行されているわけでありまして、これはアジア通貨危機再来を抑制する枠組みとして導入されました。

しかしながら、これは、だからと言って、円の供給という、いわゆる現地アジア通貨ではなくて円の供給をするスワップという逆方向の活用の枠組みを除外しているものでもありません。

そこで日銀の白川総裁にお伺いします。アジア諸国のチェンマイ・イニシアティブや、あるいは対米でやりましたような先進諸国間の通貨スワップ協定、これらをすべて活用して、海外で日本からの輸入によるこの仕入れ代金などの円建て債務の不履行問題を未然に防ぐという大義名分から、未然防止策として、各国中銀にこれら通貨スワップによる円供給オペを要請すべきであると考えませんか?

白川 お答えいたします。アジアとの貿易の中で円建ての取引のウェイトが高まっているという事実認識については、私ども全く同じように認識を持っております。で、円資金を用いました民間取引は、これ今先生ご指摘の貿易決済も含めまして、金融資本市場から調達された資金で行われるということが、これはまず基本だというふうに思います。

で、そう申し上げた上で、万が一市場からの資金調達が困難となる場合には、これは政府や中央銀行が資金を供給する仕組みが必要であります。で、この観点から日本銀行は財務省とともに、ASEAN10カ国と、それから、日本、中国、韓国による、いわゆるASEANプラス3の各種会議に参加しまして、通貨危機などの対応を目的とするいわゆるチェンマイ・イニシアティブ、これには深く関わっております。また、日本銀行自身は、これはチェンマイ・イニシアティブの枠組みに沿って、中国とは既に円と元、韓国とは円とウォンのスワップ取り決めを締結しております。

この他日本銀行は、アジアをはじめとする海外の中央銀行との間で、日ごろから綿密な意見交換を行っておりまして、たとえばASEANプラス3の会合では、危機予防の観点からスキームの検討を行っております。先生のご指摘の、中央銀行として、中央銀行の持てる中央銀行の機能を使ってどのような取り組みができるのかという問題意識は、私どもも十分に持っております。

佐藤 リーマンショックの直後には、日本は米国に協力をしてドル供給オペを行ったわけであります。是非日本も今の通貨危機、危機と言ってふさわしいと思いますが、そういう状況の中で、決済の問題も懸念されるわけでありますから、アジアも含めた諸外国に対して円供給オペの要請を検討していただきたいというふうに申し上げておきたいと思います。

※民主党が円高とデフレを意図的に放置していたのも、どこの国の利益を優先してきたかになってしまいそうです。
 日銀としても、何も放置プレーをしているわけでもなさそうです。むしろ東アジア各国の了承なしに単独で円が擦れないジレンマに陥っているのではないでしょうか。そして、円を刷らせないために「過去の清算」とやらを利用しているそんなことを勘繰りたくなりました。

しかし韓国や支那も日本からかなり輸入をしていますので、円高になると支払いで困るはずなんですよね。

日本企業も苦しみますが、国内市場がそれなりに大きいですし、韓国や支那にとっては不可欠な部品を扱っている企業が多いですので、両国が日本から輸入しなければならない製品の量はそんなに変化しないはずです。

だから、円高の火遊びで被害を受けるのは韓国と支那の方ではなかろうかと私は思うのです。

実際両国は今流動性が不足して経済が変調を来しつつあります。みなさん貿易というと完成品の売り買いのことしか頭に浮かばないみたいですが、その前の部品のやりとりとか、在庫の影響とか、そう言うので動く金の方が大きいと思うのです。

よく知りませんが、米国は強制力のある通貨スワップ協定をどことも結んでいないのではないでしょうか?だから好きなだけ金融緩和ができるのでは?

民主党政権は、最初の頃は大畠氏とか直嶋氏の発言力が強かったみたいでその間は円高には振れなかったのですが、これが与謝野氏が閣内に入ったあたりから円高が放置状態になりました。

製造業の労働組合からかなり支援を受けているはずなのに、円高放置は裏切りなんですよね。

民主党は自民党よりも資本家寄りの政党ですので、私は労働組合は民主党の支持はもうやめるべきだと思うのですよ。

 完成品を主とした輸出依存=外需に依存し過ぎの体質を変えられない状態=企業の統廃合による強化の弊害がでているから、円高によるリスクより、ウォン安による輸出拡大と市場拡大を辞められない体質なんだと思います。日本だけであれば「過去の清算がー」で済みますけど、欧米は許しませんよね。
 韓流コンテンツの輸出にフランス何かが冷淡なのはそういう事ですよね。
 
 民主党政権がおかしいのは、国内の労働者(日本人・在日・同和等)にたいしても、ウォン安の是正をしないことで、不利益を与える事を是としていることです。韓流コンテンツ批判をイデオロギーへ転換して、国内労働者の雇用関係の改善を放棄するメディアと政権の対応は好ましくは感じないのが普通ではないでしょうか。

 鳩山政権は良くも悪くも「製造業+電力系」、管政権が「サービス業・コンサル・商社・金融等」ということに軸足を置いていたからではないでしょうか。

 べっちゃんさんが、ご指摘する通り民主党は労働組合が支持するに値しない、政権なのは確かです。市民活動家なる看板が、労働者の利益より資本家の代弁をしていたことの証左ではないでしょうか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/52620418

この記事へのトラックバック一覧です: 東アジアの金融に異変:

« 戦国期に儒教はおそらくトンでも扱いされていた | トップページ | フォトフレームすげー »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ