« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月26日 (日)

「ユーロ危機回避」の皮肉な結果

 ギリシャの国債借り換え合意(民間金融機関に対する損失の強制負担)ができて当面のユーロ危機が回避されたと言うことで、ユーロの価格が上昇している。一時期100円を切っていた円ユーロは108円まで戻っているし、1.0まで行ったドルユーロも1.3まで戻っている。

 欧州の政策というのは世評よりもお粗末なのにインテリから過大評価されてしまう傾向があるのでまだユーロの戻りは進むと考えられる。しかしこの「ユーロ危機回避」なるもの、ドイツ以外の全ての加盟国の緊縮財政、銀行の貸しはがしによって実現されており、欧州の経済成長は輸出拡大の一点張りになった。

 しかし輸出はユーロ危機が回避されてユーロが高くなると不利になる。欧州は米国と違いまだまだユーロ建てでの貿易決済は少ないので、ユーロが高くなるだけで輸出量は同じでもユーロに戻したときの貿易黒字は減る。更にユーロ高が進むとコスト面でも新興国に対して不利になってくる。

 したがってユーロ危機が回避されてユーロ高になると貿易黒字が減ってます増す経済成長が阻害されて再びユーロ危機が訪れる。ユーロは地獄のスパイラルにはまり込んだ。

 日本の場合は自民党竹下派がぼろくそに言われながらも公共事業をしたお陰でバブル崩壊後も経済が拡大したが、欧州はそれもない。ドイツへの資金環流はドイツで内需を拡大させていない。

 ユーロ高のお陰で貿易黒字すら減るので今年の欧州経済は悲惨なことになる。

易経勝手読み(八二)・・・水山蹇

二月五日

 水山蹇は困窮や寂寞とした状態を表す卦です。

 現在の漢字を見ていてはこの卦は解けませんが、蹇と寒と莫(幕・漠・慕・募・暮・墓)は甲骨文字や金文ではよく似た形をしています。いずれも草を表す「屮」が四つ並んでいます。この屮が四つ並んだ字は草むらを表すと推測されています。

続きを読む "易経勝手読み(八二)・・・水山蹇" »

2012年2月21日 (火)

橋本不況の再現

 消費税を1%増税したら2〜3兆円のお金が入ってくるが、今の日本の財政当局が一年に3兆円も歳出拡大をするとは思えないので、どうしても、政府貯蓄投資差額はどうしても貯蓄側に振れる。ましてや5%から8%のアップぞや。大不況の始まりだな、期限を決めた増税は絶対につぶすべし。

 消費税の上げ方も、やはり麻生政権が提唱していた年1%づつ上げていく方式がショックが一番少ない。しかも麻生政権は歳出拡大とセットでやるつもりだったので経済に対するダメージが少ない(増税<歳出拡大+福祉充実なら、むしろ所得が貧乏人に再配分されるので経済にはプラス)。

日本にはまだ仇討ち権があるのだなと

光市母子殺害、元少年の死刑確定へ 最高裁が上告棄却 (日経新聞)

「 同小法廷は判決理由で「落ち度のない被害者らの尊厳を踏みにじり、冷酷、残虐で非人間的所業。遺族の被害感情は峻烈(しゅんれつ)を極めている」と指摘。平穏な生活を送っていた母子が白昼惨殺された事件として「社会に与えた衝撃も軽視できない」と述べた。」

 これって、被害者の親族が「殺せ」と言わなければ死刑にならない場合もあり得ると言うことになり、近代法の精神の否定に繋がるすごい意見だと思うのだけれどいいのでしょうか。

 この事件の犯人が死刑になるのは当然だとしても。判決にそれをおおっぴらに載せるのはどうなのだろうか。裁判官の責任回避ではないのか。

 これだと我慢強くて博愛精神に富んだ人を殺しても死刑にはならず、峻烈な復習感情を持った人が司法によって守られると言うことになり、自力救済を助長しかねないのだが。

 人を許さないことを奨励するかのような判決文を最高裁が出していいんですかね。

 しかし刑法ができたのはこのような不毛な仇討ちをなくすことが目的であるはずなので、被害者の遺族が量刑に影響を与えられるのはおかしいと思う。あえて死刑を司法に要求する権利があるとすれば、本人だけのはずなんだから、それならば臓器移植カードならぬ死刑意思表示カードを作って「私は自分が殺された場合、加害者の死刑を望みます」とでも意思表示させるしかないんじゃなかろうか。

 でもそれだと悪用されそうですね。

2012年2月18日 (土)

易経勝手読み(八一)・・・天山遯(天山彖)

一月二十七日

 天山遯は本来は天山彖であり、補助や飾りを意味する卦です。

 遯とは見ての通りしんにゅうの中に豚が入った形をしており、「逃げる」という意味の漢字です。甲骨文字や金文では豚は豕と書きました。これと非常によく似た彖という文字があります。彖の意味は「豚が走る」です。つまり遯と同じ意味を持っています。したがって、天山遯が元々は天山彖であったと推測することができます。「彖」では道徳的な徳目として意味をなさないので、後世の人が意味が同じで人間の行動と関連がある「遯」という文字に置き換えてしまったのでしょう。

続きを読む "易経勝手読み(八一)・・・天山遯(天山彖)" »

2012年2月15日 (水)

易経勝手読み(八十)・・・雷風恒

一月二十四日

 風天小畜は惑星、山天大畜は星座、離為火(書籍版参照)は太陽でした。雷風恒は月の卦です。そして月の満ち欠けは女性の月経の象徴でした。ですから雷風恒は月と月経の卦です。離為火は太陽で男を表し、その次にセックスを表す沢山咸がきて、女性の象徴である月を表す雷風恒が承ける。完璧な配置です。

続きを読む "易経勝手読み(八十)・・・雷風恒" »

2012年2月12日 (日)

電波経済学三度(二)・・・債務はエントロピー

一月二十一日

 人間が生産活動をする前と後では必要なお金の量は必ず増加する。

 この世にエントロピーがなければ、人間社会で必要とされるお金は

 一定期間に生産活動で必要とされる原料費+一定期間の設備の損耗量

 であるだろう。しかしそれではエントロピーが排出できない。そのため実際には、必要とされるお金の量は

 一定期間に生産活動で必要とされる原料費+一定期間の設備の損耗量+人間の活動で増加したエントロピー

続きを読む "電波経済学三度(二)・・・債務はエントロピー" »

2012年2月11日 (土)

電波経済学三度(一)・・・儲けとはエントロピーの排出

 仕事で経済学のことを知る必要があったので無手勝流で勉強していたら、どうもこれは学生時代に勉強した熱力学に似ていることに気がついた。それを文系の知り合いに問いかけてみたら、マクロ経済学は熱力学を参考にして理論化されたと答えが返ってきたので感想はあたっていたのだなと意を強くした。

続きを読む "電波経済学三度(一)・・・儲けとはエントロピーの排出" »

日本の政界は振り出しに戻る

 構造改革、首相公選制、防衛強化か、維新の会の政策はかつての小沢自由党生き写しになってきたな。当の小沢は民主党を出る準備を始めたし合併から10年たって振り出しに戻るか。馬鹿馬鹿しい。日本が抱える問題の解決法はこの方向にはないというのに。

 これで中選挙区制に戻れば何もかも宮沢政権の時に戻ることになる。この20年間の日本の政治、ようは小沢がすっちゃかめっちゃかかき回してきたことは全て意味がなかったと言うことだ。

 竹下ー宮沢ー村山ー小渕ー後期小泉(03〜05)ー福田ー麻生と受け継がれてきた財政拡大、インフラ整備、地方振興、そして福祉国家の路線に回帰するしかないだろう。

 その間に挟まれた細川、橋本、前期小泉、安倍、鳩山、野田はどれも無意味であった、何も業績を残せなかった、それはこれらの政権が目指した新自由主義が日本の経済が置かれた状況を無視しているから。(菅政権は両者の中間にあります)

 みんなの党や維新の会や小沢の準備が整わないうちに解散して、大きな政府路線で大同団結して大きな政府路線を強固にしてほしい。

東京は勝手だ

 これでもし首都直下で地震が発生したら、一瞬で百兆円くらいの復興予算が成立し、日銀も国債の買い取りを実施するんだろうな、東北や新潟長野でいくら地震が起きても全然金を出そうとしなかったくせに。

 首都圏に住んでおいて何だけれど、今の東京に住んでいる人は手前勝手が強すぎると思う。

 東京や東海で地震が起きたときに、地方に助けてもらうためにも東京や愛知は地方の復興に尽力しておくべきだと思うぞ。

易経勝手読み(七九)・・・天雷无妄(天雷无亡)

一月二十日 【建国記念日】

 やはり易経は長い間占いの書として親しまれてきた古典ですので、今作っている本に、易経の原意の解説とは別に占いの手引きも付けようと思います。アクセス解析を見ると、毎日数十人くらいの方が易経のシリーズを見てくれているようなので、それにもこたえようと思います。アクセスの傾向がランダムであるので占いの手引きとして使っているのだと思います。

 ちょっと完成が遅れますけれどね、それとページが増えるので高くなります(^ ^;64卦ですので、一つの卦に1ページずつでも64ページになるのです。

 書籍版「易経勝手読み」を作るため、ブログで書いた原稿を見直していいます。易経の解明を通して、私の漢文の知識も深まり、古代支那史への認識も新たになりました。天雷无妄の解釈も変わりました。

続きを読む "易経勝手読み(七九)・・・天雷无妄(天雷无亡)" »

2012年2月 8日 (水)

易経勝手読み(七八)・・・風地雚(風地観)

一月十七日【望】


 雚(鸛)はコウノトリの象形文字です。従って風地観は本来は風地雚であり、コウノトリのことを意味する卦です。

 コウノトリは全長一メートル、羽根を広げたら二メートルに及ぶ大型の鳥類です。東洋のコウノトリは、シベリア南部と中国の江南地方を行ったり来たりする渡り鳥です。渡る途中で日本や華北平原に立ち寄ります。その土地が気に入ると、渡りをせずに日本や華北にとどまって一年中暮らす場合もあります。

続きを読む "易経勝手読み(七八)・・・風地雚(風地観)" »

2012年2月 7日 (火)

民主党は平安貴族

二月十六日

「堂々と党の会議で言えばいい」小沢氏を批判(仙谷氏)

 小沢の肩を持つわけではないが、党員資格停止中だから堂々と党の会議には出られないのでは?

 自分で決めた罰の要件すらきちんと決めていないからこういう発言が出てくる。民主党の政治家はきれいな、あるいは怖い言葉だけ口から出せばそれが実現すると思っているのではなかろうか。まるで平安貴族のようだ。

 彼ら言葉さえ言えば後は実現への道筋を下々の者(官僚とかマスコミとか国民とか)が手を回してやってくれると本気で信じているのかもしれない。当の総理大臣も泥鰌とか自称しておきながら、実際には何も効果的な手は打っていない。怒られる増税を口にしただけで充分泥をかぶったつもりなのかもしれないが、それでは現実的には何も意味がない。

 娑婆ではこの手の言霊イストはバブル崩壊以降の困難な時代に淘汰されて減ったのだが、肝心の国政の中枢がこれら平安貴族に乗っ取られるなんて時代の椿事だ。

2012年2月 4日 (土)

パーマンとチンプイ

「スミレちゃんがやって来た!」からさかのぼってたどり着くのは、第291話の「10万分の1の風船を追え」だと思います。パー子が三夫君に一歩進んだ気持ちを抱くようになったことを表すエピソードです。

ラブコメとしてパーマンを見た場合、この話が全体の転換点になっていると思います。ラブコメは一般的に、数多くの候補者の中から二人がお互いを恋人として絞るまでが前半で、二人だけの間でキャッチボールが進んでお互いの気持ちを高め合うのが後半です。

続きを読む "パーマンとチンプイ" »

2012年2月 1日 (水)

スミレちゃんがやってきた!のレビュー

 アニメのパーマンのレビューです。

パーマン第388話「スミレちゃんがやってきた!」は、アニメのパーマンのラブコメの中でも傑作の一つです。

続きを読む "スミレちゃんがやってきた!のレビュー" »

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ