« 荀子 巻第十五 解蔽篇第二十一(三) | トップページ | 西周の滅亡と秦の正体 »

2012年4月29日 (日)

民主党政権で進む中共封じ

 春の受勲では台湾から四人も選ばれました。しかも結構高い勲章が授与されている。

 自衛隊の南西諸島シフトは着々と進んでいるし、米軍も日本全土にくまなく配置されるようになるそうだし、民主党政権で着々と進む中共封じ、中共にとっては訳が分からないだろうな。

 こうしてみるとやっぱ自民党は親中政権だったのかしら?

 民主党の親中派は例によって、親中を形にする方法を知らないのでしょう。政治のたがが外れた今の日本の政策は官僚の意向がダイレクトに反映されているのではないかと私は思っているのですが、景気を無視した大増税、中国に対するタカ派的防衛政策に外交、なりふり構わぬ原子力発電再開、日本の官僚というのはかなりアグレッシブでタカ派だというのが見えてきました。戦前とあんまり変わらないのかもしれません。

 国家利益を追求する「働き者」の官僚を自民党は押さえて、国民の所得上昇と、近隣諸国との融和の方向に国を持って行っていましたが、その軛が外れた今、日本はどの方向へ進むのでしょうか。

« 荀子 巻第十五 解蔽篇第二十一(三) | トップページ | 西周の滅亡と秦の正体 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173723/54585957

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党政権で進む中共封じ:

« 荀子 巻第十五 解蔽篇第二十一(三) | トップページ | 西周の滅亡と秦の正体 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ